「哀しみのソレアード」



この前、北岡樹さんのコンサートでラストに聴いた曲。

確かずっと前に訳詞を読んだことがあるような気がする。
その時は、別れる相手に未練がいっぱい、というような感じしか受けなくて
それ以上に興味を持てなかった曲だ。(山川啓介さんの訳詞)

今回、歌われる前に話されたこと。

今まであまり歌ってこなかった曲だったけれど
前に地元でコンサートをしたときに、高齢のご夫婦からリクエストをされた。
たぶんご主人が癌か何かだったのだと、思う。
それ以来、それまでと違った感覚で歌うようになった。

これを聞いて以来、私のこの曲に対する光景が一変した。

そうか‥ そういう光景も、アリ、なんだ‥


そして、この曲に寄り添うことができる気がした。


曲は訳詞で全く変わってしまうけれど
1つの訳詞であっても、そこにどのような光景を見るかで
歌の持つ意味が変わってしまうんだなと思った。


 もうすぐ終わるのね 二人の砂時計
 さよならの足音が 背中に聞こえるわ

 あなたのぬくもりを くださいもう一度
 このこころこの肌で 覚えておきたいの

 ひとりで生きて行く 明日はつらいけど
 倒れずに行けるでしょう 想い出がある限り


 さびしい人生に ひかりをくれたひと
 今はただ言いましょう この愛をありがとう

 今はただ言いましょう この愛を ありがとう




調べてみると、原曲はイタリアのグループによるインストルメンタル
世界各国で独自の詞がつけられて歌われているらしいが
有名なのはアメリカでクリスマスソングになっているもの、らしい。
「What A Child Born」

また、メロディが「千の風になって」に似ているという評判もあるという。
「千の風~」はアメリカでできた曲だから
アメリカでのソレアードに影響を受けた可能性もあるのかもしれない。
そして日本へやってきて訳詞をつけられ
人々に特別な気持ちで歌われたり聴かれたりしている?

音楽って、不思議なものだなあ。



「哀しみのソレアード」、今私が聴いているのは白木ゆう子さんのCD。

機会があれば、きちんと練習したい。



‥‥‥‥‥‥

訂正

知り合いの歌い手さんから
「 もうすぐ 終わるのね~ 」は、
山川さんの訳詞ではなく作者不詳なのだとご指摘をいただいた。

山川さんは、アメリカのクリスマスソングを訳詞された方だとのこと。

こちらも、とてもいい詞なので、一部だけ。



 子供は新しい 光をつれて来る
 青空に虹をかけ 夜空に星を生む

 ‥途中略

 「私たちは待っている。すばらしい子供たちを。
  白い肌、黒い肌、黄色い肌、
  みんな同じ、未来からの天使たちを。

未来に希望をつなぐ、素敵な歌詞だ。


ありがとうございました。ご指摘に感謝します。
[PR]

by sararaM | 2009-06-22 08:01 | シャンソン | Comments(22)

Commented by sarah000329 at 2009-06-22 13:40
この曲いいですよねぇ~。私も大好きです!!
Commented by sararaM at 2009-06-22 15:24
☆ SARAHさん
日本でも、由紀さおりさんや野口五郎さんが歌っていたそうなのですが
私は全く知らなかったのです。
この、「こどもたち」の歌もいいなと思いました。
ブログ仲間のSさんを、思いました。
Commented by summerbunny at 2009-06-23 23:51
物語性を感じさせるメロディですね。
音楽って雄弁だなと思います。
子供は子供であるだけで、みんな大切な存在なのだと、つくづく思います。
ご紹介くださってありがとうございます。
Commented by sararaM at 2009-06-24 06:37
☆ summerbunny さん
もとは「旋律」だけの曲らしいですので、
それぞれの思いで詞をつくればいいのだと思います・
ソレアードはスペイン語で「陽だまり」「光があたるところ」というような意味とか。
宝物である子どもたちの間で傷付け合うことはなくなってほしいと願うものです。
Commented by sarah000329 at 2009-06-25 16:23
翔ユリ子さんが「子供は~」の方歌詞で歌っておられました。
うちの師匠は「もうすぐ~」の方です。
翔さん、学校の先生をなさっていたのでそちらの歌詞で歌われるのは
とっても納得が出来ます。
本当に子供って未来に繋がる宝物ですねぇ~。

