楽譜



村上進さんのCDに出会って
気に入った曲がいくつか見つかった。

今の私に歌えるとは思えないが
それでも、楽譜がほしくなる。

しかし、シャンソンでもカンツォーネでも
ピアノのピースを買うようなわけにはいかない。
何種類かの楽譜集が出ているが
載っていないものの方が格段に多い。

楽譜に苦労するのは先生でも同じようで
探しても見つからないものは
原曲のCDなどから
ピアニストさんに採譜?をお願いするようだ。


今回は「カンツォーネ・ベスト100」というのを購入。
私がほしかった「カンツォーネ」と、
あと数曲の楽譜を見つけることができた。

「ひまわり」も、気に入った曲。
これはイタリア映画の曲のようで、上の本にはない。
以前買った「永遠のポップス」という楽譜集に見つけることができた。

この「永遠のポップス」は
発表会が決まって間もなく
会場となる心斎橋のライブハウスに下見に突入した
その時、そこで初めて聴いた曲が気に入り
必死で探したときの本。

その曲「おもいでの夏」を歌っておられたのが
マイミク、ジャジーさん。
その時は3人のジャズシンガーの方が歌っていらしたが
「おもいでの夏」と
ジャジーさんの深紅のドレスの印象があまりにも強くて
あとは、な~んにも覚えていない(笑)

たった1曲。
半ページのために
358曲入った本、4000円也は、イタかったが
それでもほしいと思った曲だった。
「おもいでの夏」は、あちこち探して
異なるバージョンで何曲かダウンロードした。
この曲がジャズなのか?!という新鮮な驚きもあった。

で、その本の中に「ひまわり」は載っていたのだ。

今年の発表会は「シェルブールの雨傘」だった。
戦争のために、行き違ってしまう愛の行方。
「ひまわり」も、戦争のために引き裂かれる愛の物語。
この曲は、私が小学校か中学校の頃かにラジオで流れていて
気に入っていたような気がする。
しかし、映画も知らず、内容も知らず
それでも惹かれる曲がどれも
愛が引き裂かれる物語であるというのは
私の好みをよくあらわしているような気がする(笑)


あと、欲しいのが「忘却」
これはピアソラなので
大阪の田舎の紀伊国屋に並んでいる楽譜集あたりでは
見つけようもない。

今、手に入れたからと言って
練習のしようもないし、まだまだ手に負えるものではないと思うが
手元にあるだけでも、何となくうれしい‥
気に入った曲の楽譜は、そんな不思議な魅力がある。
[PR]

by sararaM | 2008-10-25 10:18 | シャンソン | Comments(0)