カテゴリ:日常( 56 )

お正月はやってくる


1年の終わりに

ここ何年も、あっという間に1年が終わる。
今年何をしたっけ?と思う。
思い出せるような大きなイベントは何もない。

それでも。
実家の両親の引越しをした。
長い間住んでいた市営住宅の片付けをした。
母のデイケアを始めることができた。
顔を見に通うことも増えた。
桜は1度見た。
紅葉は2度。
キラキラも見た。
歌も1度だけ発表会ライブに参加した。

おや?
よく頑張ったじゃない(笑)

こころに思ったまま
全くできなかったことも多々あるのだが
(東京へ行くとかね)
できないことを嘆くより
できたことを数えて喜ぼう。

他の人にしたら
取るに足らない日常かもしれないが
私にとっては上出来ということにしておこう。

年末のPCのごたごたで
掃除1つできていない我が家でも
私が家族とともにお茶をして
ケーキを美味しいと食べられることは
たぶん一番、いいことだ。

お飾りやお餅の買い出しは30日に行くことができた。
そばとうどんも買った。
おせちは今朝、届いた。
年賀状も投函した(元旦に届くかは?)
お鏡やお飾りは朝から夫が完了した。
屠蘇器も準備態勢に入っている。
よーし!お正月はやってくる。
何ができていなくてもやってくる。

お友だちと
「何をしなくてもお正月はやってくる」
というのが合言葉だと夫に言う。
みんな頑張りすぎるから
お互いに引き止めあって(笑)
元気で過ごそう。
無理しないように過ごそう、と。

・・・・・・・・・

今年も1年、ありがとうございました。
書きたいことはたくさんあって
下書きまでしたのに
日の目を見ていないものも多くあります。
来年はもう少し、
文章が書けたらなあと思っています。

歌の練習は十分とは言えません。
できは不十分でもやめようと思わないことで今は「よし」と言うことに。
また、頑張ります。

みなさまどうぞよいお年をお迎えください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-12-31 12:48 | 日常 | Comments(2)

廃番


文房具が好きだ。
手帳などはことのほか。

スケジュール帳はつややかな革の外側にリフィルを厚くはさんで・・
という生活をしていたのは昔。
足を傷めて、腰を傷めて、
そのたびに持ち物の総量を減らす工夫をした。

最初は一枚革の男物のカバンを軽い素材に変更するところからスタート。
以来、中に入れている諸々の大きさを変え、素材を変え。

今やカバンはグラム単位でチェックして
ほとんど薄い袋のようなものに(笑)
(現在のものは200グラム)

分厚かったスケジュール帳は
カバーも何もない厚さ4ミリくらいの手のひらサイズに。
このシリーズはカバーに好きなリフィルをはさんで使うタイプなのだが
これだけは厚手の表紙で単体で持てる。
見つけてから3年、便利に使ってきた。


e0014720_23365687.jpg



今年も新しい手帳が出てくる季節。
この手帳は数が少なく、売っているところも少なく、
すぐになくなってしまうので、早く手配しなくては・・
ということで、ネットを検索するが型番でヒットしてこない。
メーカーの中で検索しても見つからない。

仕方なしに電話で問い合わせると
昨年のもので廃番になったという。

あら、あら、あら~

せっかく使いやすいものと出逢えたと思っていたのに
たった3年のお付き合いで終わるのか・・
また、あれこれ、お試しから始めなくてはならない。

私が気に入ったものやお店は、
なぜだかよく消えて行く。
駅前でいいなと思ったお店など、3年ももたなかった。
いつも使っていたシャンプーも
よく食べていた食品も。

気に入ると、一筋で可愛がるので
なくなってしまった時の落胆は大きい(笑)

私って・・・マイナーなのね。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-09-24 23:36 | 日常 | Comments(5)

四半世紀を超えて


私の物置部屋を片付けていたら
いろんなものと一緒に
袋に入ったハンドタオルが出てきた。

遥か昔、息子が幼いときに、
なんだったかで義母にいただいた覚えがある。
中を見て、もう一度袋に入れなおして
そのまま大事にしまってしまったようだ。

タオルを出して、懐かしく広げてみて、
そこで初めて気が付いた。
端っこの、スヌーピーの足の裏に、刺繍で息子の名前が!

