<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「君を愛す」


お盆をはさんでいたので4週間ぶりのレッスン。

今日は1日のときより体調はマシ。
サングラスもなしで出て行く。

しかし、駅前でバスを降りて百貨店の中を抜けているうちに
眼が疲れてくるのがわかる。
自宅でじっとしているのと違って
眼から入ってくる光も刺激も、格段に強い。


今日は
「残されし恋には」
「帰り来ぬ青春」
だと思って行ったのだが
前回のレッスンであまり練習できなかった
「君を愛す」を歌うようにいわれる。

「君を愛す」はアダモの曲。
7月の最後のあたりに少しだけ練習してあったので
何とかマイクを握ることができた。

私の前に歌った何人かの方は
低いキーに変えて
「暗く」行ってみよう、ということだった。
だが、私は高く変更。
「きれいに、讃美歌のように歌ってごらん」
というのが先生からの指示。
「純愛、で行きましょう」と。

自分ではそれほど高い音がでるとは思わないのだが
教室の標準キーよりは
たいてい高くなる。

「君を愛す」は
標準がAm
低く歌う人はFmで
私はCm


自宅で練習するときは
楽譜を見ながら、
楽譜通りに弾いていただいているピアノを聴いて。
だから、
音の長さ、言葉の割り振りなど
その通りに練習することになる。

が、マイクを握って1人で歌う時にされる指導は
そこから大きく離れてくる。
崩す、というのだろうか。
音の長さや休符の入れ方など
その場で指示が出る。
不器用な私は、
一度覚えこませたものが急に変えられずに
その他の部分もガタガタになる(笑)

この曲は
「すき」というセリフが大きなポイントになるのだが
日本人は
「好き」と「愛してる」がとても苦手、とか。

感情移入するために
「すき」なもののイメージを描く。
他教室でレッスンを受けている方々では
相手はおつれあいなどではなく、
ペットだったり、お孫さんだったりするほうが
すんなりと言えるらしい。

そういうものか?

年齢に関係なく
「すき」と言う言葉は、
愛しい異性に対してこそ、私は言いたい。



6人のうち2人が
「君を愛す」の準備をしていなかったので
「残されし恋には」を歌う。

先生が「宿題」として
一部分をフランス語で歌うようにと。
2人とも、ちゃんとフランス語で練習してきていた。

もちろん私も、フランス語での練習はしてある。

ああ、このクラスは、
いつもながら、何て真面目なのだろう、と思う。


次回は
「残されし恋には」
「帰り来ぬ青春」
を、重点的に、と言われたので
それで終わりかと思いきや‥

ちゃんと新曲が2曲用意されていた。

「初めての日のように」
「想い出のシチリア」

歌とピアノ伴奏を録音して終了。


いつもながらハードなレッスン。


ランチも辞退して、すぐに帰宅。
バタンと倒れこんで
晩御飯の支度の時間までそのまま。

それでも。

姿勢はちょっと、前向きだ。
[PR]

by sararaM | 2008-08-29 23:49 | シャンソン | Comments(0)

「残されし恋には」


う~ん。

シャンソンのブログ、8月1日以来なんだ‥

今年のお盆は
叔母の満中陰や初盆の法要の準備があり
時間的にも、気持ちの方も、忙しかった。

5月のころから崩れたままの体調も
まだ完全復活には至っていない。

そんなこんなで、シャンソンそのものにご無沙汰だった。


夏が長すぎる大阪も
今年は涼しくなるのが少し早い。
(ここで気を許してはいけない。再攻撃があるかも。)
ほんの少し、歌の練習をしてみてもいいかな、という気になってきた。

‥‥‥‥

「残されし恋には」

‥‥‥‥

次のレッスンは29日。

出席できそうなら少しは‥ という気になってきた。

「残されし恋には」

半音上がったり下がったり
音のつながりがなじみのない感覚で
私は音が取れない。
ピアノのメロディ付き伴奏を聴くが
その「音」が、出せない。

iTunes で、トレネの原曲をダウンロードして聴いてみる。

レッスンで録音した伴奏より、ぐっとテンポが速い。
そして、軽やかに歌っている感じがする。
日本語での曲はSlow
とてもゆったりと歌う。
う~ん。
だいぶ違うなあ。


