全調で歌う


先日、2か月ぶりにピアニストさんのところへ練習をしに行ったときのこと。

今練習しているのは「パリの空の下」

♪パリの空の下に響く~~ 歌は若い息吹をのせ~
この歌詞で歌っている方がみつからなかったので
グレコで
https://www.youtube.com/watch?v=MQ6s4eOpUFk




原調の1つ下でメロディ付き伴奏をもらっていて
あまり練習できていない状況で、出て行く。
ダウンしている内容にもよるが、
片頭痛でアウトになると、しばらくは音を聴くことができない。
なので、2か月の期間があっても、練習はほんの1週間そこそこ。

いつも、私はKeyを決めにくいタイプだと言われる。
今まで、普通より高い目で練習してきているのだが
それが果たしてドンピシャのKeyなのか、と、いつも悩んでいただく。

Keyを変えて歌ってみても
それがとても歌いにくい、ということもなければ
とても気持ちよく歌える、ということもない。
どこであっても、何だかな~という感じで、
でも精一杯歌っています、という状態。

たぶんどれでも歌えるのだろうけど、
どこかにドンピシャなKeyがあるはずなのだけど、と。
めったにしないことだけど、全調やってみましょう、と。

Dmからスタートして
Cm
Bm
Am
Gm
Fm
と下がっていく。
さすがに下の方の音はしんどいかも。
ここで原調Emに戻って急に高くなる。
だけど原調も一時は練習していたので、出ることは出る。

結局、何とか全部歌えるのね(笑)

自分が気持ちよく歌っている、ということと
聴き手にも心地よい、ということは異なる場合も多々ある。

私自身はほとんどずっと高い目で歌ってきているので
高い目の方が歌いやすいような気がする・・が。

録音したのを聴いて、どう聞こえるかという方向から考えてみる。


果たして、私の声は、どこに???





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by sararaM | 2014-07-27 23:37 | シャンソン | Comments(4)

Commented by くじびき はずれ at 2014-07-28 22:36 x
この時期の「パリの空の下」って日本より涼しいのでしょうかね?

オーバーヒートしない程度にご自身なりに楽しんで歌われるのが
一番の暑気払いにもなるのじゃないですか? (^.^)
Commented by sararaM at 2014-07-29 09:36
☆ くじびき はずれ さん
パリは大阪よりは涼しいのでしょうね、きっと(笑)

楽しく歌うためには、気持ちよく出せる「声」を探さないといけないのですよ~
もともと歌には縁がないので歌い慣れていなくて。
いい気分で、歌いたいですねえ(笑)
Commented at 2014-07-29 21:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2014-07-29 21:42
☆ ・・さん
欧州も最近は異常気象で、
スイスにクーラーが必要になったり
大雨で美術館が水浸しになったり、大変ですよね。
夜が長いから、音楽や演劇や、楽しむものが盛んになるのでしょうか。
Keyは本来なら先生に決めていただきますよね。
でも今は私はフリーなので(笑)
ピアニストさんの耳が、Keyが違うんじゃないか、と思われることもあるようですね。
また、先生の立場では、練習しているうちにここは出るようになる、と思われたりすることもあるのだろうと思います。
自分がよくわからない、ということろが、困りものです(笑)