スランプ脱出(笑)


片頭痛が何とか落ち着いてきた。

まだ首根っこに痛みがあるし、頭も重い。微熱もある。
でも、何とか動けるとなるとシャンソンの課題が気になってくる。

病み上がりかけの声だけど、とにかく歌って録音してみる。

ところが‥
何とも、ひどい声‥
重く、沈んで、聞くに堪えない‥  ご愁傷様とでもいいたくなるような‥

片頭痛が出る前の日も、イマイチな声だなあ、と思っていたのだが
こんなにひどいとは‥

体調のせいだろうか? 曲との相性なのだろうか?
いろいろ考えて、何度も録りなおしてみる。
できるだけ自分の気持ちを引き立てて、明るく歌ってみる。

それでも、ダメなのだ。

私、もしかして、もとからこんなにヒドイ声だったんだろうか‥ と自問する。
もしかして、自分が気付いていなかっただけで、
こんな声を人に聞かせていたのだろうか‥
これは、ひどすぎる‥
自分でも聴きたくない‥

地の底から湧き出るような声だ。

こんな歌いっぷりではレッスンに出て行けない‥ と思った。
習い始めて、たった1年で挫折するのか‥ おい!
発表会の曲が少しはマシに聴こえたのはなぜなんだろう?
長期間練習したからなのだろうか?
それも、自分が勝手にマシだと思い込んでいただけなんだろうか?

真剣に、悩んだ。
片頭痛がまたぶり返しそうな気さえ、した。

SONYの小さなカセット録音機で、何度も録ったり聴いたりを繰り返す。


ふと‥‥


小さなダイヤルに目が留まる‥‥


何‥ ?   これ‥ ?


細かい字をよくよく読んでみる‥‥


テープスピード‥ ?


何‥ ?  それ‥ ?


え~~~~~~~~~!!!!


くるくる回せば白い基準線が出てきた‥
と、いうことは、勝手に回ってたの、これ????

基準線を真ん中にして、恐る恐る‥ 再生‥


今まで通りの「自分の声」が流れ出した!!!!


普段は使うことがないので意識下になかったのだ。
使っているうちに勝手にダイヤルが回ってしまっていたらしい。
かなりの「スロー再生」になっていたのだ。

ほっとするやら、笑えるやら、馬鹿らしくなるやら‥



とりあえずは、たった1年でシャンソンをやめずにすんだようだ。
[PR]

by sararaM | 2007-10-14 18:19 | シャンソン | Comments(3)

Commented by misty at 2009-02-03 12:22 x
カセットテープの場合は、録音した機械と、再生する機械が違ってもスピードが変わることもありますね。
私の友達はMDウォークマンでMDに録音しています。

私もはじめは、カセットデッキを持って行ってレッスンの様子を録音していたのですが、巻き戻したりするのも面倒だし、ステレオにつなぐとスピードが変わるので、最近はボイスデコーダを使って録音して、それをステレオにつないで勉強するようにしています。
ICデコーダだと、小さくて軽いし、帰りの電車の中でもイヤホンで聞けるので便利ですよ。(*´∇`*)
Commented by sararaM at 2009-02-03 12:39
☆ mistyさん  
今となっては懐かしい笑い話です(笑)
レッスンなどはICレコーダで録音して、すべてPCに入れています。
家で、自分で歌う練習を録音する時に
小さなカセットを使って、10分テープで、表、裏、と
入れては聴いて、また上から入れて‥
という感じで使っています。
その場で、単体で使えるところが便利です。
Commented by misty at 2009-02-03 12:45 x
おー!なるほど!
私も、そうしましょ!