K氏 見っけ!


私は結構頻繁にシャンソニエやミュージシャンのスケジュールをチェックする。
そこから、知らなかったお店を見つけたり
歌い手さんを知ったり、することがある。

先日、あるお店のスケジュールから
オーナー主催のシャンソン教室のミニコンサートを見つけ
その会場である公開?ステージを検索したら‥

ピアニストのK氏の名前を見つけた。

しかもラッキーなことに、平日のお昼。

シャンソンを歌うグループの伴奏に名前が上がっていた。


大阪梅田に、曽根崎警察という大阪の警察の顔のような警察署があり
そこに、市民啓発のためのスポットがつくられている。
警察音楽隊などが演奏したり、
プロアマ問わず、一般の人が演奏ができるステージがある(らしい)。


金曜日、退院した母の顔を見て
外に出なくていいように押し寿司やお惣菜を届けて。
その帰りに、梅田へ立ち寄る。

ほんの少し段を作ったステージにヤマハのグランドピアノが置かれている。
パイプいすは100くらい並んでいるだろうか。
私が着いたときは10分前くらいだったが、ほぼ満席。

普段のシャンソンを聴く場と異なるのは
フツーのオジサンの多いこと。
半分以上が男性で、アラ還以上。
スラックスにジャンパーを引っかけて、街を歩いていた人が
ちょっと覗いてみて席に着いた、という雰囲気。
女性の中には、
ああ、シャンソンをやっておられるんだな、という感じの人も。

時間になり、前に出てきたのは
きちんと制服を身につけた女性警察官!
ご挨拶をして、出演者を紹介される。

K氏はスーツにネクタイ。珍しい(笑)
歌い手の女性は3人。
京都のグループだという自己紹介があった。
フルロングのドレス。

・青色のジャヴァ
・懐かしき恋人の歌
・サンジャンの私の恋人
・声のない恋
・魚と小鳥
・それぞれのテーブル


1部が終わり、出演者は袖に引き、
再度登場したのは女性警察官。
そこで、大阪の自動車盗難に対するお話。
自動車本体より、ナンバープレートが盗まれて
次の犯罪に使用されたりする、とのこと。
それを盗まれないようにするために
ネジの上から嵌めるカバーのようなものがある、と。
思わずみんな、ふんふんとうなずいている。

すばらしい啓発活動だ(笑)


2部のスタートはK氏のピアノソロ。

出てきて会釈をし
「何か弾きます」って‥、聞こえたけど(笑)
照れ屋さんなのか、あまりおしゃべりされることはない。

演奏はとっても素敵だった。
多分、初めて聴く曲。
曲名も知らない。

私は前から3列目。
すぐ前のオジサンのお帽子が邪魔だが
斜め後ろの方向から鍵盤の指先も半分くらいは見える。

そのあと、6曲。
みなさん、お召しかえ。
宝塚の男役ばりの黒のスーツの方も。

・イレーヌの店
・タラッサ ~海~
・ブルージーンと革ジャンパー
・出発つために(水に流して)
・半ダースのバラ
・セ・ラムール

これで、きっちり1時間。
観客はさーっと引き上げて行く。

パイプいすはすぐに撤収。
出演者はドレスのまま片付けをされている。


ピアノの前で譜面を片付けているK氏にご挨拶。

「やっと見つけました」(笑)

K氏とは会話にならない。
私が遠慮するのと、K氏があまり話されない?のと。

「HPないので、スケジュール、メールします」と、
名刺にその場でアドレスを書き込んで、いただいてしまった。


K氏のピアノは2か月ぶり。

そんなに時間が開いていたわけではないが
もうしばらく聴けないだろう、と思っていたから、うれしかった。



「作曲家」と肩書きの入った名刺。

まだメールはできないで、いる。
[PR]

by sararaM | 2009-04-25 21:06 | シャンソン | Comments(4)

Commented at 2009-04-26 00:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2009-04-26 01:11
☆ ‥さん 
一般の人を相手に、というのはかなり度胸が要りますよね。
そうですか。抽選!!
そのうちに、何人かで出演できたら面白いだろうな~なあんてね(笑)
Commented at 2009-04-27 11:52
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sararaM at 2009-04-27 16:04
☆ ‥さん
そんな恐れ多いことは考えておりませんです。はい。
はい。その日です。
開始時刻は正式には、まだ、です。夕方には終了予定です。
‥‥ って、って、 ‥‥  考えないでおきます‥