禍福は・・・・・


・幸いにも その1

3月。
母が89歳の誕生日を迎えた。
認知症は進んでいるけれど
私とともに美味しそうに鉄火巻を食べ
ケーキを喜ぶ。
ありがたいこと。

・幸いにも その2

母のお祝いに行こうと、準備。
いつも保冷バッグをカバンに入れている。
お寿司を買って持って行ったり、
帰りに食材を買ったり、重宝するので。
前回は低温窒素治療の日に使って、放置。
折りたたんで持って行こうとしたら・・・

出てきました!!!!!

こんなところに!!

指輪です!

指から抜け落ちたのは
スーパーで食材を買い、籠から詰め替えている時だったらしく
銀色の遮熱素材のカバンの底に。コロンと。

ご心配いただいた方、励ましていただいた方、
ありがとうございました!

母とおそろいの指輪は
母の誕生日に私の元へ還ってきました!


e0014720_1118614.jpg



・幸いじゃなくて・・

喜び勇んでご報告をしなくちゃと思っていたとき
尿に血が混じる。
トイレとの往復でその場を離れられない。
下痢もきついけれど、この初体験もきつい。
医者のはしご。

月1回の歌の練習はキャンセル。
ごめんなさい。
その日2年ぶりくらいに会う予定だった友人との約束もキャンセル。
ごめんなさい。
ただ今、検査待ち。

・ちょっとだけ幸い?

診断と処方が的確だったのか
症状はかなり治まってきた。
薬を飲んで治る、ということがめったにない私なので
これが「フツーの病気」というものか??
と、びっくりぽん。

いつも不調が通常の私は
病院へ行っても病名が付くわけでもなく
薬を飲んでも効くわけでもなく
体調が上下しながら
1か月、2か月で、少し治まった~ という日々だから。

う~わ、病気て治るんや~
なんて感心している。


60になって突然、初体験の症状が続出。
禍福はまあ、いろいろあれど、
6億円当たらなくていいから
ほどほどの健康と
平穏な日常がほしい。




・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-03-17 11:18 | 日常 | Comments(6)

Commented by CuniCo at 2016-03-18 17:27 x
Sararaさま

あらま・・・いろいろでしたね。本当に。。。

まずは、指輪、お誕生日に帰ってくるなんて(^ ^)
かくれんぼが少し長かったけど、良かったぁ\(^o^)/

ふたつ揃うと・・・素敵なリングがさらに輝きますね。
もうどこにも行かないでね。。。とつい声をかけてしまった(^ ^)

いわゆる膀胱炎は、疲れた時に出るという人もいます。
たかが膀胱炎、されど膀胱炎。
ひどくなると、かなりつらいです。

春先で健康な人でも、体調を崩す時期です。
ご自愛の上、お過ごしくださいね(^_^)v
Commented by くじび・・・ at 2016-03-18 23:36 x
善いことと良くないことが、結局はどうなんでしょうね?
それで均衡が取れている? というには悪いような気がします。

60を越えて1年を経験してきましたけれど「節目」を
しみじみと感じる年だったと振り返ります。

早めに老人力に慣れ親しみましょう!
Commented by sararaM at 2016-03-21 02:47
☆CuniCoさん
ありがとうございます。
おかげさまで、あきらめていたものが出てきました。
失くさないように、気をつけます。

急性膀胱炎、初めての体験でした。
薬は劇的に効きましたが
経験者の方々に言わせると
ぶり返したり、癖になったりするよ~
とのこと。

ウイルス性疣贅も突然増殖したり、
免疫力が低下していたのかもしれません。
無理なんてすることもない生活ですのにね~

よりいっそう、気を付けて過ごします。
Commented by sararaM at 2016-03-21 02:48
☆くじび・・・さん
そうですね~
さしひきすると、私の場合はかなりマイナスに傾いているかもしれません(笑)
でもまあ、それでくさっていてはお話になりませんから
しっかり受け止めて生きていかなくっちゃ、です。
Commented at 2016-03-21 16:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2016-03-22 19:54
☆・・さん
ご心配をおかけしました。
失くすこともそういう縁だったのだろうと、
ほぼあきらめていたのですが
まだ何とかつながっていたようです。
大事にします。

歌は少々停滞中。
自宅練習もなんやかんやでできていません~
そういえばお年は伺っていませんでしたね~
少し先輩だと思っておりましたが。

自論ですが
50過ぎたら個人差、です。
80を越えても現役で美しい友人もいますし
私のように、昨年まで50代だったくせに軟弱なものもいます(笑)