できるなら‥



私たちグループレッスンのメンバーは8人
男性1、女性8、の構成。

最高齢は昨年喜寿を迎えられた男性。
1番若い方は私より1歳年下の女性。

先月、実家のお母様が倒れられた彼女は
結局、一緒に活動を続けている。
お母様の病状が、
回復は難しくても安定している状態なので
発表会に参加することを決意した。

狭心症で倒れた彼女は
少しずつではあるが状態がよくなっていた。
それまでにかなり歌いこんでいたので
先生は、
ゆっくりと、歌も身体も「寝かせて」おいて
発表会の日に調子がよければ参加すれば?
と、お手紙を書かれた、と聞いていた。

昨日、少しお話ができるかな、と電話。
来月初めのドレスツアー(?)へのお誘いもかねて。
そうしたら、何と、
日曜日にまたしても発作が起きたと言う。

狭心症はもともと持病だ。
しかし、近年はそれなりに安定していたはず。
それが、2週間で再発したことに
彼女は驚き、不安を高めている。
とてもナイーブになってしまっていて
話す調子もこころもとなげ。

身体の不調を抱えている者として
病状がいままでと異なる動きを見せると
どうしていいかわからなくなる。
病気とうまくつきあってきているはずなのに
これからどうなってしまうのだろう?
と、思ってしまう。

一人暮らしの彼女も
そんな不安とともにベッドにいるに違いない。

若い頃からシャンソンが好きで
古い曲ならどれほど聴いてきたかわからないくらいの彼女。
やっと、歌う側の楽しみを見つけ出したところなのだから
うまく回復できればいいのに、と思う。

個人レッスンだけのクラスとは違って
私たちは、1つのグループとして
クラスで手を取り合って進んでいるところがある。
自らの体調や、親の介護や
いろんなものを抱えながら
シャンソンを始め、発表会を越えてきた。

音程が定まらなかったり
リズムが苦手であったり
歌の課題もそれぞれに持ちながら
互いを引っ張り上げながら
進んできた。

できることならば
メンバーがそろって発表会を迎えたい。

もちろん、出られなくなる人が出たからと言って
何が変わるわけではないのだが。
[PR]

by sararaM | 2008-03-25 08:28 | 2度目の発表会へ | Comments(0)

少しは‥ 進歩?


おそるおそる‥ 、レッスン。

服部で絞られて以来
どのように練習していいか迷路に入り
ひたすらピアノ伴奏を聴いていた。
声を出すのも、歌うこともためらわれて‥


今回はグループレッスンのみ。
持ち時間は9分。
とりあえずシェルブールの雨傘。
先生にチェックされたところは直すべく努力したが
直っているのかどうかは自分ではわからない。
「行かないで」は「イカないで」になっていないだろうか?
レの#の音は定まってきただろうか?
音の響きは上へ行っているだろうか?

最初のクープレは
インテンポから思いっきりセリフにしてしまい
それを再度クープレにもどしたあたりで落ち着いている。

「声の響きがよくなってきたね」
ちょっと、ほっとする。
少しは前へ進んでいるようだ。

まだ課題はたくさんあるのだが
「声」そのものが何とかなってきた(らしい)のはよかった。
方向がこのままでよさそうなことが見えただけでも。

1週間が速い。
1週間で何ができるようになったか?
何ができるようになるか?

曲はまだ、安定には程遠い。
[PR]

by sararaM | 2008-03-22 08:52 | 2度目の発表会へ | Comments(0)

忘れていたこと


昨日、MIXIのお友達に
「できない、と言ってしまわないこと」と諭された。
「先生はできると思うからやらせるのだ」と。

そうだった。

以前、このブログに書いた。

シャンソンを始めて「できない」と言わないようにしている、と。
「できない」と言ってしまえば、そこで止まってしまう。
「難しい」と思うことにしている、と。
「難しい」ものは、頑張ればできる可能性を持っている。

そんなことを書いていた。

それが、今回はまるで飛んでしまっていた。

「初めて」という、何でも許される「呪文」がなくなったせいか?
突然、期日が早くなって、予定が全て崩れ去ったせいか?
課題曲がことのほか難しくて、てこずっているせいか?