そのときはたぶん、広げることまではしなかったのだろうと思う。
とても丁寧に細やかに施された刺繍。


e0014720_13423974.jpg



おかあさん、ありがとね。
そのときに気付かなくて、ゴメン。

夫に、ほらほら、と見せる。

ああ、おふくろの字やなあ。

そう、私の字体とは全く違う(笑)

料理も手仕事も、何でもきちんとした仕事をする人だった。
年が明ければ亡くなって15年。
久しぶりに義母をそばに感じた。

今日は彼岸の入り。
何をつくろうかしら。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-09-20 13:42 | 日常 | Comments(6)

慣らし○○



その1 慣らし外出

土曜日にどうしても行きたいところがあって、
今日は慣らし外出。
バスで駅前まで買い物。

ジーンズの下にレギンスも履いたし、
お腹には小さなカイロも貼り付けたし。
手提げにはカシミアのストールも入っている。
もちろん長袖のシャツで。

家を出てから帰り着くまで2時間弱。
2000歩強の買い物。

それでも帰る頃にはお腹が痛くなるし
帰り着いたら頭が痛くなってるし。

土曜日は片道だけで2時間。
バスと電車を3路線乗り継ぐ。
前途多難だ。
でも、行きたい。行くぞ。行くつもり。


その2 慣らし発声

頭痛とめまい様の感覚が続いていた5月は
音を聴くことができなかった。
なので歌の練習は完全ストップ。
最近、鼻歌程度で歌うことはあっても
きちんと1曲を通して歌うことからずいぶん離れてしまった。

久しぶりにピアノ伴奏を流して歌ってみる。
私の苦手なテンポの速い歌。
「サンジャンの私の恋人」
このリズムに言葉をうまくあてていくのは
私には至難の業。


西原啓子さんの歌で
https://www.youtube.com/watch?v=Qh4iqYyPoSw

1曲を通して歌ってみると、お腹が攣りそう!
息は上がるし、全身疲労感。
ああ、歌うって、パワーが必要なんだ。



今週に入って、ほんの少し状態がよくなってきた気がする。

2か月動けないと、
あれもこれもパワーが落ちる。
足腰だけじゃなく、腹筋も背筋も、喉の力も。
つけるのには時間がかかるけれど、落ちるのはあっという間。


外出も歌も全部慣らし運転の段階。
でも、ここまで復活してよかった、と、思うことにしよう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-06-26 22:56 | 日常 | Comments(5)

ナサケナイ系


今日のクミコのブログ

http://ameblo.jp/kumiko926/entry-11871925103.html


思わず途中で吹き出した。
はい。
私は「ナサケナイ系」です(笑)

こう書いているけれど、クミコは決してナサケナクない。
毎日、あれができなかった、これが難しい、
身体が痛い、眠れない、と書きつつ、
実家のご両親を病院へ連れて行ったその午後に飛行機でコンサートの地へ飛んだりしている。
自分のありのままで、カッコつけない。
強くてしなやかだ。
歌がどうこうではなく、私より2歳年上の同年代の同士として
頑張れ〜〜と思うのだ。

そして私も、頑張ろう、と思うのだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-06-06 16:10 | 日常 | Comments(4)

虫歯のオモチャ


ものを噛めない状態が続いているのと
体調そのものがよくないのとで
食べる量がどんどん減って
体重もあっさり落ちて行く。
中学時代以来かと言う体重を記録。

で、ブレンダーを購入。

届いてみればかなりの大きさ。

e0014720_23295988.jpg


最初のお試し。
缶詰フルーツとキウイを砕いてヨーグルトにかけてみる。
簡単にとろとろになったけれど
キウイの種がダメだった(笑)

e0014720_23314014.jpg
e0014720_23323152.jpg

e0014720_2333982.jpg



翌日はビーフストロガノフを私の分だけブレンダーで砕いてみた。
要するに介護食、ね。

奥歯で噛めないというのは微妙なもので
細かければいいというものでもない。
口に入れてみないと、いけるかいけないか、わからないところがある。
スパゲッティを砕いてみたら、見た目は粉々だが小さな粒はしっかり存在する。
これは、ダメ。

実際のところ、料理して、それをわざわざブレンダーにかける、というのは
微熱の身にはつらい。
できるだけ手をかけたくない。

そんなこんなで
気分がいいときだけのオモチャ、かな。

歯科は足踏み状態。
2つ目の歯科へは先週行ってみたけれど
まだ迷いがあって悩み中。
気合いを入れて行ってみようとした根管治療の専門歯科は
予約を取るのが難しかった。

考えることに疲れて、今日は逃げに走り、
日記など書いている(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-05-27 23:35 | 日常 | Comments(4)

不時着


歯の治療がうまくいかないところからスタートして、
眩暈っぽい不調が続いていたのだが、
今朝久々の片頭痛発作。
あ~あ。出ちゃったね。
みごとなストレス要因だね。
これでまた、しばらく動けなくなって、歯科治療に思い悩む日が続く。
1つ躓いて、坂を転がっている感じかなあ。
超低迷飛行で踏ん張っていたけど、不時着です。


歯科に詳しい人のアドバイスがほしい今日このごろ。
とりあえず、ゾーミック飲んで、寝ます。

・・歌もしばらく、ノータッチ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-05-12 09:55 | 日常 | Comments(4)

ご無沙汰でした



年末・年始のご挨拶もせず、
コメント欄にもお邪魔せず、失礼をしておりました。

おめでとうございます、と言うには、恥ずかしい宵戎です。

12月初めからの風邪は抜けきらず、
今も咳が残って、脇腹に痛むところが?!

