1月の歌練

カレンダーは2月になってしまったけれど・・

1月半ば。
今年初めての歌の練習。
もちろん歌い初め。

今月から練習場所が変わった。
乗り換えが1つ減る。

昨年からの継続。
「愛の讃歌」
永田文夫さんの訳詞で。
(♪空が崩れ落ちて~)
一番メジャーな岩谷時子さんの
(♪あなたの燃える手で~)
と比べると、
言葉が違うと声の出しやすさが違ってくるのが面白い。

私は「が」が苦手で
その上にラ行がきれいに発音できない。
ということは、
♪空が崩れ落ちて~
という出だしは、かなりつらいということ。

この歌を自分の言葉で歌えるようになるには
まだまだずいぶん時間がかかりそう。
でもとにかく、形を創って、自分の譜面をつくるところまでは頑張ろう。

もう1曲は「シェルブールの雨傘」
お稽古を始めて2年目の発表会で歌った曲。
訳詞は矢田部さん(のはず)
YouTubeで探しても
♪行かないでお願いだわ~
で歌っている映像はうまく見つけられない。

こちらは花木さち子さんと高木椋太さんで。
https://www.youtube.com/watch?v=Z9YKulJkqMw


その当時は、自分なりに必死で頑張ったけれど
たぶんいろんな意味で時間切れだったのではないかと思う。
もう一度きちんと仕上げておきたくて。
今も昔も、後半の歌う部分は息が続かない。
一息で歌い切りたいのだが。

焦らず、ゆっくり、行こう。
今はこのくらいのペースが合っているような気がする。


去年の真ん中あたりから
1か月に2回の外出が難しくなった。
1時間の練習だけは何とか出かけているが
それ以外にたまに参加していた歌う会などは
全く行けていない。
ますます歌から遠ざかる気がする。

でもきっとまた、行けるときが来るだろう・・
・・と、思っていよう。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2016-02-03 12:25 | シャンソン | Comments(4)

Commented by くじび・・・ at 2016-02-04 07:52 x
自分を自分の歌い方をよく見つめられていらして感心させられます。
私は他人に厳しく自分にはメッチャ甘いので見習うこともできません。

大阪人はタ゛行が言いづらい人種で
「淀川の水飲んで 腹ダダ下り」というフレーズを
『ヨロガワノミルノンレ ハラララクラリ』としか言えない人種だと江戸時代から言われていたようですが (^^)
【ラ行がきれいに発音できない】という方は初めて知りました。(爆笑)

『空が』の【が】は前に「ン」を挟む鼻濁音ではいけないのでしょうかね?
生姜の【が】のような発声でないとだめなのかなぁ?
Commented by sararaM at 2016-02-04 10:16
☆くじび・・・さん
おはようございます。
ダ行の例え話、面白いですね~
言うだけなら言えそうです、私(笑)

歌に関してはできないことだらけなのですが
気を付けていないと「が」が、ガラスの「ガ」に
なってしまします。
これは歌の中では汚いのですね。
鼻濁音の「が」でなければいけません。

シャンソンの発声はクラシックとポップスの中間の
ややクラシック寄りだと聞いたことがあります。
横開きの平べったい音になってはいけないようです。

私のラ行は、巻き舌もできないくせに
歌の中ではっきり発音してしまう、というか
言い表すことは難しいのですが
自分でもなんだかヘンだと思いつつ歌っています。
そういえば、風の「ぜ」という音も難しい。
歌詞には「風」と言う言葉は
めったやたらと多いのですよ~
こんなことを言っていると何も歌えません(笑)

♪あなたの燃える手で~
と歌う方が格段に私は歌いやすいです。
それでも、
♪空が崩れ落ちて~
の方を歌いたいのだから仕方ありません。
Commented by CuniCo at 2016-02-04 16:18 x
お久しぶりです。
月に一回、それもまたよし。
歌は、遠ざからない・・・
sararaさんのそばにあるから^_−☆

木下順二さんは、九州に疎開した時に、
九州ではあまり使わない鼻濁音を馬鹿にされ・・・
それ以来、鼻濁音にこだわったと聞いたことがあります。

綺麗な日本語・・・大切ですね。
でも、きっとsararaさんの歌には心があるから、
伝わるはず・・・

『シェルブールの雨傘』ライザミネリ素敵です。

いつか、sararaさんの生歌聴くこと・・・
それが、私の夢ですからね、よろしくです^_−☆

Commented by sararaM at 2016-02-06 16:34
☆CuniCoさん
お忙しい中、コメントありがとうございます。
その土地土地で発音には特徴があったりしますね。
プロの歌い手さんでもたまにサ行が?と聞こえることもあります。

ほんとはね、音程や発音やあれやこれやに
ビクビクしながら声を出すのではなくて
歌そのものに突っ走りたい気持ちが大きいのですが
それなら何のために練習しているかもわからなくなりそうで
基本的なことで習得できることがあるのなら
やって行こうと思っています。
できるなら、いろんなことを踏まえた上で
「好きなように」歌えたらいいなあ。

歌に触れる回数がどんどん少なくなっているのですが、それでも「やめた~」と言わなければ続けて行けるような気がしています。