2009年 02月 07日 ( 1 )

選曲‥出そろう



先週から今週にかけて
それぞれが曲を決めたよう。

2月の今日のレッスンからまず1曲目がスタート。

朝のクラスは

「愛はルフラン」
「我が若かりし頃」
「歌い続けて」
「マンマ」
「シャンソン 一人の歌い手がいた」

私たちのクラスは

「ひまわり」
「ラ・ノヴィア」
「急流」
「待っていた男」
「パリ祭」
「ミロール」

と、なった。

2曲目を絞り切れていない人があと3人。

そして、2月から新しい方が一人来られた。

その方はこれからがスタート。
この時期でみんなと一緒にスタートできてよかった。


私の「ひまわり」は、今日はKeyの確認。

私はいつも、一番決めにくいらしいので
候補をいくつか出しておいて
練習をしながら絞っていく、という作業。

先週3度下のメロディ付き伴奏をもらっているので
今日は軽く歌ってみて
1番は2度下、2番は1度下、の本伴奏を入れていただいた。
この2つから1つに絞った後に
原調と3度下のとの3種類から1つに決めるという手順らしい。

他の人は最初からKeyは固定されていて
その後、よほどでなければ変わらないのだけれど。

伴奏を入れるときに、先生、
「1番と2番の間に、ジャラララ~ン、と何か入れておいてあげて。
 ~さんは頭が固いから、音が動かなくなるから」
と、ピアニストさんに依頼。

その通りです。はい。(笑)


朝からICレコーダからPCに移して、歌ってみる。

先週いただいた3度下では少し歌いにくい気がしたが
今日のは、自分では気持ちよく歌える気がする。

ただ、自分でどうか、というのと
先生が聴かれて、これがベストというのには違いがあるので
これからたっぷり練習してからの決定になるだろう。

歌っているうちに、高い方が楽になってくる、というのが
以前のパターンだったし。


自分のKeyの伴奏をいただいて初めて
「練習開始~」
という気がする。

楽しみ。楽しみ。
[PR]

by sararaM | 2009-02-07 15:28 | 石の上にも‥ 3回目 | Comments(2)