リッツカールトン 開演まで



週末ころから、目標の17日を見つめ、高まっていく緊張感。
それを、もう一人の自分が「抑えて、抑えて‥」となだめている。

当日、決めておいた服装を身につけるが‥
何となく落ち着かない。
新調したばかりの黒のパンツスーツ。
珍しく細身の、丈の長いマニッシュな上着。
その中に細かいスパンコールのついたネックの高い白のインナー。
完璧だったはずなのに‥ (笑)

スーツを脱いでジャケットを変えてみる。
深い茶色のベルベットのジャケットは?
クリスマスっぽいけど、黒の一番きれいなベルベットは??
あ~~~~ どれもこれもダメ!
めったに着ない白のスーツを引っ張り出してみる。
これはパンツにはあわない‥

1時間くらいとっかえひっかえ‥
これって、まるで初めてのデートに出て行く前の気分!

とうとう、キラキラしたインナーを脱いで
黒のシンプルなタートルに戻る。
上下黒、だ。
上に何を着る?
白のジャケット?

ああ、もう時間がない!
んで、結局、行きついた先は
普段どこにでも着て行っているグレンチェックのダブルのジャケット。

ん~~~ これって、駅前で買い物してる恰好じゃん‥

あ~~~ でも、一番落ち着くのは、確か(笑)

髪もポニーテールを三つ編にして、高校時代の髪型(笑)

何やってるんだか!

くるぶしの上まであるトレンチコートをはおり
男物の超デカいカバンを持って、出発!

何か、もっと違ういでたちがあるように思うが‥ まあ、いいことにする。


空はくっきりした青。
風は驚くほど冷たい。
家にこもりっ放しの私はほほを切られるよう。

駅までバス。

そばにいた男性のたばこのにおいが原因か、気分が悪くなる。
バスに酔ってる?
これ、あかん、よ。

そのまま電車へ。途中で乗り換え。
まとわりつく気分の悪さは消えない。
思わず、カバンの中にビニルの袋を確認する。
(いつでも、何でも持っている。)

電車に1時間くらい揺られる。
深呼吸しながら落ち着かせる。
リッツカールトンまでは少し距離。
大阪の梅田でも西の端。
「梅田」と言っても駅が6つあって、歩くとかなりある。
(阪急・阪神・JR・地下鉄梅田・地下鉄西梅田・地下鉄東梅田)
地下道なのに寒い。冷たい。
週末の、春を通り越したような気温が信じられないくらいの真冬。

地下道からの小さなドアからリッツへ。
ドア1枚で雰囲気が変わる。
リッツは素敵だ。

2Fへエレベーターで上がると
降りたところにホテルの方。
丁寧に尋ねてくださって、会場まで案内してくださる。
コートを預けて、会場へ。

会場にたどり着くとテンションが急激に上がる。
脳内麻薬状態(笑)
気分の悪さも忘れてしまう。

12時を回ったところなのに、ほぼいっぱい。
10人の円卓8つに、ぽつぽつとしか空きがない。
意を決して正面へ。
ステージに向かって正面やや右のステージ側へ座る。
3つ空いていたが、見やすさを考えて真中へ。

ところが、2人連れの方が来られて動くことに。
結局、ステージにかなり近いところに着席。


この前もそうだったのだけれど
こういう席へ一人で、という客はほとんどいない。
出演されるどなたかの門下生でグループだったり。
お友達と、であったり。
また、一人であっても、
この道で長い方で、顔見知りの方が大勢おられる‥ そんな方々。

人懐っこくて、リッチな雰囲気の大阪のおばちゃまたちは
一人でぽつんと座っている私に話しかけてくれる。

たいてい「どなたの?」と聞かれる。
誰の関係でもなくて突然来る客はいないようだ。
「杉田真理子さん」と答えると
「習ってらっしゃるの?」と次の質問。

私と真理子さんの関係を一言で言うのは難しい。
「お友達」と言える方ではないし
「ファン」と言うには、初めてお歌を聴くのだし。
「知りあい」というにもちょっと違うし‥
根本的に私は正直なもので
正確にきちんと答えようとするから困ってしまう。
今思えば、「ええ、ちょっと‥」とお茶を濁すような
大人な返答でよかったのに(笑)

12時半ころお食事が始まる。

ゆったりとしたペース。

ふと時刻を確かめると1時半に近い。
まだ、コーヒーのサーブの最中。

会場の端に、お会いしたことのあるピアニストさんのお顔が見える。
時間が押しているようだ。

デザートのお皿もそのままに‥
オープニングのピアノが始まる。
[PR]

by sararaM | 2009-02-18 19:14 | シャンソン | Comments(2)

Commented by misty. at 2009-02-19 10:45 x
無事到着!よかったわ~!(*´∇`*)
お出かけするとき、何を着て行こうかと迷うのもまた楽しいもですね。
梅田、ほんとに広いよね~、、、
私もけっこう「おひとり様」が好きなので、一人で行動することも多いのですが、学生時代はなんば・梅田を通って大学へ通っていたのでちっとも苦にならなかったのに、最近は「大阪へ出る」と思うだけで疲れてしまうmisty.です。。。
いよいよ、本番。。。ドキドキ感が伝わってきます。
Commented by sararaM at 2009-02-19 13:09
☆ mistyさん
ありがとうございます。不安いっぱいながら、到着しました(笑)
私は、華やかな服装、というものを持っていないので
こんなときはどうしようか困ってしまいます。
普段はジーンズにセーター、コートというような格好。
メイクもしませんし、ハンドバックも持ちません(笑)
あのような席では、浮く、というか、沈む、というか‥
違和感の塊のようなものでした。