「哀しみのソレアード」



片頭痛とお盆の2週間を越えてのレッスン。

こんなに練習していないことは珍しい。


今日はさらっと1曲歌って、次の課題曲へ移る予定だったが‥
もう1度、じっくり個人、と言われてあわてる。

ほんとに、何も練習していない。

しかも座席の関係で一番最初。
心構えもできていず。

2曲と言われ、それなら再度「白い恋人たち」

最初のクープレの部分は声が出ない。
小さな声なのと声が出ていないのとは違うのだが
口先だけの細い声にしかならない。

一度大きな声できちんとしたリズムで歌ってみて、と指示される。
それでやっと声が出てきたようだ。
再度最初から。

この部分の声がこもる。
この言葉の最後の響きが下がる。

最後のフレーズ
~♪ あの しあわせ~ ♪~
の、「の」の発声は「Na」で「の」
「せ」の発生は「Sa」で「せ」
‥ううううう~ こういうのは難しいのだ‥

先生がその部分だけ歌ってくださる。
正面に回って、口の中を覗き込む。

おお~ みごとなほどに舌の位置が引っ込まない。


習い始めの頃は、先生が一部分を歌われても
譜面を追っていたのだが
最近はとにかく口の開け方、口の中を見るようにしている。

また、鏡を見ながら練習することにしよう。




とっても珍しく、次回のレッスン曲が先に示された。

その中に「哀しみのソレアード」があって、喜ぶ。

6月頃に地域でのコンサートで聴いて
それからひとりで練習していた曲。
楽譜も何もないので、
たまたま持っていた白木ゆう子さんのCDで練習した。
自分流で一通りは歌える曲。


ヴォイススタジオから出て、仲間と歌の話。
「哀しみのソレアードってどんな歌?」ということから
受付ホールに誰もいないことをいいことに、歌う(笑)
最近、バス停でも、道路沿いの歩道でも、どこでも歌う私だ。

別のレッスンから出てきた人たちが3人ほど通りかかるが
最後の一番いいところなので歌う(笑)

「ね~ いいやろ~」と騒いでいたら
向こうの方から
「今の曲、何ていうんですか?」と声。
「へ?あっ! 『哀しみのソレアード』っていいます。」
「いい曲ですね」
「来月練習しますから、よかったらどうぞ~」
と、ついでにPR。

おお~ 歌に聞こえたんだ~ と、ちょっとうれしくなる。

自分がいいと思っている曲を歌って、
誰かもいいと思ってくれるなんて、とってもうれしい。



次までの2週間は、課題も何もないのでフリーだ。

さて、何を歌って遊ぼうか。
[PR]

by sararaM | 2009-08-22 15:06 | シャンソン | Comments(6)

Commented by misty. at 2009-08-22 16:25 x
「哀しみのソレアード」 ってシャンソンだったんですね。。。
ポール・モーリアで聞いたことがあったので、ムードミュージックというか、そんな風に思っていて、歌詞が付いているのも知りませんでした・・・
ここに来ると、ほんと勉強になるわ~!
ありがとう!
Commented by sararaM at 2009-08-22 18:22
☆ mistyさん
お久しぶりです。
えっとね。
私が調べた範囲での知識ですが‥
これはイタリアの音楽グループによるインストルメンタル
で、世界で様々な歌詞がつけられて歌われているそうです。
アメリカのクリスマスソングになっているものが有名とか。
ちなみに「ソレアード」はスペイン語で「陽だまり」だそうです。
Commented by a-ki at 2009-08-23 22:35 x
多分歌詞が違うと思うけど、香川有美さんもこの曲歌ってるね。
何種類くらい歌詞があるんだろう……(..?)
Commented by sararaM at 2009-08-23 23:28
☆ a-kiさん
ファドの香川さんですか。ライブですよね。
検索してみたのですが、この曲では見つけられませんでした。
その代わりに(?)、香川さんが「風のささやき」を歌っているのが見つかりました(笑)
これはこれで、めっけ!!
杉田さんとは全く趣が違いました~
Commented at 2009-09-16 15:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2009-09-16 16:24
☆ ・・・さん
これは知りませんでした。こういうのもあるのですねえ。
日曜のポケットは聴きたい人がけっこう出演されるのですが
残念ながら土日&夜は出られなくって。
だから、平日のランチショーに飛びつくのですが‥あまり数はないのです。