「逢いびき」


4月の練習記録。7日。

シャンソンを架け橋にして親しくしていた友人が急逝して3日後だった。
すぐに涙があふれてきて、家から出たくなかった。
でも、行かねば。

彼女が練習を始めようとしていた「逢いびき」を握りしめて。
全く歌えないレベルなので、メロディ付き伴奏をお願いし、持って帰る。
同じ音の上下が続く私の苦手なタイプの曲。
だけどきっと、練習している間は彼女と一緒にいられるだろう。

竹下ユキさんの歌で。

https://www.youtube.com/watch?v=az_ubE0Fm70


あとは、1年前に自分の課題曲として半年くらい練習していた
「パリの空の下」
歌えるというところまで行き着く前にステージ用の曲の練習に入り
ストップしてしまっていた。
歌ってみると、以前たどり着いていたところから何歩か
下がってしまっているようだけど、またぼつぼつと。

私はやはり音程が危うい。

例えば、ド・ミ・ソ・ド・ソ・ミ・ド と、ドの音だけもらってスタートすると、
戻ってきたときに「ド」に戻れない。
微妙に、時に激しく、ずれてしまう。
こんなだから、自分で歌っていて、
いつの間にか転調しているような感じになってしまうのだなあ。

・・・・・・・・・・

久しぶりに録音して聴くと、
なんでこんなに下手くそで進歩がないのだろう・・と
何もかも投げ出してしまいたくなる・・ことがある。
今までもよくあったことなのだが
ネットを通じての歌の仲間の叱咤激励に支えられて
気を取り直して、やってきた。

冒頭の、彼女が歌を歌いながら大きな病気と闘っていたのも
私が歌を続けている大きな理由であったようだ。

あったようだ・・というのは、
彼女がいなくなって、
何とも、力が抜けてしまい、
私はなぜ、こんなに苦手な歌を苦労して練習しているのだろうと・・
思ってしまったから。

彼女は私が歌うことを楽しみにしてくれたし
きっと今も、そうだろう。
彼女がいなくなったことが、
私が歌わなくなる理由になったりしたら、哀しむだろう。

だけど、何とも頼りなく、元気が出ない日々なのだ。



・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2015-04-29 18:12 | シャンソン | Comments(2)

Commented at 2015-04-29 23:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2015-05-02 04:25
☆ ・・さん
ありがとうございます。
改めてお便りしますね。