リベンジ完遂


いつ以来かわからないくらい久しぶりの遠出。

大阪へ出かけるのも、私には遠出だから
これは遠出の2乗くらい。


和歌山の紀三井寺へ、SARAHさんのライブに行ってきた。

昨年、飛び込みで行ってびっくりさせよう、なんて思ってた地元ライブ。
準備して着替えている最中に片頭痛の発作が出て、御破算になった。
その、リベンジ。

今回はいくつもの「大事なこと」が重なって。

1つ目 ブログで2年以上のお付き合いのあるSARAHさんに初対面。

2つ目 師匠殿である、麻生恵さんの歌。

3つ目 私の絶対的存在のピアニストのK氏が伴奏。

4つ目 シャンソン勉強中の和歌山のお友達に会う。

5つ目 超サプライズ。SARAHグッズを届ける。

これだけいろんな要素が重なると、気合が入りまくりで
前日からハイになって、なかなか寝付けなかったくらい。


朝から、光の輪っか、出るなよ~~と呪文を唱えつつ
想定できる限りの薬を準備し
何年ぶりかに乗り物酔い止めの薬まで飲んで、備えは万全?!
気合を入れて出発!


和歌山のお友達が、電車の時刻表まで調べて、送ってくれたので
それに従って動く。
バス、電車からJRに乗り継ぐ。
関空・紀州路快速という列車。
前半分は関空へ、後ろ半分は和歌山へ、行く。
ロマンスシートに座るのも久しぶり。
約1時間。こんなに長く揺られるのも、久しぶり。身体が固まってくる。

e0014720_18435655.jpg



改札まで出迎えてくれた彼女の車に乗せてもらう。

和歌山のお友達もブログで知り合った。
夏前に、私の住む地域の友人に会いに来られた時にご対面。
今回2度目なのだが、同じくシャンソンを勉強しているからか
もう昔から長い知り合いだったような気がして、不思議。

お昼は、ケンミンショーで有名になった?和歌山名物「カスラーメン」
中華そば風の麺に和風だしで、天カスが入っている。
あっさりしていて、なかなか美味しい。
特に、乗り物に揺られた後の私には
お醤油系のおつゆというのはうれしく、最後の1滴まで完食。

場所を変えて、ケーキセットをいただきながら
9月11月の2度のステージの写真や動画など見せてもらう。
音大の声楽科を卒業している彼女の歌は安心して聴ける感じ。
先生の前歌などの回数も増えているようで、これからますます楽しみ。



さて、目的のカフェレストラン&ライブハウスのデサフィナードへ。

e0014720_18445118.jpg


e0014720_18452061.jpg


e0014720_18454729.jpg



20センチ少々の高さのステージ。フロアにゆったりとしたテーブルと椅子。
2階席からもステージが見下ろせるようになっている。
カウンターの奥には、お酒のボトルがずらりと並ぶ。
本格的なカクテルなどもいただけるようだ。

会場は満席。
3時過ぎ、開演。

初めての生SARAHさんの歌は
まっすぐで一生懸命、という感じを受けた。
曲も初めて聴くものが多く、新しい曲を開拓する意思も感じられる。
ロングドレスではない衣装のこだわりも私には新鮮。

e0014720_195403.jpg



麻生恵さんの歌は、持っているCDより、格段に生がよかった。
「鶴」は、私が今まで聴いた歌は
どちらかというとべっとりした湿った感じでを受けていたのだが
全く異なる「鶴」を聴かせてもらった。
こんな風に歌えるのなら、歌ってみたい、と思った

終わったら5時半。
そんなに長く感じなかったのは、歌がよかったからだろう。

外はとっぷり日が暮れていた。


外に出ていると緊張するようで
肩も首も固まってくるのが感じられ、それは頭痛になってくる。
昼ころから無意識に手がこめかみや額にいってしまう。
キンキンとする痛みは、ライブが終わって緊張が緩むと、大きく感じられた。
背中も板のよう。


帰りついたら8時。
ぽてん、と横になりたいところだが
私の遊びで土曜日に出かけてしまったのだから
とにかく、晩ごはんが食べられるところまでは、頑張らなくっちゃ。
と、言っても、昼の間に息子に買い物を頼んであるので
それを温めて、おつゆをつくるくらいなのだが‥
帰ったその足で台所に立つ、というのは、今の私にはしんどい(笑)
仕事をしているときはそれが普通で、連日のことだったのに。



ああ、ずっと心待ちにしていたビッグイベントが終了。

これで、人間ドックの予約もできるし
髪も切りに行けるし
実家に顔出しもできる。

全ては、体調を崩さないためにセーブしていた日々だったから。


  ‥

 ライトをおとした部屋での写真は
 まだ設定がよくわからなくて、ぼけぼけ、でした。
 マイクの真正面の席で1mくらいしか離れていなかったので
 下から見上げる形の撮影になっています。
 右側にくるくるしたカールが流れる素敵な髪型が
 バックの黒に溶けてしまって、残念。
 生のSARAHさんは、もっと美しかったです。
[PR]

by sararaM | 2009-11-15 18:49 | シャンソン | Comments(6)

Commented by summerbunny at 2009-11-15 19:59
お疲れ様でした。準備万端の甲斐がありましたね!
多くの人にとっては「普通に出来ること」が、時と場合によっては高いハードルになってしまう・・・私も昨年末身体を壊してからよく分かりました。
それだけに無事、成し遂げた達成感は大きいのではないでしょうか。
今頃気が抜けてぐったりされていないとよいのですが。
sarahさんの味わいのあるライブの空気、感じられましたよ。
いつか私もぜひお邪魔したいです。
理想は、sarahさんに内緒でライブに行って、目と目が合った瞬間に「あなたはもしや・・・」ってありえないか 笑
Commented by sararaM at 2009-11-16 00:16
☆ summerbunny さん
昨年、私、それを狙ったのですよ~ (笑)
ライブに突然行って‥
ま、体調の関係で「予約」というのができなかった、というのがホントではありますが。
家族にも、心配されまくりながら行きました。
好きなところへ行くのがこんなに大変なんて、情けないなあと思うのですが、
現実がそうなので、受け入れなくっちゃ、です。
Commented by sarah000329 at 2009-11-16 10:09
もうね・・・sararaさんには泣かされました!!
めっちゃ嬉しかったですよ。
言葉には出来ないくらいです。
本当にありがとうございました。
Commented at 2009-11-16 10:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2009-11-16 12:48
☆ SARAHさん
喜んでいただけて、よかったです。
glass-jaw-hopper さんにもほんとにお世話になりました。
お仕事お忙しかっただろうに、即、対応してくださいました。
Commented by sararaM at 2009-11-16 12:49
☆ ‥さん
私の趣味での押しつけなのです(笑)
それも、数が増えると困るでしょう? ま、1つくらいは‥(笑)