いえ、遠ざかっていたのは健康上の理由ではありません。
超眩暈の発作以外は片頭痛でも高熱でも
たいていちょっぴり書き込んでいた私です。

少々身辺あわただしく、
文章を書く時間とこころのゆとりがなかったのでした。
少し落ち着きそうなので、やっとご挨拶に至りました。


私自身は、12月初めの歌の練習の帰りに喉をやられてしまい、
声が声にならないという経験。
しゃべるにも声にならないし、咳は止まらないし。
話せるようになったのは年末。
歌うなんてとてもとても。
喉が腫れると、どうにもならないのだなあと実感した次第。


そんなこんなで、ぼつぼつと復帰できるといいなあと思っております。
日記を書くのもコメントを書くのも、
いったん手放してしまうと復活するのにリキが必要ですねえ。
サボり癖がつかないように、頑張ります(笑)

今年もどうぞよろしく。

sarara



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-01-09 17:35 | 日常 | Comments(2)

ゲーム音楽コンサート



私はもともと音楽に縁がなく暮らしていたが、
ゲームは好きな方だ。
(マンガも好きな方)

だが、今どきのモノには疎くなってきている。


友人の娘さんが、
関西に来て、関西にゲーム音楽のオーケストラがないことに驚き
立ち上げた。
言うのは簡単だが、何年かの月日を経て、楽団を創り
今年は3回目の定期コンサート。

私は機会がなくて行けていないのだが、
息子は毎回楽しみに行っている。

今年は FF-X の「ザナルカンドにて」が演奏されると聞いているので
今年こそは!と。

ところが、いつもの軟弱体質が前面に出て
月初めに2日連続で歌の練習に行ったのち、ダウン。
すでに2週間。
1回医者へ行っただけで、外へは1歩も出られない。
今はやや回復の兆しはあれど、遠出できる状態ではない。

ほんとにね~
毎日仕事や遊びに出かけられる人と比較すれば
私の行動は10分の1くらいだ。

ま、仕方がない。
これも、もって生まれたものだ。
付き合うしかない。


もし、お好きな人がおられたら、どうぞ。

・・・・・・・・・・・・・

ラピスドリームオーケストラ
第三回定期演奏会
日時 2013年12月22日(日曜) 13:00開場 14:00開演
場所 西宮市民会館 アミティホール
    入場無料・全席自由
指揮 丸橋大輔・坂本武

http://www.lapisdream.org/


・・・・・・・・・・・・・・

ご訪問いただいているブログ友さん。

こんなありさまで、お邪魔できていません。
コメなど失礼しています <(_ _)>



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2013-12-18 18:35 | 日常 | Comments(6)

あれこれ 2



ご一緒のステージだった年配の方が
私ともうひとりの新人さんにお話しされる。

私ね、来年はどうなってるかわからないから、毎年、今年が最後かもと思っているのよ。

御年86歳だとおっしゃる。
ええ~~~っ!! とふたり。

同時に口をついて出た言葉は、
「母が・・・同い年です」

彼女のお母さまは今年に入って脳出血で倒れられ、
それを機会に彼女と同居。
全面介護の日々だそうだ。

私の母は実家で生活しているけれど
できないことが増えて、記憶の保持が難しくなっている。
新たに、治療できない病気も見つかった。

その方はエメラルドグリーンにビーズがたくさんついたドレス。ヒール。
つけまつげがとても可愛く、カンツォーネを堂々と。

さまざまな昭和2年、1月2月3月生まれの3人。

年齢じゃなく、個人差だなあと改めて思う。


舞台を終えて
先生とともに、娘さん孫娘さんとともにお写真。

ああ、来年も、そうしてお元気で歌ってください。

そして、介護中のお母さまも、私の母も、
それぞれの安定した日々を送っていますように。

50を越えたら、四捨五入すると100。
みんな一緒。
あとは個人差。

私はいつも、そう思う。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2013-11-13 10:25 | 日常 | Comments(4)