遊んでいる場合か!


4月のミニライブまで1か月を切り
歌の出来は今までにないジタバタ状態なのに
そんなときこそこんなことがしたくなる・・

私個人の案内状(笑)

e0014720_0423179.jpg



グループとしての招待チケットなどは
他の方が作ってくださっている。
私一人が遠方なので、ご招待する人もほとんどない。
でも、こういうのをつくりたくなるのは悪いクセ。

こんなことして遊んでいる時間があるのなら
1回でも2回でも歌わなくっちゃ・・
はい。
ごめんなさい。
頑張ります。

(素人の内輪の会なので個別情報は消しています。)

[PR]

by sararaM | 2014-03-27 00:42 | シャンソン | Comments(6)

歌いに行く



先週末。

前回から、かなり詰めて練習。
歌の練習にたどり着く前の段階。
音を取る。
言葉になるように歌う。
すると音が崩れる。
基本の形が整わなければ、その次のどう表現したいかにはたどり着かない。

とにかく、歌いに行こう!

初めての「歌えます」会場。
大阪市を縦断して兵庫県に突入。
やっぱり片道2時間(笑)

小さなライブバー。
奥にグランドピアノ。
長いカウンター。
テーブル席が3組ほど。
30人でギューギューくらい?

片道2時間という4人のグループ。
あとは単独で4人。
少なめの人数なのでたくさん歌えそう。

恥も何も考えず、1年ぶり以上の歌なども歌ってみる。

生のピアノは生き物だから、とにかく歌ってみるに限る。

結局2時間ほどで5曲歌う。

「ある古い歌の伝説」
「ボン・ボヤージュ」
「私の孤独」
「ラ・ボエーム」
「ひまわり(伊)」

「ある古い歌の伝説」はピアニストさんによってタイミングがとれなかったりする。
要はまだ自分では歌いきれていないということだ。
「ボン・ボヤージュ」は外で歌うのは初めてかもしれない。
まだ自分で歌っている感覚が持てた。
「私の孤独」は最近のお気に入り。
「ラ・ボエーム」はいつもはルバートの前半をテンポルバートでやってみた。
まだまだ練習が必要(笑)
「ひまわり」はKeyを1つ下げてみる。
このごろ以前の高音が出ない。

できは別にして、歌った~という感じがした。
やっぱり歌いに行かなくっちゃ。
へたっぴでも失敗しても、生ピアノで歌ってみるというのは
私にとってはとても刺激的でとても勉強になる。

よーし。また頑張るぞ~!

・・・

ひとりで参加されてワインなど飲みつつ歌っておられた男性。
ボサノバから始まって
語りがバリバリのシャンソン
そしてジャズ
聴いていて心地よい歌。
私が帰る時もまだ歌われるところだった。
もっと聴いてみたかったが・・

いろんな方がおられるなあ。
[PR]

by sararaM | 2014-03-26 15:54 | シャンソン | Comments(4)

ラ♯ソシラファレファミ


ラ♯ソシラファレファミ
ラ♯ソシラファレファミ~

幼児用のカシオを1本指でたたいて
何度も何度も何度も声に出す。
音を止めて、声だけ。
いける?
いけるかな?
いけそう・・


3歩か4歩か動いて台所で
ラ♯ソシラ・・・・
「ファ」が出てこない。
声は勝手に「ミ」へ行こうとする。

私の作曲。
ラ♯ソシラミドミファミ
この流れが身体に棲みついて、
「ファ」への訂正がきかない。

私は「音」が弱い。
音符が「ファ」を示していても
私は「ファ」を発声できない。
1つの曲の流れの中で覚えこんでいく。
そのとき、移りにくい旋律があるような気がする。
フランスチックなメロディは苦手(笑)
きっと、私の体の中に、今までになかったものなのだろう。
新しい曲の旋律を聴いても、
どこかで自分が声に出しやすいように変えてしまうのかもしれない。

これを越えなければ、歌、にならない。
歌にもなっていないのに、
歌の思いもなにもあったものではない。

「ファ」よ、出てこ~い!!
[PR]

by sararaM | 2014-03-14 23:01 | シャンソン | Comments(7)

私のドキドキ


1か月ぶりに歌いに行く電車の中。
ドアのガラス越しに流れる風景をぼんやり見る。

あれ?
私、ドキドキしてる!
胃の腑を、掴まれているような焦燥感。
何?これ?

発表会のステージに出る舞台袖でもあまりない感覚。

で、思い至ったこと。

歌う予定の曲、練習がきちんとできていなくて
何の修正も出来上がらなくて
まだ、音を追いかけてる状態。
どの歌も、私自身が「練習をした!」という実感がないままの今日。
ああ、私のドキドキは自分の練習量に対する納得のあるなし、なんだ。
それは、本番のステージでも、
練習のために歌いに行くことでも、同じなんだ。

ドキドキが証明してくれているように、
この日の歌はボロボロ。

3回目なのに
「音を確認しながら、ゆっくり歌ってみましょうか」と
ピアニストさんにご指導を受ける始末。

声は出ない。
歌い方は1本調子。
情景は見えてこない。

何より、自分が恐る恐る手探りで歩くような感じで、
歌っている、には程遠い。

反戦歌は難しい。
人生を見つめる歌は難しい。
歌い上げる歌は声が出ない。
なんだか、私にとって難しい歌のオンパレード。
(易しい歌って、ないけれどね)
あと1月ちょっとで、形がつくのだろうか???

格闘中の歌は
「今夜は帰れない」
「私の孤独」
「歌ある限り」

そして、4曲目は、決められずに、いる。
[PR]

by sararaM | 2014-03-06 10:20 | シャンソン | Comments(4)