寒中お見舞い申し上げます


e0014720_22213313.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・


今週はとても強い寒気に覆われるとか。
まさに「寒中」
お見舞い申し上げます。

年初よりご挨拶もせず、失礼しておりました。
31日にやっと賀状を投函し
お雑煮の準備も何とか。
元旦にはお屠蘇でお祝いしお雑煮。
ここまでは優秀だったのですけれどね~

飽きれるほど昨年と同じパターンで
そのあとダウン。
年末、1週間ほど夫が風邪で寝込んでいたのですが
それをしっかりもらってしまったようで。
ひどい咳と発熱、で、
真剣に病人をやっておりました。

PCをちらっと覗いても
コメントを書くまでに至らず、
PCからも引きこもっておりました。

まあ、その辺で躓くのは私の日常でありますので
気を取り直して新年をスタートさせたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

# by sararaM | 2017-01-11 22:22 | 日常 | Comments(7)

フルーツトマト

息子の大学時代の友人のご実家からみごとなトマトが届く。
フルーツトマトという糖度の高い小ぶりのトマトの農家。
今はまだ緑が残るがもう2~3日で真っ赤になる。

e0014720_10595288.jpg


お返しにクリスマスのお菓子を送ろうと
ジムへ行く夫に同行しようとしたら
自宅待機を言い渡されてしまった。
腰の状態がイマイチだから。
もう大丈夫!と言い切れない私は家に残る。
台所仕事くらいはしているが
張りを感じたり少し痛かったり。
フライパン出して、と頼んだりしている。

月曜日に予約していた母の病院も延期した。
行きたいねと話していた初冬の公園も
近くの映画館も
街のキラキラも。

私の12月はよくこんな感じになる。
まずまずの調子だと思って
あれもこれもできるかも・・
なんて目論んでいるときっちり落とされる。
12月が好調で
お正月の準備をテキパキ(!)して
元旦のお昼にダウン、とかね。
(もちろん、12月だけじゃない)

でもまあ、
こんなことで落ち込むほどやわじゃないぞ!
と叱咤激励。

だけど
気持ちは鍛えてきているつもりでいるけれど
ごくたまに
えっ?と思うほどの小さなことで
ストンと足元をすくわれたり、する。

私が1年の間にしたことは
他の人はほんの1か月、
いや半月でしてしまうくらいのことかなあ・・
例年にも増して
引きこもり度の高すぎた今年。
年賀状の文面に書けることがなにもない・・と気付く迎えた年の暮。



・・・しかし
シャンソンのブログだというのに
歌のことを書けないというのも末期的だなあ・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

# by sararaM | 2016-12-20 11:00 | 日常 | Comments(6)

ヤワな身体


先日から文庫本の箱詰めをしている。
もらってくれるという病院へ、送り出すため。
最後にガムテープで補強したり紐を掛けたり。
もちろん持ち上げたりできないので台の上でずらす程度。
もう少しで終わり、という頃に
あれ?お尻のあたりに痛みが・・
ウエストのあたりからお尻の下のあたりまで
筋が1本、ピーンと痛みが走る。
ッテテテテ・・と言いつつ作業を終える。
首から肩、背中へかけて、
私はよく筋を違えるのだが
それがぐっと下へ降りてきた感じ。
大したことは何もしていないのになあ。
いつの間にこんなにヤワになってしまったのか。

週末で帰ってきた息子に話をしていると
「それ、ぎっくり腰やん!」と。
あれ?そうなん?これ、ぎっくり???

ぎっくりから5年くらいかかって
ようやく「腰」を意識しないで済むようになっていたのに。
少々部位は違っても
これもぎっくりかあ・・

私のそれ、は、身動きもできないまま、というタイプではないが
日常生活に支障をきたし、長引いたりする。
かばうもので、あちこち、傷む。

それでなくてもここ1か月くらい
朝起きたら天井がくるくる速く回っていたり
目が覚めたら頭がキンと痛かったりして
元気がない日々だったのに。
整形外科的に追い打ちをかけてくれますか~

中身も外側も軟弱な身体であります。
せめて気持ちだけでも、負けずに行こう!
[PR]

# by sararaM | 2016-12-10 02:07 | 日常 | Comments(2)

私、髪を切りました~♪


6年弱ぶりくらいのカット!
一生で一番長かった髪とさよなら。


e0014720_18453446.jpg



失恋したわけではありません(笑)




