クープレ・ルバート

前日の息子の急病が何とか落ち着いたので
私はシャンソンクリニックへ。

雨模様の天気。

吉田さんはクリスマスバージョンのベスト。

e0014720_1885120.jpg

e0014720_1891520.jpg


今回は自由な質問日。

質問を用意してきた人、と言われて見回すが誰も手が上がらない。
・・じゃあ、いいかな?私、質問しても・・

シャンソンに独特な語りの部分や歌い方の形容。
クープレ・ルバート・語り・セリフ・バラード・・
なんとなくそれぞれ違う感じで使っているのだが
もうひとつわかっていない。
どう違うの?と聞かれれば答えられない。
だけど感覚的に
「前半、ルバートでお願いします」とか
「途中でセリフ入ります」とか言っている。
でも、クープレとルバートはほんとうにわからない。

かなり細やかに説明していただき、
そこへ他の方々の「こういう場合は?」というような質問など入り、
何だかわかった気でいるのだが、
ここへ文章で書いて正確にまとめられるか、やや自信がない。
とりあえず、自分でわかったつもりのことを書いてみる。

なので、以下の部分が吉田さんの説明そのものだとは思わないでいただきたい。
あくまでも、私の理解なので、誤りがある可能性がある。

クープレはルフラン(歌う)と一対の言葉で
曲の構成の際に
フランスの昔の曲では
前語りの部分と歌う部分で構成されていた。
その前語りの部分をクープレと呼ぶ。
ただし、日本語で「語り」と言ってしまうと語弊が出る。
クープレを正確に表す日本語はないと考えた方がよい。
クープレはクープレ。
クープレの部分はフリーテンポで歌われるときが多いがメロディはある。

例えば、今回何人もの方が歌われた「枯葉」などは
前半がクープレ、後半がルフラン。

ルバートはテンポルバートということで
テンポに関して縛りがない、いわゆる自由に崩して、という感じ。
語りではない。

クープレとルバートは異なる種類の言葉。
なので、「枯葉」のクープレの部分をルバートで、というような言い方ができる。

バラードは曲調を表す言葉。
ゆっくりとした調子の曲。
しっとり歌い上げるような曲調を表す。

ただ、使われるジャンルによって、何を指し示すかがやや異なる場合もありうる。

曲が始まるまでに物語のように曲の説明を入れたりするのは「セリフ」

歌の伴奏をするときに、
歌う人から「・・・・・でお願いします」と言われて
歌い始めてみると違う意味をさしていた
というのはよくあることで
シャンソンの伴奏をしている奏者ならたいていそれで対応はできるとのことだった。
ああ、きっと、知らないうちにいろいろカバーしていただいているんだ・・

みなそれぞれにじぶんの譜面など見ながら盛り上がる。

そのあと歌に移ったら、
「最初クープレで入り、あとルフランで。途中にセリフ入ります」
などと、言う方が多く、楽しく進んだ。

季節柄「枯葉」を歌われる方が複数おられて
日本語でしっとり、や、フランス語、
途中からジャズ、など、何曲聴いても、それはそれで楽しい。

私のメモ書きから。ミスはご容赦を。

・ふるさと
・ピノキオへの手紙
・枯葉(日本語)
・枯葉(仏語)
・幽霊
・初恋のニコラ
・風のささやき
・ラ・ジャヴァネーズ(仏語)
・枯葉によせて
・マドモアゼルシャントゥブルース
・枯葉(日本語・仏語)
・白い夜

・限りなき世界
・サンスーシの女
・小雨降る途
・心遥かに(伊語)
・アムステルダム
・古きパリの岸辺に
・恋の病
・あじさい娘
・いとしき悪魔
・ウィ・ジュラドール
・黒い鷲
・自由を求めて

毎回のことだが、歌い終わるたびに、
それぞれの譜面に書き加えることなど丁寧に教えてくださる。
音符の足りないところ、
コードの誤りなど。
これが、クリニックたる所以。
講座とともに、私が遠くても参加したい理由。

私は和歌山ライブ以来2年ぶりの「ピノキオ」
セリフは吉田さんを題材にしゃべらせていただいたが・・
大阪ではたいていわっと盛り上がるか大笑いしてくださる。
和歌山では笑いとともに拍手をいただいた。
神戸は・・反応なし~
地域柄、オシャレな街ではだめなのね(笑)
中身が真面目すぎたかな・・
笑いを取れずに、反省~


外はもう夕闇。
三宮の駅前に「はばたん」が、いた。
選挙のPRのようだ。

e0014720_1895213.jpg




まずまずの体調で元気に参加したのだが
(前日の緊張はあったかもしれない)
雨模様で着て出たトレンチコートが肩に重い。
帰りの通勤ラッシュに巻き込まれ、車内が蒸れる。
自分の調子が急激に下がって行くのを感じて、少し緊張する。
後半の地下鉄の中で
ここで倒れて救急車だとちょっと困るな、などと頭を巡らせる。
カバンは口の開いたトート。
あ~ 意識を失うとこれは困るな~
やっぱりファスナーがついていないとだめだなあ・・
訳のわからない算段をしている。
いろいろ前歴があるので、つい考えてしまう(笑)

へろへろになりつつ、何とか家までたどり着いた。

昼は食べていなかったが、夜はうどんでやっと、だった。


それでも。

今日は微熱と頭痛でへばっているが寝込んでいない。
上出来だ!
褒めてやろう!

選挙も行くぞ!!

・・・・・・・

内容に訂正が入る場合があるかもしれません。
その場合は、その都度、書き足します。





・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-12-12 18:11 | シャンソン | Comments(2)

Commented by くじびき ・・・ at 2014-12-12 23:19 x
こんばんは。
なんか頭で考えると難しくて分らないですね。
ただ趣味の世界で聴く人なんで、知らなかったことに
させてもらいます。  (^^ゞ
Commented by sararaM at 2014-12-12 23:54
☆くじびきさん
聴く分には、何であってもいいことです~
歌う側は、ピアニストさんに、
こんなふうに歌いたい、と伝えなくてはいけないので
できるなら正確に伝わるように、と。
でも、シャンソンの伴奏をしてくださるピアニストさんは
みなさん凄腕なので、
私のような素人のハチャメチャな歌でも
きちんと「歌」にしてくださいます。