そうだった。

「できない」と言ってしまえば
思考は止まり、身体は固まる。

マイミクさんにありがとうと言って、また、前に進もう。


このブログと同時期に始めたMIXI。
ひっそりと生息しているので
マイミクさんは10人なのだが
なぜかしらその半数がプロの歌い手さんなのだ!?

今回のアドバイスも、プロのシャンソン歌手の方から。

シャンソンを始めて1年半の素人を
優しく見てくださる。
きっと、無茶苦茶言ってるだろうに、ね。
[PR]

by sararaM | 2008-03-13 07:12 | 2度目の発表会へ | Comments(2)

振り出しに戻る


金曜の夜から熱っぽい日が続いていたが
月曜には服部スタジオでの個人レッスンがあったので
でかけていった。

うちからは片道2時間。
12時からのレッスンに10時に家を出てギリギリ。
レッスンがずれこんだりして、
帰りに駅前で買い物をしたりしていると帰宅は6時を過ぎた。
丸1日仕事だ。

で、思いっきり凹んだ。

シェルブールの雨傘は
他のことに気を取られると、声の出る位置が違ってしまう。
頭の上から響かせるという声の出し方が
まだ私自身の身についていない。

以前、声のチェンジの仕方の指導を受けたとき
低い声は下に向けてドッジボールするような感じ
「ド」あたりからの中音は力を抜いて
「ミ」あたりからの高音は頭から響くような感覚で
ということだった。
何となくではあるが、高い音は頭の上から出る感覚が
わかりかけているかな?というところ。

でも、今日は、シェルブールの低い目の音も
すべて上に響かせて、という指示。
どうしたら、上に響くんだろう?
低い音程を出そうとすると下へ行く感覚になる‥

クープレも、それを気にするあまり
歌う声ではなくなっているとの指摘。

そして最後の終わり方を
言葉を当てる音を少し変化させて
「この音は、なし。
 ここは、この音に代えて。
 ここをフェルマータ。」

で!き!な!い!

私はそんなに器用ではないのだ(泣)
2つつながっていた音が突然1つなくなって
2つめから音が出せるほど、器用ではないのだ。

何度も何度も繰り返して
丸覚え。
やっとのことで音に言葉が乗っている。
突然では、できるはずがない‥


「愛しかないとき」はもっと悲惨だった。

一旦インテンポできっちり練習して
1音1音に区切ってしまっていると指導されて
なめらかに、と心がけていたら
3連符のテンポそのものが崩れてしまったようだ。
一度、言葉をはずして、
「あああ~」で練習のしなおし、と言われてしまった。
発声も全部アウト。
振り出しに戻る、だ。


ダブルパンチに見舞われて、熱が出た。

どこから手をつけていいかわからない。
練習回数もほとんどない。
個人レッスン枠も他の人に譲ってしまった。

どうしたらいいんだろ。

今、路頭に迷っている。
[PR]

by sararaM | 2008-03-12 15:26 | 2度目の発表会へ | Comments(2)

やっぱりこの時期‥ なのか‥


今年も、出てしまった‥
狭心症の発作。
しかも今回は、かなりキツイと聞く。

メンバーの中の一人
私の病弱仲間。
すぐに熱が出て、抗生物質を常用。
お稽古の前に点滴に行ってたりする。

去年、初めての発表会に緊張が高まっていた3月
彼女は狭心症の発作に見舞われた。

http://sararam.exblog.jp/6299504

ちょうど、今頃。

昨日たまたま、曲のKeyを確認するためにメールを入れたら
寝込んでいた。

2日前に発作が起きて、しばらく安静。
一番つらい時期を越えたところなので
メールもできる、と、返信が来た。

医師から、緊張によるストレスは大敵と言われていて
発表会関係はすべてスルーしていた人だった。

去年、みんなで初めての発表会に取り組んでいる真っ最中の発作
その緊張が引き金だったのだろうと
誰もが思った。

今年は、寒さが厳しい頃には
熱を出し、喉を腫らし
医者のハシゴをしながら
それでもレッスンには通っていた
レッスンのそのときには、
ハイテンションなものでもっていたが
帰ると寝込む、そんな日が多かった。

