ピグの庭から始まったこと


それは最近CMで見る、アメーバピグの庭での立ち話から始まった。

お水やりに庭を回っていたとき
庭の主のYさんがいた。

「今度関西に行ったら、一緒にライブやりたいですねえ」
「そうですねえ」
春頃だったように思う。

Yさんとは2月に関西初ライブに来られた時にお目にかかっている。

そして
「夏ころに日程決めませんか」
というお話になり

夏前には、同じく庭友達のMさんと3人で
日程の選定に入っていった。

私は初めてのぎっくりで、座っているのがやっとというありさまだったが
秋も深まったころのことだし・・と、話は進んでいったのだった。


私は地元でライブなどの活動をしているわけではないので
ライブはMさんの地元で開催することに決まった。

決まった・・のだが
そこから先が、難航。

会場が決まらない。
大きさや料金や、諸々の条件に合うところが見つからない。
Mさんはご存知のライブハウスをあたったり
歌関係のお知り合いに紹介してもらったり。
私は自宅待機なので
ただひたすらPCの画面をにらみ、検索。電話。

どれほどの数のお店をあたったことだろう。
ほぼ決定というところで条件が変更になりご破算に。
もうだめかも。
半分あきらめかけたところで、なんとかなりそうなところが見つかった。
せっかくいただいたご縁だから、と、
粘りに粘った結果だ。


ということで。
ネットで知り合った、
それまで縁もゆかりもなかった3人のライブ。
こんな形もあるのだなあ。


30席ほどの小さなライブハウス。
チケットはチラシが刷り上がるより前に、ほぼ予約で完売。
Mさんの努力のたまものです。
お疲れ様でした<(_ _)>
[PR]

by sararaM | 2012-08-31 23:06 | 流浪 | Comments(0)