<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ヒロシマ」


歌や音楽に興味も関心もなかった私。

お稽古を始めることに、
わけのわからない罪悪感や気恥ずかしさがあった。

そんなときに、
これなら自分として納得して取り組める、と思ったのが、反戦の歌。
自分の気持ちに無理なく、正直にぶつかれる。

歌っているうちに
愛や恋の歌もおどけた歌も、
そういう歌を歌えることが平和と自由の証だと
それぞれの意味を感じるようになった。


細々と続けて8年を越えた今も
反戦の歌は私の大きな柱。

ただ、
歌を知ったころは、まっすぐに歌えた・・
その歌々を唄うとき最近、チリチリとした痛みを感じる。

「私が一番きれいだったとき」
瑞々しい若き女性の頃を戦争で過ごした彼女。
長生きして、いい世の中を謳歌してやる、と言う。
「死んだ男の残したものは」では
戦争は何も残せなかったが
輝く今日、また来る明日、だけはこの手に残っていると歌う。
「先生のオルガン」は
のどかな駅で生徒を引率する教師を見て
空襲で亡くなった、オルガンを弾いてくれた先生を思い出す。

その彼等彼女等は今をどう感じるだろうか。

「ヒロシマ」は
いつか遠くなる 遠くなるヒロシマが と歌う。
ムスタキ
https://www.youtube.com/watch?v=jv6_54y5IFk
(音はとぎれているが、歌詞が入っているので)

多くの(と思いたい)人たちが
不安や焦燥感を持って、今、いる。
けれど8月6日を知らない若者も増えていることは確からしい。

平和登校日のあった地域も今は姿を消すところが多くなった。
平和展の開催会場を探すことが難しくなっているという話も聞く。


力量がなくても歌の体をなしていなくても
やっぱり私は、平和の歌を歌いたい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2015-08-06 11:43 | シャンソン | Comments(4)

陽射し

超久しぶりにお日様のもと、電車に乗って外へ出かけた。
バス・電車・電車・電車と乗り継いで陽射しの下を歩き、行きは無事に到着。
用件を終えてほっとしたのか、強い陽射しが身体に蓄積されたのか、駅までたどり着いたらへろへろ。
とりあえず店に入り座り込む。
何か食べねば、と、口当たりのいいものを少し。
少し落ち着いて電車に乗る。
乗換駅で本屋に立ち寄っていたら足が痛くて痛くて立っていられない。
手近なパーラーに飛びこみ、桃ののった氷を。
お腹への不安が頭をよぎるが、身体に熱がこもった気がして、ジュース程度では治まらなさそう。
待っている間、靴を脱いで土踏まずを緩める。
何とか自宅最寄り駅まで帰り着き、百貨店のトイレに入ったらそこで足が攣る。
いてててて・・
向う脛なんて攣りますか~
しばらく個室で動けず(笑)
帰り着いて報告すると「熱中症でしょ」と言われてしまった。

体調のこともあり、ずっと室内で過ごしていた。
日によっては1階へ降りないままの日もあったり。
そんな私にこのごろの陽射しは強烈すぎたのか・・
いや、私の軟弱度がましているだけ、と言うべきか。

またしばらく、引き籠りに戻ります。

・・今までは、帰り着いてヘロヘロ、というのはよくあったのだけど、
帰り着くまでは何とかもってたのだけどなあ。
途中でアウトはナサケナイ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2015-08-06 11:39 | 日常 | Comments(2)