私もよく似たところがあって、
その感覚は理解できるので
互いの体調をいたわりあいながら
発表会までの道のりを歩んできたのだった。

今年も、緊張、していたのだろうか。
2度目だからこそ、
少しお稽古が進んできたからこそ
見えてくるものがある。

自分の歌のできていないところがたくさんありすぎて
努力だけで何とかなるのだろうか?と
私も思い始めている。

しばらくは安静、だそうだ。

楽しみにしていた先生のライブも
ピアノの先生のライブハウスデビューの応援も
もちろん自宅でのお稽古も
遠くの教室での出張お稽古も
すべてキャンセルして、ベッドに、いる。

はやく落ち着きますように。
復活できますように。

願わくば、共に、ステージに立たれんことを。
[PR]

by sararaM | 2008-03-11 03:56 | 2度目の発表会へ | Comments(0)

くじ引き


今日はくじ引きの日。

先生が大きな紙袋を持って現れる。

何かと思えば、くじ引きのための小道具。
別の教室の生徒さんがつくられたそうだ。

四角い紙の箱に
中が見えないように手を突っ込む部分がつくってある。
聞くと、その人のご主人のセーターの片腕だとか!?
手を突っ込むとそこには
子どものガチャガチャの球形の容器。
その中に、数字が書き込まれた紙が入っている。

もどかしく容器を開き、紙片を広げる。


私は1部は去年と同じ8番目。
「トリ」である。
2部は4番目。

各自の2曲のうち、どちらを歌うかは
まだ決めてもらっていないが
多分、1部は最後なので「愛しかないとき」になるだろう。

1部の〆にふさわしいような力強い歌にできるだろうか。

あと、2ヶ月だ。
[PR]

by sararaM | 2008-03-07 22:29 | 2度目の発表会へ | Comments(0)

「行かんといて」



先日、ある方から
大阪のシャンソン歌手が東京でライブをするときに
関西弁でセリフを入れられることがある、と聞いた。

 ♪ 好きよ 好きよ 好きよ ‥   を

 ♪ すきやねん ‥   と

で、「行かないで」を特訓中の私は
クープレではなくセリフにして大阪弁でやってみた。

「シェルブールの雨傘」である。

 ♪ いかんといて お願いやから いとしーあんた
   哀しいて涙ぐんでたら ほら
   空もくもってくるし 雨も降ってきそうやし

   あたしを離れて戦にいってしもたら
   あんたはきっと死んでしまうやん
   戦場にいっぱい てっぽの雨降って
   あんた 生きてかえられへんやん

 (ここは歌)

 ♪ あしたは雨はやむんやろか
   きれーな虹が見えてくるんやろか
   
   生きて帰ってくると ちこうてくれるんやったら
   もう‥ 泣かへん

 (ここは歌)

字面で読めば、噴出すかもしれないが
これで試みた私は‥

泣いた。

涙ぐむ、どころではなく、ぽろぽろ泣いて
最後まで歌うことがつらかった。

実際に大阪弁でやる気はないが
感情の入り方がこんなに違うとは思わなかった。

私は‥ 大阪人だ。
[PR]

by sararaM | 2008-03-03 14:57 | 2度目の発表会へ | Comments(2)

濃縮10倍


今回のレッスンから集合を10時にした。

私たちのグループレッスンは
10:15~11:45
カルチャースクールの時間枠の中で
その次の個人レッスンとの間に休憩もなく
ほんとうに毎回時間との戦い。

発表会のためのレッスンに入ると
人数で割り算するので
発声練習ももったいなくなってくる。
教室に来るまでに自分でやってくればいいのだが
なかなか難しい。
ということで、15分前に集合して
スタートまで少しでも声をだそうと。

駅前の商業施設の中にあるので
10時に開場。
あちこちの入り口の前で開場を待って
レッスン室まで走る。いや、急ぐ。

車の人もバスや電車を乗り継いでくる人も
どどどど~っと入ってくる。
気合は十分。

先生も10時に来てくださるとのことだったが
電車の事故で遅れているというメールが入る。

そこへピアノの先生が見えられる。

今日はいつもの先生がお休みなので
急遽ピンチヒッターで来ていただいた先生。
シャンソニエでプロのシャンソン歌手の伴奏をされている。
私たちのような「たまご」の(ひよこにもなっていない)
レッスンにお付き合いいただくには申し訳ないような方。