・・・・・・・・・・
[PR]

# by sararaM | 2016-11-07 18:47 | 日常 | Comments(2)

お出かけと歌のリハビリ その5



e0014720_1640562.jpg



後半はまた、お客様の歌から。

1部で「もみじ」を歌われた方は「ふるさと」を。
歌う前のお話で、息子さんのことを。
あら?と思いつつ聴いていると・・
この方は大切に育てられた息子さんを亡くされたらしい・・
無念の母の思いが言葉にあふれている。
歌われた「ふるさと」の隅々まで
息子さんへの愛で満ちている。
私の一人息子を、緊急手術でドアの向こうへ消えていくのを見送った光景と重なり
胸が詰まってくる。

もどらない声のまま、私は「赤とんぼ」を1番ルバートで。
童謡の赤とんぼではなく
福島の夫婦デュオ菊地陽子さんの作詞作曲。
こちらは母を思う歌。

https://www.youtube.com/watch?v=jHXV8LLOqfs

全国ネットでは神野美伽さんが歌い、
シャンソンでは荒井洸子さんや、最近では伊藤ともんさんが歌っておられる。

男性の方は「愛しかないとき」を原語で。

ライブの2部。

河合さんの「秋桜」はしっとりこころにしみる。

ピアニストの綾部さんがタンゴがお得意ということもあり
前後半を通じて、何曲か、タンゴ。
私が初めて聴く曲も多く、曲名が定かでなくなってしまったのが残念。
葛木さんの最後の曲が「さらば草原よ」
YouTubeで、どれが適当なのかがわからなくて、とりあえず。

https://www.youtube.com/watch?v=MarZhOhFiMY


何だかあっという間に終わってしまったライブ。
時間を感じられなかったというのは
集中していたということだろう。

帰り際、
お客様の男性に1つめの歌の曲名を尋ねられた。
いいメロディだ、と。どなたが歌っておられるか、と。
「サンフランシスコの6枚の枯葉」
この季節には、シャンソン歌手の方なら歌われることが多いだろう。
誰の歌、という人は私には思い浮かばない。
ピアニストさんからは「赤とんぼ」を
「いい歌やね」と声をかけていただいた。
私が好きな歌を、
旋律であれ、歌そのものであれ、
いいなと感じてもらえたことはうれしかった。
私がいいと感じた歌のほんの少しでも
他の方へ橋渡しができたような気がして。

外へ出たら雨は上がっていた。
さあ、帰ろう!

少なくとも目的は完遂した。

・・・・・

久しぶりのお出かけは、リハビリというにはかなりハード。
どこへも立ち寄らずまっすぐ帰ったが
帰り着いたら、立ち上がれない。
そのあと3日ほど、座っているのもしんどかったくらいの疲労感。

でも。
行きたかったところへ行けた、というのは大きい。

そして、ほぼ1年ぶりくらいに人前で歌う気になった。
何より、譜面を広げた(笑)

はたしてこの日は、復帰への道につながるのだろうか???



・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

# by sararaM | 2016-10-16 16:43 | シャンソン | Comments(0)

お出かけと歌のリハビリ その4

当日は雨模様。
雨雲レーダーをにらみつつ
合間を縫っていけたらいいなと思いつつ・・

会場は初めてのところ。
バス・電車・地下鉄・地下鉄・地下鉄?
大阪の地下鉄は縦横に走っているが
ラインが違うと何回かの乗り換えが必要になる。
そして、同じ駅名なのに
乗り換えに数分、
上がったり下りたり歩いたり、する。
今回は運悪く、そういうつながり。

地上へ出るとあいにくの雨。
プリントアウトした地図をみながら
(スマホじゃないところがね~)
数分歩く。
マンションの2階の1室。

おそるおそるドアを開いて声をかける。
多恵子さんの驚いた顔。
ごめんなさい。私はいつも突然です(笑)

居間を2つつなげたようなところにグランドピアノ。
アットホームな雰囲気。

譜面は?と問われ、
一応、持ってきたけれど・・と。

前夜、仕舞い込んでいた箱をひっくり返して家探し。
以前歌っていたから、今歌える・・わけがない(笑)
それでも、秋の初めには
私を呼ぶ歌がある。
今歌わずにいつ歌うのよ!と言われる気がする。

ジャンルに関係なく、ほんとに気楽に。
という言葉に甘えて、歌わせていただくことにする。
ピアニストさんに譜面を差し出す時
心臓がドキドキ。
あら?!私、緊張してる??


