<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

形から入る


とっても久しぶりに、ロングスカートを買った。
一般のお洋服として販売されているが、私としては、ステージ用。

私はステージ用の衣装は、白か黒しか持っていない。
(ピノキオ専用の赤いひらひらは除く)
ステージで歌うこともあまり数がないので
たいてい、いつも同じ衣装で歌っている。
そちらも、半分くらいは、一般のお洋服。

今回のスカートは
サテン地にレースの生地がかかっているもの。
ゆるやかなマーメード型。
後ろがやや長くなっており
そのまま身に着けると、後ろは少しひきずる感じ。
ウエストを思いっきり上で止めると
前がやや上がって、足首あたりまで、見えるか見えないか。


e0014720_14243343.jpg


e0014720_14245457.jpg




これにトップスを組み合わせて、
さて、この衣装に似合う歌はなんだろう?と考える。


落ちたテンションを上げるのは難しい。
私の場合、形(というかモノ)から入ることも多い。
このドレスを買ったから、この歌を歌おう!
このバッグを買って、あそこへ通おう!
このノートに新しいあれこれを書こう!

何だかね~
とも思うが、まあ、いい。

自分のコントロールは自分でしないとね。
[PR]

by sararaM | 2013-04-06 14:26 | 流浪 | Comments(2)

「ひまわり」


結局、2つ目のところに、しばしお世話になることにした。
カルチャーなので3か月単位。

3か月という時間は
また状況の変化を生むかもしれないし
心境の変化があるかもしれないし。

あまりあれこれ考えずに
外出練習・発声練習、くらいの軽い気持ちで行ってみよう、と。

今、花粉の猛攻に遭い、深く考えられなかったり、考えたくなかったり(笑)


「白い恋人たち」をおさらいして、次の曲は・・
なんと「ひまわり」


http://www.youtube.com/watch?v=GmT1q8RhSUc

http://www.youtube.com/watch?v=u_hkDlwM43s



どれだけ練習して、どれだけ歌ったかわからない曲だ。

ただ、訳詩は直村さんのものではないので、初めて歌う。

40年ほど前にラジオから流れたこの曲。
映画も何も知らず、旋律と「ひまわり」という曲名だけで私の中に深く残っていた曲。

歌を勉強して、この曲に日本語訳詞が付いていることを知った。
歌いたくて、歌いたくて。
楽譜を見つけたけれど、どう考えても、歌い手さんが歌っているのとは異なる部分がある。
そのころは、もとの譜面を、プロの方が独自の歌いまわしで歌っていることもわからずに、
きっと、プロの方が歌っている譜面、というものがあるに違いないと、探し回ったものだった(笑)

譜面の言葉の当て方そのままに一度先生が歌われて
歌が落ち着くように、言葉の当て方を変え、音の長さを変え・・
ああ、こうして、つくっていくのね、と。

私は、譜面につくることもできずに、自分の中で構成していったっけ。


この曲も、原調から4段階で歌う練習。
いろんな音域で歌ってみることができるのは面白い。

ただ思うのは、
昔当たり前のように思っていた、
練習前の「メロディ付き伴奏」と、仕上がった後の「本伴奏」というのは
いただけないことが多いのだなあ、ということ。

昔は全部頂戴していたので、今でも、昔の伴奏で歌うことができる。
旋律の確認もできる。
人の声が入った練習の録音では、少々難しい気がする。

今は知っている曲だからいいが、
全く初めての曲なら、苦労するだろうなあ。


戻ってから、最寄駅の小さなデパートを歩いたからか
今日の歩数は6500歩ほど。
私にしては十分すぎる。

果たして今日。
身体は疲労感の中に沈み、家の中でも歩きたくない私~
歌も身体も、先は長い。
[PR]

by sararaM | 2013-04-02 15:16 | 流浪 | Comments(4)