それでは、と発声練習を指導していただく。

そうこうしているうちに先生が駆け込んでこられる。

今日はせっかくの伴奏だから、と
短い時間に2曲歌わせていただくことになる。

みんなよく練習しているのがわかる。
上手い下手ではなくて
2週間前より進歩しているのがすごい。
持ち時間は1人7分。
キッチンタイマー登場。
9人全員が怒涛のごとく交代して
時計を睨みながら、荷物も抱えたまま
部屋を出て次の個人レッスンの方と交代する。

私たちがフロントロビーでミーティングをしている間に
2人の個人レッスンが入り
最後に私の個人レッスンで
ヴォーカルスタジオを追い出されたのが13:45。

そこでピアノの先生とはお別れ。
お茶や、お昼の時間もないくらい忙しい方だそうだ。

その後、先生とミーティングをしている途中に
メールが入った。

  濃縮10倍のような練習で楽しかったです

と。

うれしい言葉をいただいた。

私たちはめいっぱい頑張っているつもりだが
いつも、空回りかもしれない、という不安がある。

濃縮10倍。

よ~し。頑張るぞ~
[PR]

by sararaM | 2008-03-03 00:14 | 2度目の発表会へ | Comments(0)

ギューギューと


この題名はそぐわない。

ビシバシと‥ ビシビシと‥
う~ん。何が適切なのだろう?
下には、‥絞られる、‥指導を受ける、と続く(笑)

全体レッスンのあとに私の個人レッスンがある日。

この前、7分歌っただけの「シェルブールの雨傘」
初めて本格的な指導を受ける。

とにかく、思いっきりクープレ。

最初がクープレで、しかも「行かないで」というのは
とても難しいのだそうだ。

大阪では、歌い手が下手に「行かないで」とやると
厳しいピアニストさんでは
うしろでぼそっと‥「タコあるで‥」とつぶやかれるとか!
一瞬、意味不明。
次に、爆笑、できない‥
笑っている場合ではないのだ(笑)

前半のクープレの部分はきちんと絵を描いて。
自分が主人公であれば
何を考え、どう動き、視線はどこへ‥
それをきちんと構成すると
間をあけるべきところ
たたみかけるべきところ、が見えてくる。
(見えたからと言って、できる、とイコールではない)

何度「行かないで!」を繰り返しただろう。

課題を山ほど残しながら一通りクープレを越える。

で、やっと旋律に入る、その第1音。

レの#が取れないのだ(泣)

ピアノで何度も音をもらい
声を当てに行くがうまくいかない。
たまに、ふっと当たる時があるのだが
続けてはできない。

針の穴を通すように、
その音にぴたっと焦点を合わせていかないと

と、先生。

一番、美味しいところよ。

ううう~~
(ほんとは「う」に濁点を付けたいのだが‥)

そこで立ち往生していたらノックの音。

カルチャースクールなので
次の教室の準備があるので追い出されるのだ。

ええ~っ!
もう、40分!
うそみたい!

いつも思う。
この3倍くらいやっても、もっと指導を受けたいと思うだろう、と。


午前中のレッスンの後ミーティングをしていて
そのまま個人レッスンに入ったので
昼食を摂っていない。
いつもなら先生と一緒に遅い昼食にするのだが
絞られすぎて、お腹が空いた感覚もない。
コーヒー1杯で、そのあと先生と打ち合わせ。

自分ひとりで歌う練習をしていたのでは見えない課題が
数え切れないほど見えてくる。

とにかくは「レの#」
バックが静まり返った中で
私の声だけで始まる音なのだ。
はずすわけにはいかない。

黒い鍵盤の音なんて、私の生活には縁がなかったのだ。
私の身体の中に入っていない気がする。

入っていないものは、入れるしかない。

繰り返すしかないよなあ。
[PR]

by sararaM | 2008-03-02 01:43 | 2度目の発表会へ | Comments(0)