弦の調べに



オフホワイトの中折れ帽を被り
三つボタンのスーツの紳士が弓を構える。
やわらかに弦に下ろされた弓は、えもいわれぬ調べを奏で始める。





終わって、みんな口々に言った。
「気持ちよかった~」

間奏はあまりにも美しく心地よく
思わず、そのまま聴いていそうになったと。


優しさがにじみ出ているような演奏だった。
私たちの拙い歌唱が、戸惑うことのないように
ほんとうに気遣いながら演奏を入れてくださっているような感じを受けた。


最初の発表会で、初めてピアノ以外の楽器、
ドラムとベースがバックに入った時も思った。

気持ちいい~

そして今回も。

ヴァイオリンの音色は、とても、心地よかった。





前日の夜は、日付が変わっても練習していた。
録音してみた歌は、あまりの出来の悪さで
何度も繰り返して歌っては録り、を、繰り返していた。


当日は朝10時集合。

久しぶりに商業施設開店前のドアの前で待つ。
開店と同時に5階までエスカレータ。
一番乗り。
私が待機していた入口がスタジオに一番近かっただけで
すぐにみんな登場。

小さなスタジオに飾り付け。

その間、ピアニストさんはバイオリニストさんとロビーで打ち合わせ。

スタジオに小さなテーブル付き椅子を並べる。
カルチャーのスタッフの人と、一般の人が十数人、お客様。

最初の20分ほど、
「サプライズ・ライブ」という名でスタッフの方や一般の方にも聴いていただく。

・ 情熱大陸
・ チャールダーシュ
・ 私の心はヴァイオリン(ヴォーカルが入る)

あとは私たちの内輪のクリスマスミニコンなので
誰もいないはずだったのだが‥
~よろしければ、続いてどうぞ~ という先生のご挨拶に
たった一人‥ お客様が残っていらっしゃった!!


1部

1  私の孤独
2  愛は君のよう
3  小さな汽車
4  あとには何もない
   小雨降る径
5  キャバレー
   愛の讃歌
6  もしもあなたに逢えずにいたら
7  ロマンス
   モンマルトルに帰りて

2部

1  すみれの花咲く頃
2  明日月の上で
   人生は美しい
3  ろくでなし
4  街
5  哀しみのソレアード
   兵隊が戦争に行くとき
6  カンツォーネ
   枯葉
7  友よ目覚めよ
   詩人が死んだとき


ひとり3曲なので、
1部に2曲歌う人と2部に2曲歌う人がいる。
順番は前回くじ引きで。
私はどちらも6番目。
どちらで何を歌うのか?は、当日プログラムを見て、知る。

危なっかしい曲が2曲とも2部で、続けて歌うことになってしまっていた‥


バイオリニストの立ち姿というのは、美しい。
そして、音色も美しい。

1部の「もしもあなたに逢えずにいたら」は
先生のご指導も受けているし
何といってもかなり昔から練習してきた曲。

自分の気持ちに余裕があると
歌っているときもバイオリンの音色を聴くことができる。
前奏はしっかりと。
1番の間は全く伴奏がなかったが
2番から伴奏が入り
とてもいい気持で歌えた。

2曲の時にはMCもはさむように言われている。
どの2曲になるかわからなかったから
おしゃべりも出たとこ勝負(笑)

そして、
「カンツォーネ」はさすがに緊張。
ピアノがどう弾かれるのかもわからない。
私が聞いたことのない調子の伴奏。
ピアノの調子で、入るところを計っていた私はドキドキだった。
このときは残念ながらヴァイオリンを聴く余裕はなかった。
間奏は、主旋律をバイオリンで入れてくださった。
後半、かなり声を張り上げてしまって
コントロールできていない音色になってしまった気がする。
しかし、初めて歌ったにしては上出来、ということにしておこう。

「枯葉」
歌いこんでいないので、何とも、不安な歌いっぷり。
何と、初めて、歌詞をミスってしまった!!
それでも最後まで行き着いて、
歌が終わった後の長い後奏を、とても気持ちよく聴いていた‥
‥ら‥ ??あれ?? もう一度繰り返すの???
という旋律に突入していて
あわてて、出だしが欠けた状態で歌い始めた(笑)
そういう打ち合わせはしていなかったのだが‥
まあいい。
余分に歌わせてもらって、嬉しかった。