その時の気分で歌詞を換えて歌えると、またそれも楽しいかもです。
Commented by sararaM at 2009-06-25 17:24
☆ SARAHさん
お名前は存じ上げています。
「子どもは~」の方で歌っておられる方、いらっしゃるのですね。
師匠殿は、どんな情景で歌っていらっしゃるのでしょうね。
先日、お若いころのCD聴かせていただきました~
Commented by 泉水 at 2010-06-28 09:25 x
おはようございます。
哀しみのソレアードは名曲です・・・・
翔 ユリ子様が歌っておられますね。
その人が想う言霊で、唄われる、それが、人々に伝わっていくのでしょうね・・・
これからも、宜しくお願い致します。
Commented by sararaM at 2010-06-29 07:49
☆ 泉水さん
おはようございます。
こんなに古いブログをお読みいただき、ありがとうございます。
ああ、ちょうど1年前だったのですね、北岡樹さんのコンサートは。
これ以来、「哀しみのソレアード」は、好きな曲になりました。
私も歌う曲です。
Commented by 岩元ガン子 at 2011-12-15 04:52 x
はじめまして。この歌は大好きです。もともと、14世紀にイタリアで作られた曲だってところが、また素敵ですね。「もうすぐ終わるのね」ではじまる訳詞で歌われている方のCDを色々持っています。白木さんは訳詞者名を書いていませんが、大木康子さん、青木裕史さん、西原啓子さん、青木FUKIさんのCDライナーすべてに訳詞者名は、「山川啓介さん」と書いてあります。何故、それなのに訳詞者名不詳なのでしょうか?岸洋子さんの歌っていらっしゃる訳詞も山川啓介さんです。ひとりの訳詞者が複数訳すことはあると思いますが、訳詞者不詳と仰った方に理由をおたずねしたい次第です。よろしく御願い致します。
Commented by sararaM at 2011-12-19 15:47
☆ 岩元ガン子さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
お名前は存じ上げております。
お訊ねの件ですが、私がこの文を書いた頃、京都のシャンソニエで歌っておられた方から、ご指摘をいただきました。素人レベルの調べ方ですので、専門家の方や、プロの方からご指摘をいただくことがたまにあり、有り難く訂正させていただいています。
その方とは、会員制サイトでお付き合いがあったのですが、その後、ステージに立つことをやめられ、会員制サイトもおやめになりました。
ですので、現在、私の方から連絡をとって、質問することはできない状態にあります。
続く
Commented by sararaM at 2011-12-19 15:48
ご指摘いただき、再度私なりに検索をしてみたのですが、由紀さおりさんのCD「いきる」に「哀しみのソレアード」が収録されており、その歌詞検索には
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND75184/index.html
上記のようになっています。
また、同じCDに関して
http://toshiakis.at.webry.info/200903/article_5.html
というようなものを見つけました。
こちらによると日本語詞 芳賀詔八郎(芳賀千勢子さんの弟さん)となっているようです。
ネットから拾った情報ですので、信憑性はさだかではありません。
現時点でわかっていることだけをお知らせしました。
何か正確なことがおわかりになられましたら、お知らせいただければ、大変有り難いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
Commented by 岩元ガン子 at 2013-07-21 06:31 x
ご丁寧にありがとうございました。。。
Commented by sararaM at 2013-07-21 10:33
☆ 岩元ガン子さん
再度ご訪問いただき、ありがとうございました。
上記以後、進展がなく申し訳ありません。

