「線香花火」


先日のレッスンのあとのお茶の時間。
久しぶりに先生と歌の話。


私は、曲になじむのにとても時間がかかることを自認している。
だから、発表会で歌うつもりの曲は
かなり早い時期からこころに決めておかねば、と思っている。
そして、自分なりの練習を積んで
それこそ、眠っていても歌詞が出るくらいにしておかないと
落ち着いてステージに上がれない。

その結果発表がうまくいくかどうかは別で
自分で、練習をやりきった、という感覚がほしいだけ。


で、いくつかこころに留めている曲について、お伺い。


まずは「Canzone」
前にも書いた、村上進さんのCDで、一番気に入ってしまった曲だ。


即座に。

「合わない」と、一言。


おっとっとっと~  合わない‥    のか‥


先生曰く

その曲を、誰かのために歌いたい、とか
どうしても、という理由があるのなら
何を持ってきても「どうぞ」というけれど
何もないなら
音域、声の質、キャラ、で
合うか合わないかは、言う。


聴いていて、いいなあ、と思うのは聴いていればいいのであって
聴いていていいのと、それを自分が歌って「いい」のとは違う。

とのこと。



気を取り直して、書き留めていたものを軒並み、聞く。

「もしもあなたに逢えずにいたら」
これは、誰でも、合う、らしい。

「三つの小さな音符」
「すりきれたレコード」

は○

「ある古い歌の伝説」

は△

というような感触。
(先生が○や△と言われたわけではない)


そのときに言われたのだ。
「ラ・ボエーム」や「モンマルトルに帰りて」などは合うんじゃないか、と。


先生が続けて言うには、

~さんはPLの打ち上げ花火のような
ドーンとうちあがるタイプを歌いたがるけれど
実際は線香花火みたいなのが合うんだけれどね。
でも、~さんは、そういうのはキライだと思う。


お~~~~  私は線香花火タイプなのかっ?!

感覚的には、花火の中では「線香花火」は一番好きなのだが‥


しかし、確かに、
今まで歌いたいと思った曲は
ロングトーンの入る、~歌った~という感覚が残る曲。
(結果的にカンツォーネが多くなるようだ。)
ロングトーンのところで、気持ちよく声が出せれば
とっても気持ちがいい。
「Canzone」も、それに類すると思われる。


続けて、先生。

作曲でいうと
ジョルジュ・ムスタキ
イヴ・ディティーユ
歌手でいうと
コラヴォケール
あたりかなあ~


そんなこんなやり取りがあって
金曜の夜から
「ラ・ボエーム」を探したり
ムスタキや名前のあがった人々を検索したり、で、研究中なのだ。


「聴いていていいと思う曲」
「好きな曲」
「歌いたい曲」
「歌える曲」
「自分に合う曲」

これらは「=」ではないことは、理解できる。
近いものもあれば、限りなく遠いものもある。
とても気に入っても、とうてい歌えない曲も厳然として存在する。


しかし、音楽に接してまだ日の浅い私は
気に入った曲を歌いたい、と思うのだ。
長い間、シャンソンを聴いてきた、というタイプではない。
スタートが、歌いたいかどうか、なのだ。
そしてまた、半年以上もかけて日々練習する発表曲が
いくら「合う」と言われても、好きになれなければ、歌えない。

これは「趣味」の特権ではないか?


ただ、先生がいわれるように
私は、私に合っている、といわれるような曲を
全く、開拓していないことも事実だ。

今は、とりあえず好きなものから先に食べている、といったところ。
食わず嫌いの食材も、あるかもしれない。
嫌いだと思い込んでいるだけで
なかなかいけるやん と思えるものも、あるかもしれない。

でも、そうなるためには
年に2曲、という選択肢は少なすぎる。
年に2曲しかないなら、どうしても、好きなものを優先したい。



「けっこうガンコやからね」

先生、よく、ご存知で(笑)



しばらくは、模索の、日々が続く。


‥‥‥‥‥‥

*おまけ

「線香花火」は、関西と関東ではずいぶん異なると知った。

大阪で「線香花火」と言えば
麦わらの先端に黒い火薬がついた、いかにもひなびた風情のもの。
どれほど変わった、華やかな花火で遊んでいても
最後の〆は、線香花火。
しみじみとして、何となく物悲しい。
そういうものなのだ。

東京でのカラフルなイメージは大阪には全く、ない。


 線香花火の違い


解説には違うように書いてあるが
大阪の線香花火も、下に向けて、私は持っている。
[PR]

by sararaM | 2009-10-22 10:19 | シャンソン | Comments(2)

Commented by misty♪ at 2009-12-04 10:53 x
お久しぶりです。
お元気ですか?
PCリカバリしたら、ここのサイトもどっかへ行っちゃって、、、
復旧したPCの中をいくら探しても無く、、、バックアップがうまくいってなかったようで、ずいぶん前の状態になりました。。。
sarahさんのサイトをなんとか検索し、そこからここを割り出して、、、やっと到着です(T▽T)アハハ!

合う歌、合わない歌、あるかなぁ、、、
私の師匠は、合いそうな歌を探してくれるけれど、それ以外にも、「これを歌ってみたい」と言うと、絶対ダメとは言わないので、みんないろんな歌を練習しています。
私は、今回「届かなかったラヴ・レター」でまた新しい発見があり、先生も、こんな歌が私に合うとは思わなかったので、びっくりしたと言ってました。
合うとか、合わないとかは別として、いろんな歌にチャレンジすることって大事ですよね。
そこに新たな発見があって、また成長するかと。。。
発表会など人前で歌えるかどうかは、別としてね(笑)
Commented by sararaM at 2009-12-04 21:49
☆ mistyさん
おかえりなさい。
PCを新しくしたり、リカバリをしたりすると、ほん~っと、大変ですよね。
今までの使い勝手にするまでに、ずいぶんかかります。
もう、大丈夫ですか?

私たちはグループレッスンなので、いろんな曲を練習します。
ただ、発表曲として、どうか、ということですね。
音色や、その他で、難しい曲もあるようです。
絶対にこれっ!と提出すれば、大曲?でも難曲?でも
たいてい何でもOKです。
ただし、最後までやりきらなければなりませんが(笑)
私も、クリスマス会などでしたら、苦手なテンポの速い曲などにも挑戦してます♪