喜寿に乾杯!


グループレッスンのメンバーは年配の方々が多いのだが、

実年齢を明言している方は少ない。

黒一点の男性。

歌う前のMC?(ちょっとしたオシャベリ)で、カミングアウト(笑)

10日の誕生日で喜寿を迎えると。

何と、めでたい!


この方がうちの教室の最高齢でいらっしゃったのか。

この間の発表会では、タキシードを新調された方だ。

今年喜寿ということは、昨秋、シャンソンを始めたのは76歳ということになる。

そうなんだ!

50の手習い、60の手習い、なんてよく言うけれど、

76歳のスタートなんだ。

若い頃からシャンソンが好きで、たくさん聴いてこられたそうだ。

しかし、聴く側から、自らが歌う側へ回るというのには大きなパワーがいる。

やってみようという、気持ちのしなやかさが心地よい。

1歩を踏み出せば、そこには大きな新しい世界が広がる。

でも、その1歩って難しい。

それは、年齢ではないのだと思う。


こんな先輩方に囲まれて、

私は、これからまだまだ新しいことができるんだ、と元気が出てくる。


私自身も、思いもかけなかった世界に、今、いる。

これから先、どれほどたくさんの、「予想外」の世界がまっているのだろう。

すべては、自らが、一歩を踏み出すかどうかにかかっているのだ、と思う。
[PR]

by sararaM | 2007-09-08 22:52 | シャンソン | Comments(0)