3回目の


21日。

今月2回目のカルチャー。
今日は順番が回ってくるはずの日。

春に会員になって初めての発表会、ということで、
あと半月というのに何もわからないまま。

今日やっと、パンフレットが配られた。
カルチャー全体での音楽系の発表会という形式。
学校の文化祭みたいな感じだろうか。
私の所属するクラスは、何と、プログラムの最後。
夕方4時ころスタートの予定になっている。

18人のエントリーで、私はたぶんトップバッター。
(前におひとり名前があるが、お休みではないか、ということで)


Keyを決めるために、1番だけ歌ったのが1回目。
先月、通して歌ったのが2回目。
そして今回、通して歌って3回目。
予想ではこのまま本番に入りそう。
(リハ、音合わせなどなし)

で、3回ともに同じところの指摘を受けてしまった。
最初の前半、バラード部分を急ぎすぎる、ということ。
もちろん、2回目のあと、そこに気を付けて直したつもりなのだが。

今まで、クープレにするときはたたみかけるような感じで言葉を走らせた。
その感覚が残ってしまっているのかもしれない。
全く違うものとして、もういちど構成しよう。


当日は、カルチャーの音楽部門で参加表明したクラスが出演するので
全部で13になる。
コーラス・民謡・フルート・ハープ・唱歌・カンツォーネ・シャンソンなど。
こういう形式なのに入場料が無料でなく1000円。
会場がいいところだからかなあ。それとも一般的なのだろうか。
今日支払ってきた参加費もお安くない。

初めてのこととはいえ、
参加費がわからないまま参加表明して練習が進むというシステムはどうかと思う。
それぞれの懐事情というものがあるのに。
名前がプログラムに載っているのに、いまさら出ませんとは言えない。

こういうのは、会員になるときには何もわからない。
お稽古を続けるのって、たいへんだ。
[PR]

by sararaM | 2013-10-22 10:33 | シャンソン | Comments(0)