先日、神戸で、ガン子さんの生のお歌を聴かせていただきました。
偶然でしたが、うれしゅうございました。
ますますのご活躍をお祈りいたします。
Commented by 岩元ガン子 at 2013-07-29 04:05 x
お恥ずかしい限りです。
こちらのコメント、お返事いただいているのが、
訪問しないと、わからず、お礼が遅くなり申し訳ありません。
Commented by sararaM at 2013-07-29 21:59
☆ 岩元ガン子さん
いえいえ。
こんな開店休業のブログへ足を運んでいただき
こちらこそ恐縮する次第です。
暑い夏、くれぐれもご自愛くださいませ。
Commented by 岩元ガン子 at 2013-08-04 04:03 x
ありがとうございます。8/30~8/31は京都から神戸までライブを聴きに伺います~~
Commented by sararaM at 2013-08-08 14:41
☆ 岩元ガン子さん

わざわざ関西まで足を運ばれるのですね。
大阪も京都も暑いです。
お気をつけておいでくださいませ。
Commented by 岩元ガン子 at 2013-09-04 19:54 x
まだまだ暑い日が続きますね。
すっかり、関西が居心地良くなり、
気をよくして、11/30に「鷹取」という何もないところでコンサートやります。
帰りは、神戸ビエンナーレを楽しんで来ます~~
Commented by sararaM at 2013-09-05 01:01
☆ 岩元ガン子さん
今日は雨に竜巻に地震とたいへんな様相でしたが
ご無事でしたでしょうか?
鷹取は、須磨の近くの鷹取ですね?
と、遠い~~
私は大阪の南の田舎に住んでおりますので3時間くらいのところ。
ガン子さんのHPはいくつか存じているのですが
現在のものがうまく見つけれません。
差支えがなければ、HP(ライブの場所などわかる)のアドレスを貼っていただけないでしょうか?
鷹取ライブの詳細などもHPでわかるでしょうか?
Commented by sararaM at 2013-09-05 12:11
☆ 岩元ガン子さん
朝から検索したら、最新と思われるHPを見つけることができました。
お騒がせいたしました<(_ _)>
Commented by 岩元ガン子 at 2013-09-14 06:51 x
たびたびお邪魔いたします。
鷹取は、神戸の先です。。大阪からでも、かなり遠いです(~_~;)

ところで、相変わらずしつこく「哀しみのソレアード」について調べています。
詳細は、「シャンソンマガジン」の「全国シャンソンネットワーク」というコラムに書きますので、それまで公表できませんけど、
1点、訂正させてください。
色々なサイトで、「哀しみのソレアード」は、14世紀作曲家Zacara da Teramoの楽曲をもとに作られていると書かれていたので、すっかり鵜呑みにしていましたが、どうやら、それは違うみたいですね。もうちょっと調べますけど。。。
それから、芳賀詔八郎さんの訳詩について、芳賀千勢子さんに問い合わせていただいたところ、芳賀詔八郎は、訳詩をしたことはないということでした。
また、上記サイトにあった音楽センターから出ている「青春のバラッド」というLPまで買ってみましたが、これは、日本のフォークしか入っておりませんでした。。無駄遣い。。。。(:_;)
関西は大好きなので、来年は、巴里野郎でもライブをやります。またお知らせさせていただきます~~!!
Commented by sararaM at 2013-09-14 23:54
☆ 岩元ガン子さん
こんばんは。こんなところでよろしければ、いつでもおいでくださいませ。
何度かおじゃましているのですが、鷹取のライブはまだHPには掲載されておられませんよね?
またチェックに行かせていただきます。

様々な作品について、いつも深く調べておられますね。
敬服いたします。
多くの人に好まれ歌われているのに詳細がわからないままというのも不思議です。以降のお話をお伝えいただき、ありがとうございました。
巴里野郎は閉店にならなくてよかったです。
シャンソニエはどこも経営がたいへんなようですね。