練習初め


年末に「歌いおさめ」を書いて以来
超過密の働きっぷりで
最後のレッスンでの録音をPCに落とす暇さえなかった

歌いおさめの日をはさんで2週間くらいの間に
老人ホームの件が山を越した
91歳になる叔母の棲家を探していたのだが
何とか年内に、病院から新居へ落ち着くに至った

叔母が動けなくなってから1ヵ月半
「待って」と言えない状況の中、大車輪で動いた
片頭痛で2度ほど倒れたりしたが
それでも、短期決戦


昨日元旦のお祝いをして
今日になってやっと少し時間ができた

最後のレッスンでもらった楽譜も整理しないままだし
練習の録音もICレコーダの中で年を越した
声を出す練習もしないままずい分過ぎた

‥‥‥‥‥

去年の話になってしまうが、
最後のレッスンの21日は先生の誕生日だった

みんなで相談して大きな花束を準備
ピアノの先生にお願いして
Happy Birthday を歌う予定に

その朝に限って、
先生の楽譜の入ったコロコロ(キャスター付きトランク)が
生徒さんの車のトランクに入ったままだったり
JRが延着だったり‥
大幅遅れで必死になって飛び込んできた先生
そのとたんに
♪ハピィバスディツーユー♪ の合唱
花束贈呈

全く予期されていなかったようで
先生は涙ぐんでしまわれた‥


と、まあ、そんなスタートであっても
レッスンの手はほんの少しも緩まない(笑)
喉慣らしにクリスマスメドレーから入る

発表会の選曲として
年内の最後に、また何曲か持ってきてくださった

黒一点の男性には
「私の神様」
「マイ・ウェイ」
初回の発表会に「神の思いのままに」を歌った方
‥神様シリーズのようだ

一曲目が「過ぎ去りし青春の日々」の彼女には
「いつの日か」
高い透き通った声の人だ

お孫さんが聴きに来られるという彼女には
「カナダ旅行」
お孫さんに一緒に歌ってもらえば楽しい、という選曲

私には、カンツォーネがお気に入りと言うことで
「愛は貴方のように」を

それ以外に、おまけとして
「全てが愛のために」と「人生は美しい」

め、いっぱいの時間を使って
最後のレッスンは終了した

‥‥‥‥‥‥

さあ、今年の私の練習初め

まだ、声を出して歌うところまで行かない
まず、録音を聴くところからスタート

「愛はあなたのように」は
一度で引き込まれる感じがなかったので
ちょっと考えてみることにする

「全てが愛のために」や
「人生は美しい」の方が、惹かれる気がする

「帰り来ぬ青春」も歌ってみたい

歌ってみたい曲がいくつもあるって
1年前から考えると何て贅沢なことなのだろう

1年前
私たちはそれぞれ、目の前の2曲しかなかった
半年間、2曲だけを見つめ続けた時間だった

ふらふらせずに、早めに決定しよう

私は練習に時間がかかるのだ
早く決めて、みっちり練習する
力もなく、器用でもない私にできることは
一生懸命練習することだけなのだから
[PR]

by sararaM | 2008-01-03 00:24 | シャンソン | Comments(2)

Commented by aqui at 2008-01-03 13:57
新年おめでとうございます。
前に進んでいることを実感しながら続けていけるのは素晴らしいことだと思います。
Commented by sararaM at 2008-01-04 00:58
☆ aqui さん

おめでとうございます。
おこしいただき、ありがとうございます。

あちこちで足踏みしながらですが、少しずつは前へ、です(笑)