1部のプロのお歌の前に4人。

マイクを持つのもピアニストさんの伴奏で歌うのも初めての方。
「もみじ」
みんなでともに口ずさみながら。
私は「サンフランシスコの6枚の枯葉」
お客様の中でサンフランシスコ帰りの方がいらしたような・・
いや~ 声出ない(笑)
でもまあ、いいか。
秋の初めだもの。
めったに歌えることのない歌だもの。
「コーヒールンバ」は
もうあちこちで歌っておられるらしい方。
そして男性の方は原語でゲンズブールの
「ラ・ジャヴァネーズ」(たぶん)

さて、お待ちかねのライブ。
メモを取らなかったのでセットリストは定かでない。

初めて聞く河合さんの声は
予想よりもしっとり低い目。
「あとにはなにもない」の雰囲気が素敵だった。

「風うたい」は私の友人が好きなシャンソン。
今までそれほど惹かれることがなかったのだが、
葛木さんの「風うたい」を聴いて
友人がこの曲を好きなことがなんとなくわかった気がした。

始まる前に葛木さんにお伺い。
もしかまわなければ、大阪弁のシャンソンを何か聴かせていただけたら、と。
快く受けてくださり、
セルジュ・ラマの
「あなたが好きでたまらない」を歌ってくださった。
♪めちゃ 好きで好きで好きで♪
ありがとうございます。よかったです。

しばし、休憩。

・・まだ続くのか?!伸ばしているだけ?



・・・・・・・・・
[PR]

# by sararaM | 2016-10-13 11:17 | シャンソン | Comments(2)

お出かけと歌のリハビリ その3


何もコトを起こせないまま日は過ぎる。

肩から背中はダメなまま。

そんな中、夏から気になっていたライブ。
ネットでお友達になった京都の歌い手、河合多恵子さんが
珍しくお昼の大阪でライブ。
祝日だが家を空けられるかもしれない、と、
手帳に書き込んであった。
河合さんと知り合ってもうずいぶん経つのだが
私が出られないのでお歌を聴いたことがなかったのだ。
ご一緒されるのは
大阪弁で歌うこともあるという葛木希佳美さん。
歌詞によっては大阪弁のほうが自分は感情移入しやすいと思うこともあり
プロの方が歌う大阪弁の歌を聴いてみたいと思っていた。
これは、頑張らねば!

歌われる方は譜面をお持ちください、という記載もある。
素人がプロの伴奏で歌うことができる会には行ったことがあるが
ライブの中で一般人が歌えるタイプは経験がない。
何より半年以上も声すら出していないのだが・・


筋を違えてから10日ほどたち
寝返りが打てるようになってきた。
うしろを振り返る様はまだぎこちないが
外へ出られそうだ。
それでも。
私は当日朝に調子が崩れたり
行く途中で片頭痛の発作が出て引き返したり
という前歴はイヤほど持っている。
予約もお知らせもしないまま、当日。

・・・

マイブーム 第2弾

フリッタータ

ガスのお魚グリルで焼く。
卵をベースに、入れるものはその時々で。
よく作るのは、
粗挽きウインナー・ほうれんそう・トマト

e0014720_15505034.jpg

e0014720_1551218.jpg

[PR]

# by sararaM | 2016-09-30 15:52 | シャンソン | Comments(2)

おでかけと歌のリハビリ その2


その2、というほどのものでもないのだが(笑)

うちはニュータウンで、
最寄駅までは巡回バスという仕様になっている。
そこから乗り継いで大阪まで行く形になるので、
時間的にとても遠隔地になる。
奈良や神戸から電車1本で大阪に行く方がよほど早い。

せめて定期的に最寄駅前まで出て
声を出すといいかもしれない、と、
駅前のカルチャーのパンフをもらってきた。

e0014720_1454436.jpg

歌のお稽古を始めてそろそろ10年になろうかというのに
今でも声の出し方がよくわからない。
気持ちよく声が出ない。
いつもどこかで引っかかっているような感覚がある。
歌の前にボイトレが必要かなと考えたり。

いや、
みんなで歌うカルチャーでは
物足りなくなってしまうかもしれないという懸念があって
それなら、歌じゃなく、トレーニングと思える方がいいかもしれない・・
などと考えたわけだ。

半年を越えて、歌から完全に離れていたのに
声に関係する教室を探してしまうのは
自分のどこかにやっぱり
歌とのつながりが残っているのかもしれない
と、思ったりする。

ところが、
パンフをもらってきたそのすぐ後に
盛大に肩から背中の筋をちがえてしまったのだった。

カルチャーどころの話ではない。

はてさて私のリハビリはスタートできるのだろうか?

