お出かけと歌のリハビリ その4

当日は雨模様。
雨雲レーダーをにらみつつ
合間を縫っていけたらいいなと思いつつ・・

会場は初めてのところ。
バス・電車・地下鉄・地下鉄・地下鉄?
大阪の地下鉄は縦横に走っているが
ラインが違うと何回かの乗り換えが必要になる。
そして、同じ駅名なのに
乗り換えに数分、
上がったり下りたり歩いたり、する。
今回は運悪く、そういうつながり。

地上へ出るとあいにくの雨。
プリントアウトした地図をみながら
(スマホじゃないところがね~)
数分歩く。
マンションの2階の1室。

おそるおそるドアを開いて声をかける。
多恵子さんの驚いた顔。
ごめんなさい。私はいつも突然です(笑)

居間を2つつなげたようなところにグランドピアノ。
アットホームな雰囲気。

譜面は?と問われ、
一応、持ってきたけれど・・と。

前夜、仕舞い込んでいた箱をひっくり返して家探し。
以前歌っていたから、今歌える・・わけがない(笑)
それでも、秋の初めには
私を呼ぶ歌がある。
今歌わずにいつ歌うのよ!と言われる気がする。

ジャンルに関係なく、ほんとに気楽に。
という言葉に甘えて、歌わせていただくことにする。
ピアニストさんに譜面を差し出す時
心臓がドキドキ。
あら?!私、緊張してる??


1部のプロのお歌の前に4人。

マイクを持つのもピアニストさんの伴奏で歌うのも初めての方。
「もみじ」
みんなでともに口ずさみながら。
私は「サンフランシスコの6枚の枯葉」
お客様の中でサンフランシスコ帰りの方がいらしたような・・
いや~ 声出ない(笑)
でもまあ、いいか。
秋の初めだもの。
めったに歌えることのない歌だもの。
「コーヒールンバ」は
もうあちこちで歌っておられるらしい方。
そして男性の方は原語でゲンズブールの
「ラ・ジャヴァネーズ」(たぶん)

さて、お待ちかねのライブ。
メモを取らなかったのでセットリストは定かでない。

初めて聞く河合さんの声は
予想よりもしっとり低い目。
「あとにはなにもない」の雰囲気が素敵だった。

「風うたい」は私の友人が好きなシャンソン。
今までそれほど惹かれることがなかったのだが、
葛木さんの「風うたい」を聴いて
友人がこの曲を好きなことがなんとなくわかった気がした。

始まる前に葛木さんにお伺い。
もしかまわなければ、大阪弁のシャンソンを何か聴かせていただけたら、と。
快く受けてくださり、
セルジュ・ラマの
「あなたが好きでたまらない」を歌ってくださった。
♪めちゃ 好きで好きで好きで♪
ありがとうございます。よかったです。

しばし、休憩。

・・まだ続くのか?!伸ばしているだけ?



・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-10-13 11:17 | シャンソン | Comments(2)

Commented by くじび・・・ at 2016-10-16 07:48 x
なんとか頑張って奮い立たせておられるようですね。
どこぞの誰かみたいに野次馬根性での物見遊山では無くて
目的がしっかりしているからなんとか重い足も進んでくれるのでしょうね。

余談を言わせてもらうと、まだ大阪の地下鉄で良かったですよ。
東京はもっと縦の移動も深いし、横も一端地上に上って
数百メートル歩かされるところもあります。

ポジティブに考えるにはダメージが大きいとは思いますが。
Commented by sararaM at 2016-10-16 13:38
☆ くじび・・・さん
ありがとうございます。
何か「コレ!」というものをつくらなければ
何か月も電車に乗らない生活をしてしまいます。
食材にさえ困らなければ外へ出なくても十分楽しい家の中~(笑)

東京って、そんなに大変なところなのですね。
私、一生涯東京には行かないだろうと思っていたのですが
ネットのお友達が東京や周辺の方が多くて、
1度だけ、日帰りで出かけたことがあります。
その時も新幹線と地上の電車?だけで
地下には潜らなかったです~
行かないのが一番ですね(笑)