レッスンテープ


ようやく、レッスンテープを聴いてみようかな~
という気になってきた。

テープそのものは先週半ばに送ってもらっているし
楽譜も息子に取りに行ってもらったし。
あとは、体調、と、気分。

今週の金曜のレッスンは
クラスが2つに分かれての初めての授業‥
行った方がいいよな?
行けるかな?
それならせめて、音だけでも聴いておかないと‥

よし、やるぞ!
ではないのだが、必要に迫られて‥
カセットテープをセットする。

送ってくれた人は
伴奏だけではなく
レッスンそのもののダビングをしてくれていた!

ほぼ完全な形で、レッスンそのものが収録されている。

「雨傘」は、ご存じの方が言われるように
ほんとうにかわいらしい感じの曲。
先生曰く
天地真理か浅丘めぐみ(古ッ!)になったような感じで歌えば
うまくいくんじゃないか、と(笑)

「私の村は水の底」は、哀しい曲。
曲そのものは比較的素直な感じを受ける。

「雨」は、もう1曲の方を、最初は考えられていたようだ。
だが、やや難しいから、と、明るいほうの「雨」になったようだ。

最後の「夢を破らないで」は、雨や水とは関係のないベツモノ。

今回、グループレッスンを2つにするにあたって
個人レッスンの方のうち1人にご無理を言い
グループに入ってもらうことになった。
その方が練習途中の曲、ということだ。


1時間強のテープを聴きながら
伴奏や歌のところをICレコーダに録り直し
PCへ入れて行く。
楽譜を眼で追う。


おっと、やっぱり頭が痛い。
音への集中と、目の酷使は
まだ負荷がかかりすぎるようだ。

練習までにたどりつかないかもしれないなあ。

練習できるとすれば、どの曲にしようか。
パワフルな早い曲は息が続かないだろうから‥
と、考えると、
「私の村は水の底」になるのか?


前に選んだのは「囚人」だし
スローテンポの、
どちらかといえば暗い曲。

私は、つらい、哀しい、切ない、のは好きだが
別に暗い曲が好きなわけではないのだが‥




でもその前に、外へ出られるようにならないと(笑)
[PR]

by sararaM | 2008-06-30 20:33 | シャンソン | Comments(0)