ソロライブ


私のネームカードの「一言」には、「めざせソロライブ」と書いてある。

そのソロライブなのだが、先生が「誰かしない?」とのたまう。


私たちの教室はこの10月で、丸1年になる。

中には別の先生に習っていた人やコーラスをやっていた人もいるが、

私は「音楽無関係歴○十年」だったのだ。

正真正銘、音楽というものに触れて1年経っていない。

そんな私は、自分が今「ソロライブ」をするという現実はまだ見えてこない。


先生は、習い始めて1年と少しで「ソロ」をやるのが

1番伸びるし、値打ちがある、と言われる。

発表会でのそれぞれの伸び方を目の当たりにした私は頭ではわかる。

やれば、うまくなる、というか伸びるだろうという気もする。

だが、実感を伴わない。


以前、そんな話が出たとき、

3年か4年先くらいに、何かの記念日に歌えたらいいな、というようなことはふんわりと考えた。

しかし、今、半年先くらいを目指してスタートできるだけのパワーが充填されているか?

というと、はなはだギモンだ。


こういうのは、勢いでエイヤッ!スタートを切れば、何とかなるものだろうとは思う。

そして、やった値打ちはあるだろうとも、思う。

でもなあ、ちょっと、踏ん切りがつかない。
[PR]

by sararaM | 2007-09-10 09:46 | シャンソン | Comments(0)