エントリー


お盆を前にして、先生の名前で届いた封書。

全教室の発表会の予定と、その概要、
そして、エントリー表(笑)


今、教室は4つあって
大阪の南部の私たちの教室だけが
カルチャーの中のグループレッスン。
あとは、大阪と兵庫の境あたりに3つある個人レッスンの教室。


私たちの発表会は独自で、今まではライブハウス。
それ以外に、
レッスンを行っている公的施設で行われる発表会と
ホールで行われる大きなコンサート。

そして新たに始まる、老舗ホテルでのランチショーorディナーショー形式の会。

この4つの歌える「場」に対して
私たちの発表会以外はフリーエントリー、ということらしい。

来年の、それぞれに対して、エントリーを今年中にしておく?

要するに、今まで年1回だった歌う機会が、
その気になれば4回できる、ということなのだ。
(他教室の人は3回)

それぞれに求められるものが異なり、
ホールであれば、舞台演出がなされ、歩いたり?踊ったり?
ランチショーであれば、トークも?
特にランチショーは出演者の顔写真が入ったチラシができるというから
これは発表会ではなく、ショー、なのだろう。
いいホテルのフルコースがセットされているとはいえ
かなりのチケット代になることが予想される。
歌のレベルも、曲数も、高いものが要求されると思われる。


発表の場に臨む、ということは、仕上げる曲ができるということで
自分の曲が増えることになり、それは、うれしい。

テストがあるから勉強する子どもではないが
1曲を最後まで仕上げるのは、私たちの場合発表曲だけなのだ。
通常レッスンでは、多くの曲を知ることになるが
ちゃんと歌える曲になるか?というと、少し、違う。

初めて見たり聴いたりしていいなと思った曲を歌えるようになるには
発表曲にするのが一番確か。
自分一人では、譜面がない。伴奏がない。Keyが合わない。
ピアノを弾けない私では、何にもできない。
CDを聴くだけで歌えたりは、しない。


それなら出演すれば?
と、いかない理由は2つ。
新たな曲のレッスンを受けるには
グループレッスンとは別に個人レッスンを受けに遠くまで通わなければならないこと。
もうひとつは‥
私はわかっていないのだが‥
発表会に臨むことは、どうやら、かなりのストレスであるらしい‥

今回、発表会の1か月前くらいからひどい発疹に悩まされた。
ジンマシンも出た。
それが、終わった途端、うそのように引いていったのだ。
この発疹は、昨年の発表会の時にも
もう少し少なかったが、やはり出ていた。
気の張りだけで走っているが
実はかなりのストレスなのではないか、と、今年思ったのだ。
プレッシャーはかまわない。
しかし、身体が反応するようなストレスはよくないのではないか?


もっと歌える曲ができたらいいな、と思う気持ち。
低空飛行の私に無理を強いて、墜落してはいけない、と思う気持ち。

無理のないレッスンの受け方があればいいのだけれど
それは今のところは見当たらない。
もしくは、どこでレッスンがあろうと、気にしないで参加できる頑強な身体。
こっちの方が実現は難しい、かな。


この秋で、お稽古を始めて丸3年。
新たな展開が始まりそうなこれから。

果たして私は、どこへ進んでいくのだろう。
[PR]

by sararaM | 2009-08-13 19:08 | シャンソン | Comments(2)

Commented by misty. at 2009-08-17 12:13 x
すごい!
歌える機会がいっぱいあって、うらやましいですよ♪
私たちは、年に一回の発表会、それに年一回の地元での師匠のコンサート、どれもフリーエントリー。。。
発表会でさえ出られない、出たくない人が半数いて・・・涙
遠くからレッスンに来ていただく師匠に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
やはり、カルチャーではなく、お気楽なサークル活動だからでしょうか?

sararaさんのご出演の折は、またお知らせくださいね♪
Commented by sararaM at 2009-08-17 19:07
☆ mistyさん
機会は作っていただいても、歌えるとは限らないですよ~
練習ができなければどうしようもないし、費用もかかるし。
グループレッスンのクラスは全員出演になっているので、選択できませ~ん(笑)