冷たい雨の日に



杉田真理子さんの3枚のCDが届く。

リリースの順にかけてみる。

1つの曲を聴くにも
ご本人に逢い、言葉を交わすと
「その人」で、歌ってくれる。

デビューしてのファーストアルバム。
この前お会いした姿が、声が
時計を巻き戻すような感じで
ジャケットの写真へと移っていく‥

私にとっては大半が初めての曲。
けれど、なにか懐かしく優しく語り響く。

外は冷たい雨。
力を増してきた春の光も今日は見えない。

部屋を暖かくして遅い朝食をとりながら、
真理子さんに、逢う。
[PR]

by sararaM | 2009-03-03 14:45 | シャンソン | Comments(4)

Commented by misty. at 2009-03-03 18:48 x
今日は私もmixi友達になってくださっているHAZZ様のCDを聴きながら、メールを書いたりしていました。まだ、お目にかかったことはないけれど、シャンソンを習ってみようと思ったキッカケの素敵な方です。

静かな夜のシャンソンも素敵だけれど、朝のシャンソンもなかなかおつなものですね。
まして、リアルでお目にかかった方の歌は、その時の感動を呼び覚まして、なおさら感慨深いものだったでしょう。。。

またいつか、機会があれば私も真理子さんの歌を聞かせていただきたいものです。
Commented by sararaM at 2009-03-03 23:37
☆ mistyさん 
この時刻の書き込みって、珍しいですね(笑)
私、CDを聴く、と言うこと自体、あまりなかったのですよ。
それほど音楽に縁がなかった‥
シャンソンを始めてからも原曲以外はめったに。
村上進さんと杉田真理子さんが初めて、です。
Commented at 2009-03-05 21:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2009-03-06 09:05
☆ ・・・・さん
お返事、いつでも。
ここに、送った旨、コメントいただけるとありがたいです。