つづく・・かもしれない。

・・・

最近のマイブーム

いろんなものをたこ焼きプレートで丸く焼く!

・ハンバーグを丸くして焼く。

e0014720_1465549.jpg

e0014720_1473025.jpg


・ホットケーキを丸く焼く。

e0014720_148944.jpg

e0014720_1484867.jpg
[PR]

# by sararaM | 2016-09-30 01:50 | シャンソン | Comments(2)

お出かけと歌のリハビリ


とにかく、家からでなくなって、久しい。
ごくたまに、10日に1度くらい、
駅前へ食材の買い出しに出ることもあるのだが
秋モノを見るでもなく
食料の調達だけであるのに
めったやたらと、疲れる。
帰り道では、
自分の脚に乳酸がたまっているのを感じるくらい。
戻ったら、何もできなくなる。

歌については
昨夏以来、歌う会、などには一切参加できていない。
ピアニストさんとの練習だけは
何とか出かけていたが
それも2月以降、
ドタキャンするのが怖くてストップしている。

宿題やテストがないと勉強しない子供よろしく、
自宅での声出しや歌の練習も完全ストップ。
歌を忘れた・・・どころか、
自分の生活に最初から歌などなかったような日々。
私の歌はこのまま自然消滅か?!

まあ、もともと音楽には縁がなかった人生なので
なくなったからといって、どうこういうものでもない・・かな?
ただ、リタイヤしてからのご縁が
すべて歌からつながっているから
歌をなくすとそれらもみんな、消えていくかな?

歌は別にしても、
このままでは自分で出歩くことが完全にできなくなりそうで
さすがにこれではいけないと
外に出ることを考え始めたのだった。

つづく・・・つもりだけれど、不明・・
[PR]

# by sararaM | 2016-09-23 13:23 | シャンソン | Comments(2)

頭の重さ



頭は、実はかなり重い。
5キロ前後あるらしい。
そんなものを体のてっぺんに頂いて日々生活しているわけだ。

とても久しぶりに
肩から首、背中にかけての筋を違えた。
寝違いは首が中心と思われるが
私の場合は肩を中心に
そこから上下に伸びてくる。
寝て起きたら、でもない。
起きて活動していて、
あ、何だかマズい・・という感じ。

少し体を傾ければ痛みが走り、
顔だけで振り向くこともはちろんできない。
身体は全部つながっているというのが
実感として感じられる。
そして。
頭は重い。
ベッドに横になるにも
痛みが走る肩や首は
その重さを支えられない。
両手でスイカを持つように頭を挟み
手に力を入れて枕の上に、置く。
置かれた頭は自力では動かせない。
ほんの少し向きを変えるにも
手で持ち上げなくてはならない。
寝返りなんて打ちようもない。
何より、
仰向けに寝ても痛い。
横向きも痛い。
少しでもマシな状態を探して
そろそろと体位を変える。
そうして眠りにつく・・・が、
すぐに目が覚める。
きっと、寝返りを打とうとして、痛かったのだろう。

昔はよく、こんな状態になった。
カバンはどれほど軽くしても持てなくて
両手で胸の前に抱いた。
顔は上げられない。
粉薬を飲む角度はダメなのだ。
少し離れた薬缶は持てない。
日常の、実に様々な場面で
身体の不思議を感じる日々になる。
長いときは何か月もかかった。
ひどくなると頭痛がして気分が悪くなる。
まっすぐに立ってるつもりでも
鏡で見ると傾いている。
無意識に痛くない角度を保とうとしているのだ。
だからあちこちに弊害が出る。

またしばらく、
自分の頭の重さを感じながらの生活。
かなり不機嫌になっているので
愛想がなくなっているのはご容赦!

膝がダメであまり歩けなくても
体力がなくて外へ出られなくても
それなりに体が動くことは
どれほど素晴らしいかを実感する時間が続く。
[PR]

# by sararaM | 2016-09-07 22:50 | 日常 | Comments(2)