シャンソンクリニック3月4月

記録が滞っている。
書いておかねば5月のクリニックがやってきてしまう。

三宮で開催されているピアニスト吉田さんの講義。
とても親切丁寧で、素人にかみ砕いて話をしてくださる。
何もわかっていないような質問にも1つ1つ応えてくださる。
歌えるところは多々あれど、私はこの講義が好き。

1月2月は体調不良から脱却できずにお休み。
3月はライブ直後だったけれど、勢いで頑張った。

2月の、リズムの実戦を逃してしまったのは残念。
3月はリズムの講義(理論編)

もう私の知らないことばかり。
いや、それがリズムを表す言葉だと認識していなかったり。
「黄昏のビギン」のビギンて、リズムを表す言葉だったのね・・

詳細は、理解していない私が書くと誤りが多くなりそうなので
吉田さんのHPのまとめにリンクを貼らせていただく。
(ご了解いただいています)

http://44day.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

それぞれのリズムを表す言葉に対して、例えばこの曲、と
その場で弾いていただけるので、雰囲気がとてもよくわかる。
吉田さんのまとめのページにはそれぞれの曲にリンクが貼られているので
そこをクリックすればその曲を聴くことができる。
なんて親切なんだ!と、私は感動してしまう。

さて、この日私は、ライブで歌った曲をおさらいした。

こちらで初めて歌う「百万本のバラ」と
昨年とはテンポと歌い方が少し変わった「赤とんぼ」

「百万本のバラ」は松山善三さんの訳詞で歌ったのだが、
そのあと、誰の訳詞?と尋ねてくださった。
こちらも、いいね、と。
歌詞を聴いていただけたということがうれしかった。

「赤とんぼ」は、曲そのものについて
いい歌やね~ と、菊地陽子さんのお名前や
フォークデュオ IN THE WIND の名前をメモされた方がおられた。
前回はそういう反応がなかったので、
何か月かの練習で、自分の歌が少しは深まったのかなとうれしい気がした。


4月 楽譜の種類

友の急逝で、何もしたくない時だったが、
それで休んでしまっては彼女に叱られそうで。
いや、彼女を哀しませそうで。
自分を叱咤激励して、出かけた。

私たちが出会う楽譜は、楽譜集によりさまざまな書かれ方がされている。
私など何も知らないので、そのまま持って行けば伴奏をしてくださるのだと思っていたが、
実はそうではない、と。
たまに、歌う会などで、数枚以上の譜面をつなげて出される方を見ることがあるが・・
あとは、伴奏してくださる方が、その曲やシャンソンをどのくらいご存知かということも。
リズムを表す言葉も、その手助けになるということらしい。

まとめを頂戴する。

http://44day.blog.fc2.com/blog-entry-68.html


この日は、3月に歌った「百万本のバラ」の原曲にあたる
「マーラが与えた人生」を。
まだ歌詞そのものもカードを見ながらだし、自分で練習もしていないのに
ほぼぶっつけ本番で練習させていただく。
百万本のバラとは、構成が違うので、
口頭で順をお話したら、簡単なメモ書きを加えて、演奏してくださった。
かなりご面倒なわがままを言っている。
ごめんなさい。
何語かわからない(ラトビア語?)部分も、聴いた音と文字で適当に。
でも、一度、ちゃんとピアノで歌ってみたかったのだ~
新しく譜面をつくって、スタートしよう。

https://www.youtube.com/watch?v=Isn2Trf5JNI



もう1曲はシャンソンの「ひまわり」を。
ご存知ない方がほとんどだった。

今月はメンバーが先月来られていた方ばかり。
どこでも単独で参加して、たいていじっと黙っている私も
少しは会話ができるかな・・という感じ。

みなさん持ち歌が豊富。
いつも原語で歌われる方は、
イタリアの歌でも北と南は発音が違うから覚えるのが大変、とおっしゃる。
そうなのね~
何人かはピアノとヴァイオリンのライブステージに参加されるご様子。
私は、年1がいいところかな(笑)

なごやかに散会。

また行けるといいな。






・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2015-04-18 11:35 | シャンソン | Comments(2)

Commented at 2015-04-20 07:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2015-04-20 11:15
☆・・・・さん
それを圧して読んでいただき、ありがとうございます。
私も???なのですが
知らないよりは、雰囲気だけでも知った方がマシかな~
というレベルです。
難しいです~ 音楽は(笑)