唄を創る


私の月曜日は、たいていお疲れ。
土日に息子が帰ってくるので、
夜更かしの相手をしていたり、ご飯を作ったり。
何種類かのおかずを持って帰らせようと思ったら、
料理が得意でない私は、半日くらい、台所にいる。

で、月曜日はお疲れなのだ。

その月曜日に、残念ながらカルチャーがある。
日曜の夜遅く、息子を送り出してから譜面をそろえたりして睡眠不足。
たいていはへろへろと出かけることになる。

それでも「ひまわり」のルバートにOKが出たし、
自分なりにルバートのつくりも変えてみたし、
ちょっと楽しみで雨模様の中、でかける。

前回は全員のKey決め。
今回からきちんとした指導に入る。

それぞれの人に指導をされている内容は
とてもよく理解ができ、勉強になる。
とくに歌のめりはりというか、気持ちをのせるための創り方というか、
納得できるところが多くて、
私は自分の歌に置き換えて聞いている。

それはそれでいいのだが。
とても勉強になるのだが。

・・・私まで順番が回らなかった・・・
それは最初から聞いていることだし、
20人のうちのちょうど半分までしか回らなかったので
半分の人は、その日はレッスンなしだったのだが・・

う~ん。
やっぱり、歌いたいね。
これは、抗議でも愚痴でもなく、単に気持ち。

次回までの2週間。
私は、
私の歌ならば先生はこうおっしゃったであろう、と、
他の方への指導を思い出しながら自己チェックして、練習するのだ。
[PR]

by sararaM | 2013-09-05 01:07 | シャンソン | Comments(4)

Commented by 陽子(ひろこ) at 2013-09-05 21:29 x
にしめです。
facebookをされていないsararaさんにも、こちらの名前で語りたくなりました♪

歌のレッスンって、結構アスリートっぽいなぁと、
いちいち驚くのでした(笑)
Commented by sararaM at 2013-09-06 01:35
☆ 陽子さん
「ひろこ」さん、とお読みするのですね。
素敵だなあ。
お名前のごとく、笑顔が素敵な方に成長されたのですね。

私は趣味でやっている程度なので
真面目に熱心に練習、と言ってもたかがしれていますが
クラシックの道に進もうと思ったり、プロを目指したりすると
練習はアスリートのようなものかもしれませんねえ。

驚いてもらえるなんて、何だかうれしいな~
絵の世界のお話を聞くと、きっと私が、いちいち驚くのでしょう(笑)
Commented by 陽子 at 2013-09-06 08:16 x
笑顔はともかく(笑)←(未だ自信がない)
通販で、ちゃんとフリガナふっても「ようこ」と呼ばれて辟易していましたが、
友達は「ひろこ」と知っているので、電話でのセールスかどうかの判断に役に立つと息子たちは言っています(笑)

そうそう。歌のレッスンって、そういうものなのか!という驚きです。
まだまだ知らないことがいっぱいあります。
好奇心がどのへんまであるのか、それも未知。
Commented by sararaM at 2013-09-06 18:27
☆ 陽子さん
そうですね。
初めてではたぶん、読めないですよね。
でも、いろいろな思いが詰まったお名前でしょう。素敵ですよ。

陽子さんはご自身が歌ってみようとは思われないのですか?
私よりよほど、音楽がお好きだと思えるのに。