イメージ


初めての発表会に向けて動くとき、一番最初に何があるかというと、

私の場合は「挨拶」なのだ。

最初の挨拶をすると決まったときから、挨拶の骨子はほぼ決まっていた。

そして、その挨拶ができるように当日に向けて努力する。

最初に「こんな発表会にしたい」というイメージを持つのだ。

発表する曲についても同じ。

自分がこんなふうに歌っている、というイメージを持つ。

そして、それを可能にするために歌の練習をし、

仲間たちと発表会の形を作り上げていく。

結果、私は、最初に考えたそのままの挨拶ができた。


実は、

初回が終わった時から、2回目の発表会の挨拶は、すでに私の頭に、ある(笑)

そのイメージを持てている限り、たいていのことは進めていける。


でも、自分のソロライブのイメージは、まだ創れないんだなあ。
[PR]

by sararaM | 2007-10-03 08:10 | シャンソン | Comments(0)