<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

あのころの私



私が歌を始めたころから書いているブログがある。
何も知らない超初心者の強みで
練習のこと、歌のこと、あれこれ書いてきた。
そのブログから、一生の友人も何人か、できた。

たまに昔の日記にコメントが付く。
検索でひっかかって、書いてくださるのだろう。

先日、6年ほどの前の日記にコメントが付き
お返事を書いた後、
たまたま次の日記を開いてみた。

「行かないで」

http://sararam.exblog.jp/12654326/

え?これ何?
という文が広がっている。

ああ、そうか・・
練習するときに、歌の物語を考えることから始めていた。
私は誰?
いくつくらい?
どこにいる?
彼は?
どんな気持ち?
季節はいつ?
時間帯は?
何があった?
ここからどうなる?

すごく細かな設定をして
自分の感覚がそこにいるような状態になって
そして、歌う。

今でも言葉が好きで
気持ちも考えるけれど
こんな細部まで考え込んで
物語を文章にすることはなくなって・・いた。

今は、
声を出すこと
音程をきちんととること
いわゆる、ちゃんと歌うことを主として練習しているので
歌い初めに何を思うかと言えば
音が外れないか
息が続くか
テンポが遅れないか
そんなことばかり。
だからか、いつも、恐る恐る歌っている感じ。

それはそれで、とても大事なことだと思うから練習しているのだが
自分の全てをぶつけるように(でも、無茶苦茶・・)
歌っていた頃の自分に突然出会い
とても新鮮な気持ちになった。

歌の練習にも行けず
自宅で練習するパワーもなく
モチベーションを保てないこの頃。
あのころの私が、なんだか懐かしい。



・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-03-23 16:01 | シャンソン | Comments(2)

禍福は・・・・・


・幸いにも その1

3月。
母が89歳の誕生日を迎えた。
認知症は進んでいるけれど
私とともに美味しそうに鉄火巻を食べ
ケーキを喜ぶ。
ありがたいこと。

・幸いにも その2

母のお祝いに行こうと、準備。
いつも保冷バッグをカバンに入れている。
お寿司を買って持って行ったり、
帰りに食材を買ったり、重宝するので。
前回は低温窒素治療の日に使って、放置。
折りたたんで持って行こうとしたら・・・

出てきました!!!!!

こんなところに!!

指輪です!

指から抜け落ちたのは
スーパーで食材を買い、籠から詰め替えている時だったらしく
銀色の遮熱素材のカバンの底に。コロンと。

ご心配いただいた方、励ましていただいた方、
ありがとうございました!

母とおそろいの指輪は
母の誕生日に私の元へ還ってきました!


e0014720_1118614.jpg



・幸いじゃなくて・・

喜び勇んでご報告をしなくちゃと思っていたとき
尿に血が混じる。
トイレとの往復でその場を離れられない。
下痢もきついけれど、この初体験もきつい。
医者のはしご。

月1回の歌の練習はキャンセル。
ごめんなさい。
その日2年ぶりくらいに会う予定だった友人との約束もキャンセル。
ごめんなさい。
ただ今、検査待ち。

・ちょっとだけ幸い?

診断と処方が的確だったのか
症状はかなり治まってきた。
薬を飲んで治る、ということがめったにない私なので
これが「フツーの病気」というものか??
と、びっくりぽん。

いつも不調が通常の私は
病院へ行っても病名が付くわけでもなく
薬を飲んでも効くわけでもなく
体調が上下しながら
1か月、2か月で、少し治まった~ という日々だから。

う~わ、病気て治るんや~
なんて感心している。


60になって突然、初体験の症状が続出。
禍福はまあ、いろいろあれど、
6億円当たらなくていいから
ほどほどの健康と
平穏な日常がほしい。




・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-03-17 11:18 | 日常 | Comments(6)

板敷の回廊


2月の最後の週、友人のコンサート。
2月になって初めての外出。

阪急の西宮北口は
百貨店が核になった大きなショッピングモールができてずいぶん開けたらしい。
20代の前半によく通った駅なのだが
それ以来、降り立つのは三十数年ぶりか。

駅からの表示に従って進むと
兵庫県立芸術文化センターの建物に沿って巡る形になる。
その通路が板敷でとてもいい雰囲気。
人がいないのが、また、よかった。

e0014720_17421664.jpg



コンサートは趣味でシャンソンを歌っている方々を中心とした舞台。
そこに主催者の歌と
友情出演の谷本惣一郎さん
ゲストの山田直毅さん
という構成。

趣味で、と言っても、
みなさん長年歌い込まれた方々のご様子。
それぞれのカラーで十分楽しませていただいた。

1部
1 パリはシャンパン(ダンスチームとともに)

2 リヨン駅
3 街角のアヴェマリア
4 時は魔法ね
5 鶴
6 モン・メック・ア・モア
7 今夜は帰れない
8 愚かな恋
9 バラの咲く庭
10 アルフォンシーナと海
11 あるビジネスマンのブルース
12 めぐりあい
13 海のマリー
14 それがあなたなら

2曲 谷本惣一郎
15 マリー・マリー  
16 カテドラルの時代 

2部
1 おやすみ恋人よ
2 愛していると言えなくて
3 ニコラ
4 スカーフ
5 歌い続けて
6 ボレロ
7 遊ぼうよビアンムッシュ
8 わたしはあなたのもの
9 帰り来ぬ青春
10 yo soy maria
11 キリマンジャロ
12 リリー・マルレーン
13 抱きしめて

14 シェルブールの雨傘(ダンスチームとともに)

4曲 山田直毅
15 愛の願い
16 雪が降る
17 地下鉄の切符切り
18 慕情


私は山田直毅さんの「雪が降る」がとてもよかった。
もともとたっぷりした声量の、いいお声の方なのだが
ますます深みが増したように感じられた。

友人は直前の数日、体調を崩して発熱などあったらしい。
私と違って、普段健康な人だけに心配した。
当日は何とか体調も落ち着いて出演できた様子。
ほっとしたが、ステージ衣装は薄いので
またぶり返さないかと案じるのだった。


たくさんの方の歌を聴いたのは久しぶり。
月に1回程度の自分の練習だけで精一杯なので
歌いに行く余裕も聴きに行く余裕もまず、ない。

そしてまた、
餓えるほど人の歌を聴きたい、と思うことも
少なくなっていることを自覚した1日だった。

・・・・・・

この帰り道に皮膚科に立ち寄り
あの液化窒素治療を受けたので
聴いた歌の大半が飛んでしまった感もあるのだった。

今回の反省。
コンサートの帰りに痛い治療は避けよう!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-03-02 17:43 | シャンソン | Comments(4)