少し練習してみたけれど‥



明日1日、レッスン。

2か月ぶりに顔を出せるかな、と、少しだけ練習。

あれもこれもできないので、「君を愛す」

譜面どおりに歌うと
きっと「面白くない」なんて言われそうで
どうアレンジしたらいいんだろ、と考える。

この緩やかなメロディで
どこにクープレのような感じを持ってくる?
やっぱり、最初のあたり?

表現できるかどうかは別として
いろいろ考えてみる。

それと、歌詞の「気持ち」を考えるのは宿題らしい。
「絵」を描いていかなくちゃいけない。

と、週明けあたりからやっていたら‥




昨日、片頭痛の発作。

月、火、と、危ないかな~ という気はしていた。
片頭痛が出る?それとも目眩?という感じ。

11時ころに予兆の「閃輝暗点」
私が「光の輪」と呼んでいるヤツ。
これが出ると1時間くらいで激しい頭痛が来る。
で、特効薬のゾーミックを飲んで、部屋を暗くして、寝る。

これしか、ない。


なのに。なのに。

そのあと、12:00 に再度、光の輪!!

何だ、これは?!と思ってたら
13:30に再再度、光の輪!!!

光の輪の3連発。
PLの花火じゃないって!!


私はどうしていいかわからなくなる。
特効薬は、効かない場合
「最低2時間はあけて、1日2回まで」と指示されているが。

うう~っ

よくわからないままに、耐えて、寝る。

普段の片頭痛の経過より
頭痛がハードな気がする。



それなりに長く付き合ってきている片頭痛や身体の不調。
しかし、最近、
「新しいパターン」というのが登場してきて、困る。
これは初めて‥ というのが出現すると
とても不安になる。

その気持ちが緊張を生み、
たぶん、身体によくない影響を与える。



発表会の前から続く不調も
もう2ヶ月半。
そろそろ解放されたいと思うのは、贅沢だろうか。
[PR]

by sararaM | 2008-07-31 18:10 | シャンソン | Comments(2)

「君を愛す」



今回の課題3曲の中の1曲。


全く聞いたこともない曲なので
(私の場合、たいていそうだけれど)
ピアノのメロディ付き伴奏を、聴いている。

レッスンで、新しい曲を学ぶとき
原曲のCDとピアノ伴奏、というのが基本的な形。

日本の歌い手さんが日本語の訳詞で歌っているのを聴いてしまうと
どうしても歌い方の影響が大きいから、と。
これは、先生の方針。
たまに、先生が歌われる時もあるが
極力、教科書的な歌い方をされているように思う。
ご自分の持ち歌であると、先生自身の歌い方が出てしまうが
「絶対にマネはしないように」
と、いつも、念を押される。

で、練習するのは
楽譜を見ながら、ピアノの旋律を追うことになる。

「君を愛す」は、アダモの曲で
原曲も録音されている。

アダモの歌っているのを聴くと
日本語の訳詞で旋律を聴いているのとは
全く違った感覚を受ける。

日本語の訳詞では
女性がしっとりと、だが、心の中に強い思いを持って
愛しい人への思いを歌っているような感じを受ける。

アダモの歌は
もっとヒリヒリとした切なさ、焦りのような気持を感じる。

もちろん、原語なので、
歌詞の直接的な意味を読み解けるわけではないのだが。

「雪が降る」のアダモも好きだった。
この「君を愛す」のアダモもいいなと思う。


「君を愛す」の曲は
先生の個人レッスンで
生徒さんが持ってくる曲の中では
ベスト3に入るくらいの、人気のある曲らしい。

個人レッスンの方々は
年齢的に私より先輩で、
シャンソン歴は十年をはるかに超える方々らしいので
そういう条件下、ではあると思うのだが。


ベスト3の他の曲は何だろう?

機会がれば、伺ってみたいものだ。
[PR]

by sararaM | 2008-07-28 10:26 | シャンソン | Comments(0)

テーマは「愛」?「恋」?



久しぶりにシャンソンの話(笑)


先週もレッスンは休んだので3回飛んで
2か月ほどみんなの顔を見ていない。

今週になってから、同じクラスの人に
レッスンテープのダビングをお願いした。

楽譜はフロントにあるかと思い
先日の久々の外出の日にでかけてみたが
預かっていないという。

今日、テープが到着したが
楽譜は同封されていない。

今回は、レッスン前に頼んでおかなかったからなあ。

私が休むと、「私」はそこにはいないのだ。

なんだかなあ‥


ま、深く考えないことにしよう。
次のレッスンに参加できるかどうかもわからないのだし。


今回の課題は、どうやら3曲らしい。

「恋心」
「想い出のソレンツァラ」
「君を愛す」

「恋心」は、ポピュラーとして聞いたことがあるかな?程度。
あとの2曲は、もちろん、知らない。

シャンソンコレクションを探してみると
「恋心」と「君を愛す」は見つかった。
が、「想い出のソレンツァラ」はないようだ。

どうしようかと思っているところへ
たまたまクラスが別れた人から電話。
FAXで送ってくれることになった。


テープをICレコーダで録って、PCへ移して。

声を出してみるところまではいかないが
歌ってみたくなった時に、練習ができるように。
準備だけは、ぼつぼつとしておくことにする。


今日も暑い。

欅で蝉が鳴いている。
[PR]

by sararaM | 2008-07-24 17:25 | シャンソン | Comments(0)

録り損ねる


ふと思い出して、BSの番組欄を繰る。

1週間前だった!


東京のパリ祭の様子が
NHKのBSで放送されると伺っていたので
録画しようと楽しみにしていた。

パリ祭の当日は、叔母が亡くなった日。
しばらくは全て頭から飛んでいたのだが
今日、ふと思い出して、探してみたのだった。

ジャック・ブレルの特集?もあると聞いていた。

残念。

もう、再放送はないのだろうか‥
[PR]

by sararaM | 2008-07-19 22:02 | シャンソン | Comments(5)

歌わない日々



発表会が終わって2か月。歌っていない。

シャンソンに縁ができて以来1年半、
歌の練習をしない日はなかった。

大きな声で歌えない日でも
楽譜を眺めて、リズムを練習したり
ヘッドホンで伴奏を聴いたり。
台所には歌詞カードが貼り付けられ
洗濯機の横にも置いていたりした。

寝ても覚めても、シャンソン、シャンソン。


2回目の発表会の前後に片頭痛の発作。
それが尾を引き、
でも、何とか治まりそうな頃に、あの激烈な目眩に襲われた。
そこから外出できず。
ちょっと練習しようかな?と思った頃に叔母が亡くなった。
まだ、目の前には、祭壇の花が映っている。


声を出さない。楽譜も見ない。ピアノも聴かない。
そんな日々が2か月。
今日がいつだかわからないような感じで
毎日を送る。


焼けつくようなヒリヒリした感覚で自分の曲に取り組んでいた日が、遠い。
[PR]

by sararaM | 2008-07-14 07:46 | 日常