人気ブログランキング | 話題のタグを見る

何だか突然に


何だか突然に
シャンソンのピアノ演奏が聴きたくなって
昔に録りためたピアノ伴奏をシャワーのように浴びる

かつて歌った曲
大きな意味を持って私の中にとどまった曲
歌いたくて挑戦して玉砕したままの曲
あれほど好きだったのに歌詞が何にも出てこない曲

K氏を追っかけて初めてのライブハウスで聴いた曲
広い体育館の中の小さなアップライトピアノで弾いてもらった曲
息子の看病に行く病院のバスの中で覚えようとしていた曲
ああ、どの曲も
私の時間と共にあったのだなあと感じる

片っ端から流していたら
自分の声が飛び込んできた
何年か前の少し若い私の声
一度としてちゃんと納得がいくように歌えたことがない曲
それでも、歌っているときの気持ちはちゃんと覚えている

今は声さえ出ないけれど
何だかわからない感情でいっぱいになる夏の夜




・・・

# by sararaM | 2019-07-31 02:35 | シャンソン | Comments(2)

つながり

毎日日記を更新していたブログ友だちが
ここしばらく頭痛がすると言っていて
ある日、
キーボードがちゃんと打てないので今夜はここまで・・
という言葉を残して音信不通になった。

私は毎日コメントを入れていて
翌朝にはそのリコメが入っている・・
それがここ何年かの日常だった。

リコメも入らない・・
更新もない・・
そういう人ではないのがわかっているだけに
とてつもなく心配で
1日に何度となく、
そのブログを確認しに行っていた。

3日目になりリコメが入った。
認識番号からの、単語にならない3文字だが
私はその人だと確信した。

そしてその次に
「意識は戻りました」というコメント。

ああ、よかった。
生きていた。


つながり_e0014720_14321742.jpg


ネットを経由して親しい友人になっても
ひとたび発信がなくなると
たどることもできなるなることが多い。
この人の場合は実際の携帯番号も知っている程度にはリアルだったが
(お目にかかったこともある)
それでも、電話をかけて安否を伺う、には躊躇する。

また、ご家族とは全く切り離されたつながりの場合
(たとえば歌、とか)
ご本人以外からの情報は求めようもない。

そこに確かにいたはずなのに
今、どうしているのか、確かめようも、ない。

ネットの中でのつながりは
場合により、現実生活の友人より、
内面的によほど親密になる。
お互いのこころの深いところまで理解しあったりする。

それでも。
切れてしまった糸は、ネットを越えてつなぎようがない。

むなしいと言えば、むなしいのかもしれない。

やっぱり、それでも。
その人と紡いだ時間はかけがえのないもので
私の中にしっかり残っている。
それだけで納得するしかないのだろう。

姿を見ないまま何か月もたって
旅立たれていたと知った人、人。
ブログがストップしたまま
何にもわからないままの人。
娘さんの小学校入学から丸6年、一緒に成長を見ていたんだった。
そんな人たちの言葉が、やりとりが思い出される。

○○さん。
生きていてくれて、ありがとう。



# by sararaM | 2018-09-18 14:33 | 日常 | Comments(0)

真夏の夜の夢


どうやら雨のようだ。
傘を畳んで和歌山の友人と私は会場へ入る。
ステージは午前の部が終わったところ。
私は午後の部に出るようだ。
なのにこんな時刻に会場到着。
いつものピアニストさんが呆れ顔で、
それでも世話を焼いてくださる。
長いこと歌ってなかったでしょ?
1回ずつでも通しとく?
言われて、何を歌うか決めていなかったことに気付く。
それなのに譜面は4曲しか持ってきていない。
それも1年も2年もちゃんとした練習などしていないまま。
声、出るんかなあ・・
それより、歌になるんかなあ・・
ぼんやりと考えながら、
着替えなあかん!!
と、また慌てる。
友人があれこれ手伝ってくれる。
レッスン室にヒーターガンガンに入れて
フロアカーペットつけて
(どんな季節?)
ドレスを着る手順を考えているところで
目覚ましが鳴った。

真夏の夜の夢_e0014720_13070673.jpg


あらあらあら。
十何年か前に歌を始めて、
以来初めて歌の夢を見た。

和歌山で一緒にライブをした友人は
昨年から多発性骨髄腫でベッドで身動きのできない闘病生活だ。
完治のない病気だけれど
寛解を目指して日々努力している。
私は、彼女は帰ってきて、きっと歌を歌えると信じてる。


あの夢の続き・・
私は彼女と一緒にステージに立てたのだろうか・・




# by sararaM | 2018-08-03 13:11 | シャンソン | Comments(8)

生存確認

今頃こっそりとご挨拶申し上げます。

あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



昨年は身内や友人知人に大きな病気が発覚することが多くあったり
父母のことがあったり、と
年が明けても
晴れやかな気分でおめでとうございますとご挨拶に行く気になれず
みなさまのやりとりを拝見するだけで失礼しておりました。

小正月も過ぎ、大寒も過ぎ・・
信じられないほど寒い1週間の次に春のような陽気がやってきて
そして今日はあちこちに大雪警報。

今年1年、みなさまが健やかでありますように。
私もほどほどでありますように(笑)


・・・

生存確認_e0014720_16003385.jpg

# by sararaM | 2018-01-22 16:02 | 日常 | Comments(6)