私が今まで音楽をあまり聴いてこなかったせいなのだろうが
旋律がすんなり入ってこなくて
身体がその音に反応してくれない。

慣れるしかないのはわかっているつもり。

若いころからシャンソンのCDなど聴いていた人には
何の違和感もない旋律なのだろう。

ピアノとともに歌っても音が取れないのだから
メロディにもならない。
どう歌うか、などというのは
まだまだ先の話。


それぞれの曲に関して
全体ではAmとかCとか指示されるのだが
それで、出せない音が実際の「何」なのかが
私にはわからない。

中学時代の音楽の先生は
「調」などについてもかなりていねいに説明をされた。
私の知識は、そこで習ったところまで、なのだ。

よく、楽譜が読めなくても歌える、という。
しかし、基礎知識は、あるにこしたことはない。
子供用の鍵盤楽器で音を出してみるにしても
その音が何か、が、わからなければどうにもできない。


かの美空ひばりは、新しい曲を3~4回聴けば歌えた、と聞く。
天才を夢見る気はないのだが
頭と耳の固さに、困ってしまう。
[PR]

by sararaM | 2008-08-27 08:09 | シャンソン | Comments(2)

思い切って


友人からは、無謀だとか、暴挙だとか
批難轟々なのだが‥

思い切って、お歌のレッスンへ出て行った。
2か月ぶり。


片頭痛発作の経過が、思ったよりよくて
今朝はかなり落ち着いている感じがした。

ご飯も食べていないし、光はまったくだめだし、なのだが
幸いに、夫が休みだったので
何かあれば迎えに来てもらえる、という強みもあって。

お盆をはさむので
今日行けなければ、8月末、まで、ない。
このままだと、行けなくなってしまいそうな気がして
今日は、出席しておきたかったのだ。


外の光はあまりにも強くて
リゾート用?の、大きな濃い色のサングラスをかけて、出る。
これだと、何とか交差点も目を開けて渡れる。

クラスは2つになって
入れ替わりの時間でワヤワヤしていた。

今日は前回の3曲だけかと思ったら、
長く間があくので、と、
新たに2曲の「宿題」が先に出された。

時間があるので、少し難しい目の曲ね、と。

「残されし恋には」
「帰り来ぬ青春」

ピアノ伴奏だけ、2クラス一緒に録音して
前半クラスは帰って行く。


さて、私たちのクラス。

どれか1つを歌えばいいのか、と
「君を愛す」だけ、少し練習してあったのだが‥

「恋心」から始まり
「恋のソレンツァラ」
「君を愛す」
の順に駆け足で3曲とも。

「恋のソレンツァラ」は、歌詞が変わるかもしれないとのことで
私は全く練習をしていなかった。

1番ずつ順にマイクで歌うが
歌詞が細かくて読めない。
サングラスをはずしてメガネをかけようとしたが
眩しすぎて、断念。
で、大きなサングラスの上から
華奢なメガネをかけて‥

何とか読めたのだが
そのいでたちに
誰も噴き出さなかったのは
大人だからか
それとも自分が歌うことに精いっぱいで
人のことに気を遣っているヒマなどなかったためか?


声は‥
ほんとに出なくなっていた。
曲そのものは、家で少し歌っていたのだが
こんなに出ないとは、思ってもみなかった。

立って歌うこと、そのものにも力が必要で
発作から何も食べていない私は
お腹に力が入る‥ わけがない。


歌の出来は、今日は問題外。

でも、
とても久しぶりに
他愛もないことで笑った。

屈託なく笑うって、ほんとに久しぶりだ。


レッスンが終わって
ランチをご一緒することもできず先に帰ったが
それでも、とにかく、行けて、よかった。

これで、何とか、次への足掛かりができた。
[PR]

by sararaM | 2008-08-01 22:33 | シャンソン | Comments(0)