「ひまわり」



映画「ひまわり」より、ラストシーン


分厚い楽譜集から「ひまわり」をコピー。
半ページの短いもの。

村上さんの歌を聴きながら、楽譜を眼で追う。
もちろん、歌はアレンジされているのはわかっているのだが
それでも、???に感じる部分がある。

私は、楽譜を見て旋律をイメージできないのだが
(自慢することではない!)
聴いて、よくわからないときに
楽譜を見て、あ、下がるのか、と納得したり
(楽譜を見ないと聴きとれていないのが、かなしい)
休符を見て、切り方がわかったり、と
補助的に助かることが多い。

で、「ひまわり」なのだが
イマイチ自分の声で追えない部分があり
家にあった幼児用のCASIO(20年くらい前のもの)で
1本指でぽつぽつ鳴らしてみる。
Keyが違っているのは理解した上で
何となく旋律が違うように感じるのだ。
楽譜がポピュラーソングのものだから?
もちろん、繰り返しの構成も違う。

こんなとき、
村上 進バージョン
もしくは、嵯峨美子バージョンが欲しい時は
どうすればいいのだろう?
やっぱり、採譜のできる方に
創ってもらうしかないのだろうか?


ああ、こんな時には
自分が音楽的な知識がないことが残念だ。


今、移調については勉強中で
ベースになる譜面があれば、なんとかできるかもしれない
という気がしている。
そういうのではなくて、
耳で聴く曲と、譜面に表されているものと
何となく違う気がする、などというのは
本を読んで勉強する、というものでもない気がする。


今まで、
「この人が歌っているこの曲を歌いたい」
という形で取り組んだことはなかった。
ベースは「楽譜」であり
「歌」は参考。
異なっている部分は歌い手さんのアレンジ。
私はあくまでも譜面をもとに歌う‥

今回は、ちょっと違うような気がする。


もし、歌うことに、一段階ずつのステップがあるのなら
それを一段一段上っていくのが無理もなく一番いいのだろう。
でも、その進路上にないことを突然したくなることも、ある(気がする)

こういうのって、背伸び?


初めての経験は、ドキドキ楽しい反面
行く方向がわからなくて惑うことも多い。
[PR]

by sararaM | 2008-10-29 11:50 | シャンソン | Comments(0)