2週間の詰め込みにしては、よく頑張った。


‥最近私は自分に評価が甘いようだ(笑)


「カンツォーネ」は、
ほんとは最初の部分を日本語の訳詞で歌いたかったのだ。
それもずいぶん練習したのだが
日本語になるとどうしても音が取れなくなってしまう。
ギリギリまで迷ったが
今回は全部イタリア語で歌うことにした。
いつかそのうちに、最初の部分を日本語訳詞で歌ってみたいものだ。


今回改めて思った。

私は曲になじむのに時間がかかる。
そして、
自分で納得いくまで練習できていない曲は
それだけで心臓がドキドキしてしまう。
完成度とは無関係に。



3回目のクリスマスミニコンは

ヴァイオリンの初体験。

3曲発表も初体験。

MCを入れるのも初体験。


この歳になっても、初体験、は、いろいろできるものなのだ。




当日の服装‥

「オシャレしていらっしゃいね~」ということで‥

オシャレな服、というのが、あまり、ない。
内輪だけなら気にもならないが
バイオリニストさんもみえるし、スタッフの方々も入っていただく。

考えても、ないものは、ない(笑)

黒のぴったりめのパンツ。
黒のハイネックシャツに
フレンチスリーブのベストっぽいセーター
毛の光沢感とモコモコなのが気にいっている。(珍しく)

髪を切ったのでイヤリングはステージ用の大き目のもの。
ネックも、コシノヒロコで見つけた「ヘン」なもの。
普段はこんな大きいのはつけない。
1粒のイヤリングだけ。

ま、いいか~

私は、 こんなものだ。


e0014720_1227466.jpg


e0014720_12274110.jpg

[PR]

by sararaM | 2009-12-22 12:27 | シャンソン | Comments(6)

Commented by sarah000329 at 2009-12-22 14:19
よかったですね~。
ほらぁ 楽しかったでしょう! 笑
楽器が増えると音の厚みも増すし、色んな音が入ってくるから
絶対楽しいです。ピアノ一本も勿論シンプルでいいですけど。

衣装もご自分では「こんなもの」なんて仰ってますが
ステキじゃなりませんかぁ~ 十分お洒落だと思います。
スラッと背の高いsararaさんにはピッタリです。

AKIさんを下のコメント見つけてしまいました。
AKIさんのところでもsararaさんを。(^m^)♪
いいですね。こんな風に友情の輪が広がっていくのは。
Commented by sararaM at 2009-12-22 14:55
☆ SARAHさん
は~い!
とても、気持ちよかったです。
きっと、腕のある方だったからでしょうね。
気持ちよく歌わせていただいた、という感じでした。

私、ロングスカートって、持っていなくって(笑)
昔、着ていたスーツは膝上までのタイトのとてもかっちり型でした。

AKIさんは、SARAHさんのお師匠殿の写真から巡っていってお会いしました。
もう、ほんとに、ため息の出るような写真を撮られる方ですねえ‥
超お忙しいのに、こんなところまできてコメントをいただいて恐縮しています。
とても、律儀で誠実な方なんだなあ、と思いました。
SARAHさんは、ほんとに、いい方々に囲まれていらっしゃる。
これこそ、人徳!!
Commented by summerbunny at 2009-12-22 22:22
いくつになっても初体験はドキドキして、終わるとほっとして、世界が広がって、楽しいものですね!

衣装、「内輪のクリスマスミニコンサート」にぴったりの素敵なものだと思います。「特別」だけど「がんばりすぎてない」のうまいところをいっているのではないでしょうか。ちゃんと暖かそうだし(笑)
こういうときの衣装選びって、すごく難しそう・・・

お疲れ様でした♪
Commented by sararaM at 2009-12-23 12:37
☆ summerbunny さん
summerbunny さんに服装を褒めていただくと、とっても嬉しいです。
今まで、シンプルを信条としていたのですが
最近はステージを意識して、遊べるようなアクセにも目がいくようになりました。
カーテンが1枚開くだけで、いろんなものの見え方が変わるんだなと感じます。
Commented by glass-jaw-hopper at 2010-01-01 00:27
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
Commented by sararaM at 2010-01-02 03:09
☆ glass-jaw-hopper さん
おめでとうございます。
こちらこそ、よろしく、です。
2010年がglass-jaw-hopper さんにとって佳い年でありますように。