歌が変わる‥「ちゃんと」の次 2


「黒い鷲」 私のストーリーを創って、歌ってみると、

もう、以前のようには歌えなくて、驚いた。

明確なストーリーが自分の中にできると、歌が変わるんだ、そう思った。


指摘されたレッスンのころから、体調が下り坂で、咳がひどくなっていたのだが、

その後、咳き込んで眠れないくらいになり、高い熱まで出してしまった。

めったにかからない医者に行ったら、どうやら肺炎らしい。

レントゲンを撮られたり、血液検査をしたりして、点滴まで打たれた。

会話も咳き込んでできないくらいだったから、

歌の練習なんて、もってのほか、だった。

声に「色」がなくなってしまって、呼吸音?だけでかろうじて会話をしていた。


そんなことで、次のレッスンまでの2週間、1度も歌えなかった。

レッスンそのものも、まだ熱があり???だったのだが

今の私は、何でも聴いておきたい、吸収したい、という時期なので

録音するだけでも、と、出て行った。


先生を前にすると、やっぱり歌いたい。

ストーリーを作り直した後の歌を先生がどう言われるか。


ほとんど出ない声だったけれど、私のイメージの黒い鷲を歌った。

よくなった、と褒めていただいた!

その上で、そう表現したいのなら、と、いくつかのアドバイスをいただいた。


声を出して歌うだけが練習じゃないんだ、と、改めて思った。

そして、歌は変わる。

これも、実感した。


身体はキツかったけれど、精神的には充実したレッスンだった。
[PR]

by sararaM | 2007-08-11 10:16 | シャンソン | Comments(0)