はじめまして



先日のシャンソンクリニックでのこと。

たまたま1つのテーブルに同席させていただいた方が
途中の休憩のときに声をかけてくださった。

何と!
このブログを昔から読んでくださっていると!!

関東方面からこちらへ引っ越しておいでで
初回のシャンソンクリニックのブログを読まれてこの会を知り、
参加されたとのこと。

わあ~ こんな形のはじめまして、は初めて。
身体中から汗が吹き出した。
ああ、恥ずかしい!

もう何年も前、
私がカセットレコーダーからICレコーダに変えて
それを聴くために息子が小さなスピーカーを買ってきてくれた・・

2009年11月4日
「ミニスピーカ」
http://sararam.exblog.jp/11509059

同じころ、その方もICレコーダでどう聴こうかと思っておられたらしく
こういうものがあるのか、と、同じミニスピーカを購入されたとか。
そんな話もしてくださった。

ああ、なんと古くから読んでいただいていたことか。

もう8年もたつのですが、うまくならないのですよ~
と、私は苦笑い。

ネット上で言葉を交わすこともなかった全くはじめましての方なのに
歌の話を親しくさせていただいた。


それまでの自分の範疇に、全く影も形もなかった「シャンソン」を始めて8年。
練習記録のためにブログを書き始めて7年半ちかく。
このブログを通じて、いろんな方と交流が生まれた。
リアルでとても親しくなった友人もできた。

不思議なご縁だなあ、と、改めて思う。
今回新たに1つ、ご縁をいただいた。


またお目にかかれるといいなあ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-11-16 11:47 | シャンソン | Comments(2)

シャンソンクリニック第3回


先月は残念ながら参加できなかったシャンソンクリニック。
今月こそは、と、勇んで準備。

あろうことか突然「冬」
お腹に背中に足先に、計6枚のカイロ装備。
万全のつもりだったが・・
最寄駅のプラットホームほど寒いところはない!
冷たく強い風が吹きすさび、身体中が冷える。
乗車した途端、強い腹痛。

先日のライブの時は梅田で遭難。
今回は難波までも行きつけず10分で途中下車。
引き返そうかと躊躇したが、何とか治まりそうだったので
ルートを変えて、いざゆかん。

梅田で開始時刻を1時間勘違いしていたことに気付く。
最近の記憶力のなさはナサケナイ。
時間に余裕があるからと、寄り道する前でよかった~

5分前に到着。

今回は十人弱。
とてもゆったりしたペースでお話を聴くことができた。

「シャンソンの楽譜について」
楽譜を自分で手に入れたいときの方法。

国内で出版されている楽譜集の紹介とその特徴。
メジャーな「シャンソンベストコレクション」から始まり、
それぞれの本にはそれぞれの特徴があることを解説していただく。
紹介していただいた本はだいたい持っていた。
私もいつの間にか冊数が増えていたようだ。
1曲がほしいために買った本もあった。
それも、その曲がそこに載っていることを知るまでに
ずいぶんかかったりする。
それを探すときに、吉田さんの
「シャンソン索引一覧」には、とてもお世話になった。

シャンソンを練習している人はたいていご存知かと思うが
リンクを貼っておく。
http://www10.big.or.jp/~44day/Dictionary/dict.htm

国内のメジャーな楽譜集以外に、
海外で買い求められた本も見せていただいた。
見ているだけでうっとりとするような素敵な本や
1人の歌手に絞った楽譜集。
もちろんながら仏語なので、私にはまったくわからない。

1冊ずつ写真を撮らせていただけばよかった、と気付いたのは
帰りの電車の中。

吉田さんのHPから写真を頂戴した。

e0014720_16393722.jpg



すごい冊数を持ってきてくださった。
持ち運ぶだけでも、かなり重いと思われる。
感謝。

さて、その海外の楽譜や本は、日本から発注できるという。
仏語では私はダメだと思っていたら、
何と日本語で注文でき、日本人が常駐している楽譜屋さんがあるという。
こういう情報は全く持っていなかった。

