頑張るしかない


15日のレッスンの後
いつもの打ち合わせ会議は、長引いた。

1時間半‥

水曜日の先生とのやり取りを話す。

うちのモットーは
何でも正直に出して、みんなで考える。

電話をもらったところから、
時間の経過、先生とのやり取り、
全て、報告。

で、どうします?

みんな言葉が出ない。

丸4ヶ月あったはずの準備期間が2ヶ月半くらいになる。
レッスン回数で言うと
あと9回あったのが5回になってしまう。

でも。

先生が「できる」とおっしゃるのなら
頑張るしかない‥ か。

長引いた沈黙の後‥

できるだけ別枠の練習時間を確保していただくことを
お願いして‥
‥やってみよう‥ と。


私たちの一番の問題は
個々が指導していただく時間が絶対的に少ないこと。

今日もキッチンタイマー9分だった。
それが5回だと45分。
もちろん、その間、自宅では一生懸命練習している。
しかし、できていないことを指摘していただく時間、
わからないことを先生に聞ける時間、が
あまりにも少ない。
だから、自宅練習で何をしていいかわからない。
ダメなまま、何度繰り返しても
ダメなことがわかっていないのだから
うまく進化しないのだ。

それを克服しなければ発表などできないのは
自分たちでわかっている、つもり。

片道2時間かけて
大阪北部のレッスンに通おう‥
それも、そんなに回数が取れはしないのだから‥

みんなの顔つきが、変わる。
[PR]

by sararaM | 2008-02-16 07:33 | 2度目の発表会へ | Comments(0)