落ちる

昨夜遅く急に体調が落ちた。

視界がやや妙な感じで
イスに座っていられなくて床にぺっちゃんこになる。
吐き気やめまいが襲ってきそうな予感。
トイレまでも危険な気がしてくずかご抱えて床に伏せる。
気温が落ち寒いが窓も閉めに行けない。
携帯はポケットにあるが、夫の携帯は居間に置いたまま。
家の電話をならせば気が付くかとも思ったが
夫を起こしてもどうなるものでもない。

これ以上ひどくなるな、と念じつつ耐え
2時間くらいで動けそうな感触。
ベッドにたどり着く。
毛布も掛けているのに足が冷たすぎて眠れない。
寒くて寒くて布団で震える。
アンカもベッドのそばにあるが起きだせない。
長い時間を経て眠りに落ちる。

何とかマシな状態で目が覚めた。

ヘンな感触は残したまま50%くらいの起動かな?
朝ごはんは食べられた。
頭の芯のジンとした感じが残っている。
熱っぽい。

こんなふうな体調の落ち方は一番困る。
頭痛・腹痛・発熱なら自分で対処できるし
疲労感もやり過ごし方は知っているつもり。

だけど、自分がどこへ持って行かれるかわからない感覚は恐怖だ。
そしてこの症状は医師に訴えても、何もできない。

とりあえず、自分の中を注意してみつめて
状態が転がり落ちないように気を付ける・・くらいか。
一度落ちると、戻すのに長い時間を要するから。

・・・・・・

久しぶりにランチの会を持とうと
友人たちにお伺いメールを送ったら
ひとりから、体調があまり良くないので、との返信。
電話をかけてみると
昨秋から胆管が詰まって、入退院の繰り返しという。
今も退院して来て少しいい状態だと思っていたら
急に体調が落ちて臥せっていると。
最初の声を聞いただけで、電話して悪かった!と思ってしまう。

お互いに元気でピンピンまではいかなくても
たまに美味しいものを食べに集まれるくらいには復活しようねと
そんな話をして電話を切ったのだった。

電話は一昨日。
そして私の昨日。
何がどう転がるかは知りえないそれぞれの明日。
低空飛行でいいから
落ち着いた日々がほしい。

そして、楽しめる日にはしっかり楽しまなくっちゃ、ね。




・・・
この文を打てる程度には復活しております。
どうぞ、ご心配のありませんよう。





・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2015-06-05 10:32 | 日常 | Comments(2)

Commented at 2015-06-08 12:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2015-06-08 14:44
☆・・・・さん
ありがとうございます。
やっぱりまだ頭がちゃんと機能していないようで
文章の形容が的確でなかったみたいです。

「落ちる」というのは、
体調が突然落ちて行く、急激に気分が悪くなる、
何か起こりそうな感覚に襲われる、
という意味合いで使ったので、
体調が「落ちる」です。
血の気が引く、に比較的近いのかもしれませんが
血の気が引いて意識を失いガラスに突っ込んだこともあるので
それと違うのも確かなのですが(笑)

2時間くらいで、というのも
どうなるかわからない感覚でじっとしていて
治まりそうだと思えたときには2時間たっていた、
という前後関係です。

こういうのは私のコントロール外の症状ですので
そのまま意識を失うか、
ひどく嘔吐するか
救急車を呼ぶ羽目になるのか
何もわかりません。
たまたま2時間でめどがったたので、とかったです。

私も三半規管が過敏すぎるようで
軽いめまい発作はよくあります。
このままなら生きていたくないというような激しい眩暈も
一度経験しています。
(そのあと何か月も電車に乗れなかったです)

風邪などは、まあ、何とかなる範疇で
私の日常は毎日そんなもんです(笑)
その程度でいいから、墜落はしたくないのでありました。

ご心配、ありがとうございます。