3回目のまとめを吉田さんがサイトに掲載されている。
とてもわかりやすく書いてくださっているので、
楽譜を探されたりされる方は参考にされるといい。

こちらもリンクを。
吉田さんにはご了解いただいている。

http://44day.blog.fc2.com/blog-entry-58.html


このように、あとで掲載してくださるのに
なぜ聴きに行くのか。
それは、内容の間の挿話であったり、する。
何より、素人がわからないことを、
どんな簡単なことでも、とても真摯に答えてくださる。
普段なら、こんなこと伺っては恥ずかしいかな・・と思うようなことも
尋ねてみよう、というような気持ちにさせてくださる。
それがとても、魅力的だ。

そして、歌った後に、
必ず譜面のケアをしてくださる。
そう歌うのなら、ここにこのような指示を、記号を、と
書き添えてくださる。
これはとてもありがたい。


この日の私の歌は2曲とも新曲。
まだ譜面もできたてのほやほや。

しかし、歌詞はずいぶん前から覚えきっているつもり。

後半の曲の時、
スタートしてすぐに2番へ飛んでしまったのがわかった。
だけど・・・戻れない。
収拾不能だ。
「ごめんなさい!すみません!完全に間違いです!
 収集不能です!もう一度やり直させてください!」
と、叫ぶ。
そのまま歌っては歌が台無しになる・・
みなさんに謝って、最初からやりなおしさせていただいた。

私は歌詞を覚えるところから歌の練習を始めるので
一通り歌えるところまでたどり着いた時には
たいてい歌詞は覚えている。
今まで、めったに飛ぶことがなくやってきた。
だがここのところ、やや、こころもとない。
脳の退化か?
大いに反省。

クリニックも3回目になると
顔見知りの方が増えてくるようで(私は2回目)、
途中の休憩など和やかに話をされている。
歌の話をあれこれできるのは、楽しい。
いい雰囲気だなあと思う。

また来月。
体調を整えて、参加したい。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-11-15 16:42 | シャンソン | Comments(2)

「赤とんぼ」 IN THE WIND


歌の練習日。

ローカルな地域から乗り継ぎ乗り継ぎ出て行く私は
関西の私鉄の
「3dayチケット」を使う。
年に3回、行楽期間限定で出されるフリーチケット。
関西のほぼすべての私鉄が乗り放題。
1日ずつ、3回に分けて乗車できる。
5200円。
これでも交通費はかなり安くなる。
(どんなとこに、住んでんねん!)

e0014720_14281644.jpg



新しい曲を並べて、来年の発表会の準備。

5曲持って行って、
聞き知った曲として選んでいる「百万本のバラ」以外は
かなり珍しい曲らしい。

だーーーっと、流してみるが
そのたびに
「これ、難しいですね」と。

うーん。
難しい曲が好きなのではない。決して。
気に入って歌いたいと思った曲がたまたま難しいのだ!!
(泣)
でも、頑張って練習するのだから、
歌いたい曲を歌いたい。



「赤とんぼ」
作詞作曲 菊地陽子さん。
ご主人と2人の ユニット、IN THE WIND
として、歌っておられる、福島の方。

https://www.youtube.com/watch?v=jHXV8LLOqfs



シャンソン界では、荒井洸子さんが歌われている。
神野美伽さんのバージョンは、カラオケにもあるそうだ。

https://www.youtube.com/watch?v=wMegmxJan9E


実家の母に認知症が疑われだしたころ
私はこの歌に出会った。
いろいろあるだろうけれど、
こんな優しい目で、いつまでも母を見ていたいという願いを込めて。

3番の歌詞を歌うとき、声が詰まる。

♪あなたの手が作ってた たくさんの料理も
 編み上げた子どもたちの 年ごとのセーターも
 幼い者たちを励ました 魔法の言葉も
 忘れて戻らない あなたは子どもに還る

何もできなくなっている母の気持ちは
まだ、何でもできているころに、ある。
私が不調で家から出られないでいると
「近ければご飯作りに行くのになあ」と言ってくれる。
「そうやね。遠いからねえ」と答える。


音程その他、課題は山積みだが、しっかり歌いたい。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-11-05 14:29 | シャンソン | Comments(2)