臨時レッスン


お昼前に教室のメンバーの一人からTEL

自宅で月1回の個人レッスンを4人で組んでいる人
その中の1人の都合がつかなくなったので
私にどうか?というお誘い

個人レッスンは11月のボロボロだったとき以来
空きがあるのなら、と承諾

しかし、実は練習が十分ではない

今月のレッスンはグループで1回だけだし
ひとりひとりが歌う時間も、ない
だから、叔母の件で練習できていなくても
まだ1ヶ月という時間があると思っていた

臨時のレッスンは1週間後
せっかくレッスンを受けるのだから
受ける値打ちがあるように準備をしなければならない

曲を「愛しかないとき」にしぼって
クミコさんの訳詞で、練習を開始
矢田部さんの訳詞とは違って
「字あまり」になるので
音に言葉を乗せるのにうまくいっていない

12月に10曲メドレーをした時には
矢田部さんの訳詞で歌った
その時の先生からの講評は
「荒削り」ということだったが‥
訳詞が変わると、もっと荒っぽくなってしまうかもしれない

でも、レッスンをしてもらえる機会ができたことは、うれしい

よし! ちょっと、頑張ろう!
[PR]

by sararaM | 2008-01-06 18:59 | シャンソン | Comments(2)

Commented by NM at 2008-01-10 13:04 x
今まであまり考えたことがなかったんですが、訳詞は新たな歌詞を書くのと同じではないかと思います。原語での語感を忠実にメロディ内で表現するのははっきり言って無理といっていいでしょう。したがって新しいものを書くのと同じに等しい。難しい所作ですね。
Commented by sararaM at 2008-01-11 01:13
☆ NMさん

訳詞の中には、原詩の意味をある程度踏まえているものもあれば、なぜ、この詞ができるのだろう?と考えてしまうものまでいろいろあるように思います。日本語での詞は、まず初めに飛び込んでくるものなので、あとで直訳を読む機会があると、その差異に驚くこともあります。
そう考えると、訳詞、と言っても、その方の新たな創造になるのかもしれません。私ならこんな言葉で歌いたい、というのもありますが、まだ、新米なので、忠実に歌う域からでていませんが、そのうちに、私自身の言葉で歌えたらいいだろうな、と、夢のように考えています。